緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 店名忘れたw 近所のラーメン屋の豚骨みそ味が旨かった | TOP | 土地の話の続き・・小樽市役所に行って頑張ってみた >>

2020.02.13 Thursday

例の売りたい小樽の土地・・現在 宙に浮いた状態

 話を昨年 11月に戻さなければならない

足の骨折により手術、入院という羽目に

 実は このとき、土地の宣伝のチラシを周辺の住宅の皆さんに配る予定だったのだが、ここから 大きく 予定が崩れた

この時ほど焦ったことはない

 何もできず、ベットの上で 過ごす毎日

僕は たまりかねて 地区を守る会 の会長に連絡を入れた

会長は 元不動産屋さんで 土地の売買に詳しい

 しかし、ここで 一つ困った 問題が発生した

その土地を売るなら 会長と繋がりのある 小樽の不動産屋さんに 任せた方が 動かしやすいと言うのだ

  当然と言えば 当然なのだが

 その時、不動産屋さんの 横山さん にお願いしていたので それを せずに 何とか買い手を紹介していただけないか? お願いしてみた

   すると、「その不動産屋さんを 断れない理由は何???」 みたいに だんだん口調が強くなって来て 怒り始めた

 怒る 怒らないなら どうだっていいのだが・・

  その時、自分は 身動きは取れず 焦っていたし

 横山さん の方に電話をかけても 誰からも問い合わせが無い という日々が続き、無料でもらってくれる人でもいれば・・  という状態が ずっと続いていて・・   本来なら チラシを ごっそり抱えて 近所の住民に営業しているはずだった自分は 激しく追い詰められていった

 仕方がない!!!     動けないのだから

   自分は、横山さんに事情を話し、会長の方へ 土地の売買をお願いするようにした

    横山さんは、すでに土地を宣伝していたところだったので 大変な ご迷惑を おかけしてしまった

 だが、自分は決断したのだ

  土地が売れた時には 改めて 横山さんに その分のお礼と お詫びをしに行こうと思っていた

   ところが、新しい不動産屋さんからの答えは悲惨だった

 以前の不動産屋さんが、美しい人で、その美貌をもってしても 売れないような状態であれば

 その土地は、売れそうにない   

 それどころか、無料にしても 売れないで残る可能性が高い

また、こちらに 任せるとしたら、僕自身が 余計な営業とかを 勝手にしては困る ということで、売れなくても ずぅ〜っと待ち続けなければならない  との事で

   なんだ? それは? って思って・・   

それだったら 不動産屋を変える必要は ぜんぜん無かったじゃないか? と思い   逆に愕然としてしまった

  入院から・・最悪の事態に陥ってしまった

 しかし、退院後、1月に 会長は直に 家に来て その問題について 話してくれた

そこで 足を治療している間、生活保護を受けれるか? 否か? の話もしたのだが、答えは NOだった・・

  まぁ・・それは 仕方がないとして・・   問題は土地の行方だ   その問題についても

 土地の事は あきらめろ    みんな そんな土地を持って生きてる・・   みたいなことで・・

   そんなこと言われても 自分としては あきらめるわけにはいかない!  というのが このときの結末である

 そんなワケで 現在この問題は 不動産屋さんも未定のまま 宙に浮いている

  ただ、地区を守る会 と対照的な 集団の方は・・   土地を何とかしてくれるようなんだけど・・

   なんとかする代わりに  っていうのが あるようなんで 話をしないようにしている

 横山さん の 看板も 足が不自由なのと 雪があるのとで回収しに行けない

  どちらにせよ 話が動き出すのも 雪解けからなのだろうが・・  自分は 雪が積もる前に この問題をクリアしたかったのだ

   実は この土地の話について、まだ 話の続きがあるので その話は また 後ほど

 

 


2020.07.07 Tuesday

スポンサーサイト


19:27 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









▲top