緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 何が正義で 何が不正義なのか?(笑) | TOP | 北海道 異常なほど雪がないが 明日、ドカ雪が降るか? >>

2020.01.18 Saturday

さそり座の赤い目アンタレス と火星が三日月の近くに見えるよ

意外と、自分の誕生星座を見たことのない人は多い   実は、僕もその一人だったりして・・(笑)

晴れていれば 夜、さそり座の赤く輝く目 アンタレスが 低い位置に見えるかもしれない

 三日月を探してください

1月17〜20日に三日月と その付近に火星 そして明け方の空の明るい星アンタレスが見えるはず

火星は今週明け方 南東の空で輝いています

午前4時30分頃に上昇し、明け方まで中程度の明るさの赤く見え続けます。

今週、火星は、さそり座の3つの白い爪星(スコーピオン)の左下(または天の東)に位置している

 南東が水平線近くまで見える場合では、火星のライバル、火星の明るい色合いの星アンタレスも見えるかもしれない

火星の右下に手のひらの幅一個分。   1月17〜18日の金曜日と土曜日の朝、火星は手のひらの幅に満たないくらいアンタレスの北(上?)にいるはず

        三日月周辺の星

さそり座の赤い目に位置するアンタレスは、今回、火星より明るく輝く

アンタレス(αScorpii)は、肉眼で簡単に認識できる赤い超巨星であり、夜空で15番目に明るい星です

さそり座の星座で最も明るい星で アンタレスという名の意味は「火星のような」、「火星のライバル」という意味だそうです

1月20日月曜日、明け方、月と火星は接近します。

夜明け前の南東の空では、火星の右上に4指幅未満(または天体の北西に4度)に位置する三日月が衰えています。

両方のオブジェクトが双眼鏡の視野に収まり、肉眼で見えるようになるようです

        


2020.02.24 Monday

スポンサーサイト


01:38 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









▲top