緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 市役所で 町名変更証明 を もらってくる | TOP | 即席レシピ!  天丼 編 >>

2018.04.15 Sunday

潰瘍性大腸炎 今の状況

 iPhoneより記録

潰瘍性大腸炎 で 苦しんでいるが 以前、使っていた ペンタサ という 座薬が 今回の場合  ワリと 効いている。

  しかも これは 朝 使用した方が 良い感じがする。

 腸内には 便意を感じる センサーの働きをする部分があって そこが炎症を 起こすために 間違った 便意が 起こるのである。

   それで 行くと ちょっぴり しか出ない…(笑)

ところが 本当に出るときもあるから 大変である!

 まるで バッターに バントの 構えをされた ピッチャーのように 投げては走り、投げては走り…  気持ちの休まる暇が無い。

   ところが ペンタサ を 使うと その 便意を催す センサー の 場所の 炎症を 止めてくれるので それが防げるのではないか  と 思う。

  潰瘍性大腸炎は 良くなったり 悪くなったり を 繰り返すから この薬で 暫く凌げれば そのうちに 安定した状態に 戻るのではないか? という期待を 今はしている。

 これが 効かないとなると  リスクの高い 新薬………

   強い ステロイドの 注腸液 を 使う可能性がある。

 ステロイド は  副作用が 物凄く できる事なら 使いたくないのだが…

  ただし僕は 国を代表する 特定疾患  の 治療費の援助を受ける 実験台。

  生体実験 を 受け  副作用や 危険を 命懸けで 試す義務がある。

  ステロイドで 肌が焼け ケロイドになって 身体中に痒みが走り 掻きむしろうとも…

  髪の毛が 一本残らず抜け スキンヘッドになろうとも

 ムーンフェイス で顔が 膨れ上がろうとも それを受け 実験され 場合によっては 失敗して 死ななければならないのである。

 後から この病気にかかる 人達のため

   この身体を モルモット として 差し出さなければならないのだ……

  そこまで ひどくは ないか? (笑)

  ああ ………   しかし、何という………嫌な時間が始まるのだろうか……?

 

 

 


2018.07.20 Friday

スポンサーサイト


03:08 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/4093

トラックバック

▲top