緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< たとえ、溝(ドブの中)でも前のめり | TOP | 札幌市 スプレー缶、業務用は 穴あけ義務あり! やったが、生きた心地しなかった・・ >>

2018.12.16 Sunday

モーニング娘。’18 飯窪春菜 涙の卒業式

 女の子は、集団生活の中で グループを作り 行動することが多い

 飯窪春菜(いいくぼ はるな )・・・ この子が もし、1900年代 初頭の グリーン・ゲイブルズ で展開される あの世界の中に存在したならば、

 間違いなく、アン・シャーリー  や ダイアナ・バリー の グループ にいただろう。

  それ程 素晴らしい感性の 持ち主である

              飯窪春菜2018 

 新生モーニング娘。の中では 最年長で ありながら 期が下 ということで、サブリーダーの役割に徹し通したが、さんま さん の ヤンタン土曜日 の レギュラー パーソナリティー を務めるなど、その活躍ぶり は 筆舌に尽くしがたいものがあった。

 飯窪がいてくれて 心強かった! 

  V字回復 の 準備段階で 新戦力として、9期、10期 メンバー が入って来た時、ファンは どれほど 希望を 与えられた事か・・

        

 「人々は・・ 一度・・・  力を失い

   絶望した時でも リニューアル して、再び立ち上がることが出来るのだ!」

 若い力!  新しい力! 使命感に満ち溢れ、必死で成長する力! 新生モーニング娘。 からは、そんな 素晴らしい 希望を与えてもらったよ

   これは、 20歳の 誕生日、飯窪の ママから 贈られた 手紙

        

 立派な アイドルだった     飯窪なし では、モーニング娘。 は、ここまで 来れなかっただろう・・

 本当は 今年、グループを 紅白にまで 持ち上げて・・  OGとなった 飯窪に その姿を 見せてやりたかった・・

  しかし、結果はどうあれ  本人の言う通り

  一片の悔いも あるはずがない

 飯窪は・・   いや、飯窪たちは 200% 以上の力を 出し切って来たのだから・・

  これから の人生で、飯窪 には 良くも 悪くも 「元モーニング娘。の」だとか、「元モー娘。」 という 肩書きが付いて回る事だろう。

  それを ハンディーキャップ として苦心するのか?  それとも、輝かしい エンブレム として 誇らしげに背負っていくか?

 それは、本人の 自由なのだ

  自由と言う言葉には、厳しい意味も 含まれている

 日本のアイドル史・・キャンディーズ や ピンクレディー、 松田聖子 さんや 中森明菜さん を はじめとする 80年代 スーパーアイドル、 90年代の アイドル不在時代、おニャン子クラブ を経て、

  そして、モーニング娘。!!

 AKB48 を はじめとする アキバ系アイドルの群雄たち

  その歴史の中で、飯窪は 「元モーニング娘。の飯窪春菜」 として 今後は、自身の可能性を 追及してみてほしい

 「10期」・・ 4人とも 素晴らしい メンバーだ

 飯窪が 尊敬する先輩、さゆ(道重さゆみ) が 卒業前、飯窪たちに見せたかった景色

  場内を 自分色に 染めた サイリューム。   

 このハニー色の光、ひとつひとつが、飯窪に贈る ひとり一人の 心なのだ!

  卒業 おめでとう!   そして ありがとう 飯窪・・  

        


2019.01.15 Tuesday

スポンサーサイト


21:04 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/4402

トラックバック

▲top