緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 最近 多い犯罪、自らが事故や過失の被害者になるよう巧妙に誘い過ちを起こさせる | TOP | そうだよね そういう事になるよね >>

2019.12.08 Sunday

世界が驚いた 真珠湾攻撃  今で言えば・・?

 日本の真珠湾攻撃には世界中が驚いた   今で言えば、他には何も使わず、ドローンのみの大群で 大戦果を挙げたような

世界の戦史を 変えるような そんな 衝撃的な作戦だった

  発明されて間もない 大した遠くまで飛べぬ 飛行機のみで 太平洋の ど真ん中を群れを成して襲って 相手を もう戦えない状態にまで貶め入れる

  それも 宣戦布告をする と同時に攻撃を開始する というものだ

 飛行機は、数種類あって ハワイに近づくと それぞれの 攻撃地点 爆撃、雷撃、艦船攻撃、飛行場攻撃 目標別のコースに分かれる

 それぞれの攻撃に応じ、高度や 速い遅い 侵入方向に合わせ 迂回したり 真っすぐ進んだりしながら  まったく同じ瞬間に目標地点にたどり着くように計画されていた

また 日本を出る前に 何度も何度も そのための訓練を重ね 微修正をし、寸分の狂いもないように 叩き込まれていた

  飛行機だけの攻撃と いうだけでも エライ事なのに  空母の大群で危険を冒して そっと近づいて、しかも そんな 綿密なことを考える者など それまで地球上の何処にも いなかった

        真珠湾

  真珠湾は 水深が 11mと浅く 魚雷攻撃は不可能だったが それでも それに合わせ 攻撃できるよう魚雷に工夫を凝らし、また、水面に そっと置くような落とし方が出来るまで パイロットたちは血の滲むような猛練習をさせられていた

この時期の日本の飛行機のパイロットは サーカスの飛行機乗り以上の凄腕ばかりで 成績も優秀な人達ばかりだった

 そうした搭乗員たちが、真珠湾攻撃に向けて猛訓練をさらに重ね この日、飛行機に乗り込んだ

  皆、自信に満ち溢れ 肝の座った眼光を放っていた

 悪い意味でも、よい意味でも 彼らは今の・・現代の 日本人とは 似ても似つかぬ教育を受け まったく別の精神を持った 人達だったといえる

          艦爆機の心得と覚悟 

   かくして、世界で初めて 飛行機のみでの空中集合   飛行機のみでの大攻撃が はじまった

      

 その 結果は・・?  皆さん それぞれが 判断してください

 

  

   

 

 


2020.01.18 Saturday

スポンサーサイト


23:35 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top