緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< サッカー の歌 Ole ole ole ole の 日本語曲 と ダンス が 可愛くて ダサかっこいい! (笑) | TOP | ご家族の健康を 西野神社に祈願 >>

2018.06.26 Tuesday

宮本武蔵 の 「枕をおさえるという事」 、達人に なるには どうすれば よいのか?

 武道の達人になるには、どうすれば よいのでしょうか? 

  答え! いますぐ、武術本やサイト を 閉じて ちゃんとした先生の元に赴き 練習する事です!   

   でも、今、少しでも 時間のある 方がいらっしゃいましたら、しばらくの間、この記事にお付き合いください。(笑)

   うわ〜〜 このサイト 閉じないで〜っ! ( ノД`)シクシク… できるだけ 誰にでも 解りやすいように 説明するからさ〜っ!!(泣)

 さて、気を取り直して、宮本武蔵 の 『五輪書』の 「火の巻」の中に「枕をおさえるという事」という章があって、これが、武道のみならず、すべての 事において 役に立つ 心構えだと思うので、お伝えできたらな・・ と思います。

 これは、簡単に言えば、「相手の出鼻を挫くこと」 です。

  相手の「打つ」というその「う」の字の頭をおさえて、その後をさせないこと!

  解りやすい 動画を貼ります。  これは、西部の ガンマン が テスト をしているシーンなんですが

  肩幅に足を開いて立たせ、両手を広げ、出来る限り速く 手を叩かせます。  速く!  もっと 速く!   

       

  「あの人は、若くて負けず嫌いだよ・・」 

  「西部の墓場は、その 若くて負けず嫌いな 若者たちで 埋め尽くされているんだ」  と言う・・ 若者を 銃の撃ちあいに 連れて行きたくない ユル・ブリンナー なのだが・・・

  タイミング としては、まさに この 出鼻を挫くタイミング で・・ 

 例えば、武道では、相手が ぶつかろうとする点より もっと前で こちらから 進んで ぶつかってやる!

  「せーの!」 の 「せ…」 のところで こちらから 衝突するんですが、そうすると、一方的に 相手だけが 強い衝撃を 受ける事になります。

  では、ここで、最後の達人と称賛される 塩田剛三(しおだ ごうぞう)の 演武をご覧ください 

        

  なんだか、笑点 を見てるみたいなんですが・・(笑)

 これを見てわかるように 何回も 早いタイミングで 打つと 読まれちゃうんで、たまに、かわして 意表を突いたタイミングで 打つとか・・   逆に ちょっと 遅らせた タイミングで 打つ っていうのもあるんですが、これらは、すべて、心の中では 先を読んでないと できない事なんですね。

  「達人だから、こんな タイミング で 出来るんだ!」 っていう人も 多いかもしれないんですけれども、スポーツの世界でも 結構 使われることが 多いんですよ。

 例えば、ラグビー には、ハンドオフ だとか バンプ という技術 があるんですが、これらの多くは、衝突のタイミング を ずらす 事によって、自らは ダメージを一切 受けず、相手を 一方的に 突き飛ばす テクニック です。

  具体的には、身体に衝突する前に 手を出して 「せーの!」 の 「せ…」 の部分で 相手を突き飛ばす!

 横や 斜めから 相手が突っ込んできた時は、急激に 相手の方向に 向き直って、やはり、予定より早く こちらから ぶつかる!

 或いは、前から ぶつかって来る時、急激に 速さを遅くして、今度は 逆に 相手の予想より 遅く・・「せ〜の…… アレッ??」 の タイミングで ぶつかってやる。

  これらは、すべて、相手の動きの 先読みをして 衝突を わざと ずらして 自分を守る 技術なのです。

        

  さて、ここで、また 一番初めに 話した問題になりますが、彼ら ラグビー の選手たちは、塩田剛三 のような 達人ではないのに、なぜ、同じような事が 出来るのでしょうか?

  相手は、鍛えに鍛えられた、水牛のような 大男たちなのに、選手たちは 絶妙なタイミングで「枕を抑え」つぎつぎに 突き飛ばしてゆきます。

  なかには、無重力状態に陥ったように 宙を舞ってしまう相手選手もいるくらいです。

  なぜ、出来るのでしょうか??

   答えは 簡単です、彼らは 我々の想像を絶するような 苦しくて 困難な 練習を やり遂げたからなのです。

  何度も大怪我をして・・  何度も 悔し涙を流し・・   痛い・・ 苦しい思いをして

   最近、思い知らされるんですが、小さいころから 苦しんで 苦しんで 練習して 続けてきた人たちには、自分は 敵わないって事です!

  ここまで、言えば、もう お解りになって いただけると思うんですけど、練習が すべてなんです。

   誰もが嫌がる 苦しさ、痛み、絶望・・   皆んな、隠していますが、彼らは それに耐え抜いた 現代の達人たち だったのです。

        

  とはいえ、僕もそうなんですが、社会人になってから 武道を楽しむ人々は、秘伝とかを研究して、パフォーマンス を見せ合ったりして  楽しんでいる事と思います。    それは それで いいのです。

  社会人の 皆さんは、若いころに 会社で 怒られて鍛えられたり、

  無職の人達も なお一層、御苦労されてきていると 思いますので(笑) (嫌味じゃないですよww)

    我々は 楽しく、武道を 練習しましょう。   それが 一番です。

 紀元二千六百年奉祝天覧武道大会での一幕

 


2018.09.18 Tuesday

スポンサーサイト


23:31 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/4182

トラックバック

▲top