緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< とりあえず年金と健康保険 よしっ! | TOP | 眼の治療終了 視野の中に黒い点が見えて邪魔なんだが >>

2019.07.04 Thursday

あなたは どう? 有益ならば危険な友達とも 付き合いますか?

 今、日本 と 韓国の 関係が 冷え込み 貿易にも影響している

しかし、一方で 日本人と韓国人が、個人で会って話してみると むしろ 考え方の違いすら 面白く 楽しい時間を過ごすことも出来る

 友達と言っても、プライベートでできる友達と、学校や ビジネスでの取引先、または 職場でできる友人とでは、ケースが違うし

一国の首脳 同士ともなると一見、友好的に見える水面下で 権利の主張と妥協、壮絶な意見の交換や 駆け引き が繰り広げられているのだろう

 それは、私たち、個人個人についても 多少は同じことが言えて

 時には、あるグループから圧力、プレッシャーをかけられて 仲間に引き込まれたり、または、反対に 甘い誘惑で引きつけて、裏切らせたり

或いは、そういった 人と人との汚い繋がりや 踏みつけ にされることが嫌で、人付き合いから 自らを鎖国して 引きこもる者と そのスタンスは 様々である

 わたしが最初に就職した会社の上司が 親父さんに教えられたことがあって、それは、「友達を作るときは、自分より年上の人を選びなさい。 その方が 得られることが多いし、自分を成長させるから・・」というものだったらしい

 そういった事も含めて 高い意識を持っていたためか?   彼は 出世した

 同期の友達には気を許さなかったが、部下には 畏怖され、敬遠されながらも信頼され、責任のある地位で 自分にプレッシャーをかけながら どんどん世界を広げていった

 確かに付き合う人を選ぶことは、その人の成長に 大きく影響する事なのかもしれない

  戦国武将の 織田信長は、才覚さえあれば どんな身分の者でも採用し 、磨き、適材適所に配置し活躍させていった

 商業を発展させるために 関所を廃止し 近隣する敵との 感情論や政治などから 商い を分離させ 豊かな国づくりも実現させた

三国志 で お馴染みの 曹操孟徳(そうそう もうとく)などは 、才能によっては罪人や 極悪人ですら 取り立てたというのだから 器が大きい

 それだからこそ 乱世の姦雄 などという 悪名を叩かれるように なってしまったのだろうが・・(笑)

 私たちの 現実的な身の回りでも、そこまでではないにせよ、昼メロに出てくるような お舅さん や お姑さん、ご近所の人たち、会社の同僚、クラスメート、サークルやジムなどでの仲間内 などで、嫌煙しあう溝や派閥が出来ながらも

 この人は ヤバイ人だけど、イザとなったら 頼り甲斐になる人だから・・・ なんていう事情で、繋がってる仲間も いるのかもしれない

 なぜ そんな事を考えるか? というと、自分には これまで そういう関係の人っていうのが いなかったからなのだ・・

自分には いい友達・・よい 親類   頼りになる恩師しか これまでにいなかったし

  そんな事、考える機会も 無かったのだが・・

 しかし、最近になって・・  世の中の汚さ   善悪の 入り混じった どろどろにカオス化された社会

  ひがみ や劣等感 を、自分を向上させる為に使用させず、どんどん 歪ませて 駄目になる方へ 脅して使わせてゆく 最悪のシステム

 そうした事は、お金を 吸い上げる上で 暗黙のうちに発達してきた手腕なのだけど

そうした 悪しき 巨大な者達と対立する・・ それか・・ ある程度 調和出来うる 力って何だろう?    そう考えるようになったのだ

  その結果 悪 を超える悪   憎しみを超えた純粋なサディズム  医学を超えた合理的な(最小限の犠牲を出す)人体実験 

神童を超える サイコパス(我ながら何、言ってるんだろう?(笑))  そうした、これまで 考えも及ばなかったような ブラックな力 が これからの自分に必要なのかな? と考えるようになってきた?   というか・・なってきてしまったのだが・・・

  どうだろう?   あなたは、有用とあれば 凶悪犯人とでも 友達になるだろうか?

 それとも 悪人は悪人!  断じて反社会的な者を 相容れることが 無い! と言いきる人なのだろうか?

        

 

 


2020.02.24 Monday

スポンサーサイト


21:49 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top