緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 母、生きてる  少し回復 | TOP | 母の倦怠感 こんな時に少林寺の先生・・「車に載せてくれ!」 >>

2020.03.25 Wednesday

東京オリンピック一年延期 当たり前の話である

 東京オリンピック 

 そんなの 今年なんか 出来っこない  子供でも解ることじゃないですか?

  日本は うまく IOCに 延期の判断を降させた

もはや 選手ファーストだなんて 言っている場合ではない

 このままでは、全世界が ぶっ壊れるのである (いや・・もうすでに・・)

 選手たちは この1年間・・ またゼロに戻して スタートする

  オリンピックに出るとき 選手たちは 骨折寸前 あるいは断裂、裂傷寸前 なのである

 競技が終わったと同時に 折れる! くらいまで練習した奴が勝つ

   だから まず 練習を辞めて まったく何もせず、骨や筋肉を治療する

  もちろん 筋肉は衰え・・ やせ細る

 そうして 何か月か休ませて、ひょろひょろになったところから

   つまり、ゼロから 折れる寸前まで また 練習する

  精神力、集中力も その一点に向けて集中していく

 血尿・・ といって、血の おしっこ をしていれば順調である というコーチも少なくない

  怪我をするまで練習したら おしまい

 怪我というのは事故の事ではない 疲労骨折であったり アキレスけん断裂であったり、肉離れであったり・・

   一生が パー   国の使い捨てである(笑)

 それでも、彼ら 彼女たちは 祖国のために 自分を傷つけ 痛みつけるのである

  実際、アスリートの多くは 寿命が短いという

 モスクワオリンピック や ロスアンゼルスオリンピック のように 国家間の くだらない いがみ会いで 参加できなかった世代の選手たちもいたし

   いい事なんか ひとつも無いような気もするんだが・・  そうでも 無いのかなぁ?

  えー この曲の名は 「折れた 可哀想なラケット・・」 何?  違う?w 何だっけ?

       


2020.04.09 Thursday

スポンサーサイト


23:18 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









▲top