緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 潰瘍性大腸炎 レクタブル あと 2週間だけ 延長! 時間稼ぎ 成る | TOP | 新型iPhone 発表! 噂どうりの 6、5インチモデルも登場! >>

2018.09.11 Tuesday

元 モーニング娘。4代目リーダー 吉澤ひとみ の 飲酒運転 信号無視 ひき逃げ事件 について

 北海道は、被災していたので 遅れてしまいましたが、心の痛む 残念な 報告をしなければなりません。

元 モーニング娘。の 4代目リーダー を 務めた 吉澤ひとみ(33)が6日、都内で酒気帯び運転をしてひき逃げし、2人に軽傷を負わせ逮捕された事件について・・・言及 させていただきます。

 吉澤さんの 起こしてしまった 交通事故について 全くと言っていい程、弁護できることは なく・・

被害者の方 お二人 への 申し訳なさ と、騒ぎを起こし ご迷惑をおかけした 全国の皆さんへの 謝罪したい 気持ちで いっぱいです。

 吉澤さん が この度の出来事を、心から反省するとともに 法的な 罰則など・・ 社会的な責任を果たして 今後の人生を送ってくれる事 を 強く 願っています。   そして 更正してほしい と 強く思っています。

  今日は ですね・・  この事件に関して モーニング娘。 の いちファン である僕が、どのように思って 受け止めて いるのか? を 書き留めたいと思います。

  まず、一言でいって とても残念でなりません。

 吉澤さんには 2歳 の 小さい お子さん もいて・・  ママが 急にいなくなるわけですから、その事を思うと 胸が痛みます。

  軽はずみと言うのではなく 無責任な行いだったと 言わざるを得ません・・

  また、タイミングが最悪っていうか・・?

 人気低迷期以来、 何年も かけて 世代を超えて バトンリレー で モー娘。メンバー と ファン が 挽回して 復興してきて・・

 20周年 を迎えた 今年、ついに 力を爆発させて ここから 羽ばたこう って時に こういう事になってしまって

  これまで、ハロプロコンサート の 司会とかも やって 子供たちを 引っ張って来てくれた 先輩だっただけに その動揺も 大きく

 せっかく、テレビ出演も 多くなってきた モーニング娘。 への 仕事も

    おそらくは・・  激減するのかな・・  という・・  やるせなさ もあります・・

 現在、身を削る思いで 頑張っている 現役メンバー が可哀相で・・  

 飯窪 は、卒業が 台無しになってしまうし・・  研修生の間にも 波紋が広がっています。

  練習して 練習して・・ アイドルにしては珍しく 口パク 一切なし の 本当に歌う 生歌のみで、ダンスも キレッキレになるまで 磨いて 見事な フォーメションダンス を編み出して ここまで来た モーニング娘。が

   その 何年もに渡る努力の末 20周年を迎えて 再び輝き を 取り戻し始めた モーニング娘。が

  この たった一つの事件のために すべてが崩れ去り  無駄になってしまうのか? と思うと 悔しくって 悔しくって・・(涙)

        

 吉澤さん その人は、すべてが すべて 悪い人ではないし、むしろ 吉澤さんの 後輩である 6期メンバー 道重さゆみ や 田中れいな の ファン である 僕なんかは、後輩思いの 優しい先輩という イメージが いっぱいあって・・

 例えば れいな が、モーニング娘。に 入った頃、いろいろ 辛くて、隠れて 落ち込んでいた時に・・  吉澤さん が そこを 見つけて、「どうしたの・・???  何があったよね??」 って親身になって 聞いてくれたことがあって・・

 女の子同士 の職場で コレって 凄く 大切な事で、   女の子は なかなか 自分から話せないから、何も言わなくても 先輩が 異変を察知してくれて 優しく声をかけてくれる って事が とても大切なんですね。

 吉澤さん には そういうところが いっぱいあって・・

  そう・・ 吉澤さん は、6期 みたいな 問題児の方が 大好きで 優しくしてくれたし

 また、現役時代は 女性なんだけど 男気のあるリーダーで・・   例えば ある時に、5期メンバー と 6期メンバーの仲のいい 二人が ライブ前に 喧嘩したらしく お互い 口を利かなくなってしまったことがあったんですよ。

 チームワーク を要する モーニング娘。 の パフォーマンス では、そういうのっていうのが 一番 影響するんですが・・   この時も 誰が 何も 言ったワケでもないのに 二人の 異変に気付いた 吉澤さんが、ライブが始まる前

 メンバー全員の前に その二人を出させて・・  すっごい怖い顔をして、仕事に影響するから 「お互い何があったのか (全員の前で) 話せ!」 って言って・・  強制的に 吐き出させたんですよ。   勿論、二人は そこで 言い合い になったんですが・・

  全部 ゲロさせてから・・ 無理っやり 和解させて  最後には お互い わんわん 泣きながらも 握手させて・・ スッキリさせてから ステージにあげたんですよ・・

 勿論、その日の モーニング娘。 の ライブ は、いつにも増して 素晴らしい パフォーマンスとなりました。

 そういった 魅力的なところも あったんですね・・

   でも・・ やっぱり その反面・・ お酒に酔うと 人が変わったみたいに なってしまう一面もあったらしく

 今回の このような事態に 陥ってしまったようです。

  同じ時代に 活躍していた 他のメンバー は、どう考えているのかと言うと・・

 吉澤さんの事を リーダーとして慕っていた5期メンバー の まこっつぁん(小川麻琴) は「本当にショックで、苦しくて、つらくて、悲しくて怒りの気持ちも込み上げる。  まずは何よりも事故にあわれた方が、大事に至らなくて本当に良かった…」 と、早い時期にコメントしていて

  慕っていることは 今も 変わりはないんだけど、正直な気持ちとして

  「吉澤さんの バカーーーーーっ!!  なんでっ・・・??」っていう気持ちだったのではないでしょうか??

 いろいろ ヤンチャ しちゃって この前、やっと ハロコンに復帰を果たした 吉澤さんと同じ 4期メンバーの 加護ちゃん(加護亜依) は、自分と同じように 「どん底から 這いあがって!!!」と 一度はエールを贈ったものの・・ やむを得ず すぐに コメントを消さざるを得なくなってしまったみたいです。

  初代 リーダーの 中澤さんは、自らのブログの中で

 「ファンの皆様へ      いつもモーニング娘。・ハロー!プロジェクトを応援してくださっている皆様、 この度は 皆様の想いを 傷付けてしまう事になってしまい 本当にごめんなさい。

20周年という節目を 現役で頑張ってくれている 沢山の後輩達の足を引っ張る様な事が起きてしまい申し訳ない気持ちです。

情けないです。    これまで 皆んなで繋いできた道のりを考えると 悔しいです。

 悲しいです。     本当に本当にごめんなさい。   中澤裕子」 

  と、綴っている。

 また、モーニング娘。の メンバーが レギュラーパーソナリティー を務める さんま さん の ラジオ番組 「ヤングタウン土曜日」でも さんま さん が どうにかしてあげたいけど、フォローしてあげられない・・と・・ 困っていました。

        

  う〜ん・・・

   モーニング娘。の ファン の皆さん・・ 是非、お願いしたいのは 最前線で戦っている 今の モーニング娘。の 子達を 支えてあげてほしいのです。

  やはり、この動画の中で さんま さんの言うように 笑いのある中でも 苦しいのが 辛いのが 人生なんだと思うんですよ!! 

 皆さんの人生だって そうじゃないですか?

  今が 良くても 苦しい時期、悲しい時期 も 一人の人生の中で これから先も 訪れるんですよ

 今回の事も、モーニング娘。 を 一つの 人格として考えるなら  その人生の 中の 苦しい時、乗り越えなければならない 苦難なんですよ。

  僕は、いままで 苦しい時、辛い時、モーニング娘。 に 力をもらって来ました

 皆さんも どうか こういう 辛い時だからこそ モーニング娘。を 支えてあげて いただけないでしょうか・・??

  災害・・  不幸・・  絶望・・

   困った時は、全員で 援けあおうじゃないですか???    いかが でしょうか???

 努力は 役に立たないかもしれない・・    頑張った者が 逆に 馬鹿を見るのかもしれない

  思いっきり うまく行かない モーニング娘。・・ でも・・

  モーニング娘。には 今までだって いっぱいの 悔しさ、そして 涙 が ありました・・

 けれども ファンと 全員で その痛みを 分散しあって・・ ここまで やっとの思いで やって来たんです

  今日・・ラストの曲は・・  『涙ッチ』  

        

                                


2018.11.18 Sunday

スポンサーサイト


21:28 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/4273

トラックバック

▲top