緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< お腹を抱えて 笑える 替え歌 | TOP | スティーブン・ホーキング博士 アインシュタイン の 誕生日に死去 >>

2018.03.13 Tuesday

合気道 etc ・・・・イザ となったら、レスリングみたいに 力ずく で投げれる ってことも忘れずに!

 大東流 や 合気道、八光流・・  少林寺拳法・・ 現在修行中で、技が まだ 未完成な場合・・

  それでも、護身術に 使える方法が あると思います。   

 もしも 有事の際・・  途中で止まって 技がかからなかった場合・・  あるいは、技が 流れてしまった場合・・

   レスリング か、柔道か プロレスみたいに 足を引っかけたり  無理やり殴りつけたり 体当りして 体を浴びせるなどして、暴漢を組み伏せる!

 その為に・・  まだ、完全に使えないうちは 筋トレなどして 身体を鍛えて 力強くしておく 人達が います。

   特に 海外で、合気道を やってる人には、そういう人も 多いようです。

  合気 なんか 使えなくても 力で 乱暴に振り回せば、技は かかるって事です。

   それでも 失敗したらですね・・  柔道の 大外刈りみたいに 脚を ひっかけて・・片足で ケンケン して ついていって しつこく 根性で 倒すのです。

  また、それでも 駄目なら 平手で、鼻っ柱 を ビタ〜〜ンッ!! って 叩き倒しても いいんです。

 途中から、プロレスの ボディースラムに 変えても構いません!!

   腰で 投げても いいんです。

   「力ずく」 っていうのも 有効な 最終手段だ・・ っていう事も 忘れないようにしていきたい と思います。

        

  こうしてみると、海外の合気道 って、激しいですよね。

 阿部正 (あべただし) さん とか・・  海外に 最初に 合気道を広めた人たちは、相当、荒っぽく指導したみたいですね・・

 海外に限らずとも ですね、武田惣角 (たけだそうかく) さん、 植芝盛平 (うえしばもりへい) さん の時代とか 合気道創成期の頃とかも・・  ホントに 壮絶な あら稽古 だったんだそうです。

  特に 植芝盛平 さん なんかは、北海道の 開拓者で 当時は、ブルトーザー も ダンプカー もなく、馬と人力だけで 木を切って 切り株 を 引き抜き・・  土に びっしり埋まった ゴロゴロした 巨大な岩石を とりのぞき・・ わきに 積み上げ 畑も 人馬のみで 作って行ったワケで・・・

  人馬ったって、馬に引かせて 人間は どでかい スキを 抑えて掘り起こすわけであって・・

  合気道の 知ってる先生と 話したことがあるんですけど、当時の 北海道開拓民 の 筋肉って、今の プロ野球選手とか アスリートが 付けるような マシントレーニング で 付けたような 科学的な 効率のいい筋肉と ぜんぜん 違うって いうんですよ・・

  昔の 農家の お爺ちゃん、お婆ちゃん って、手の平の上に 真っ赤に光って燃えてる キセル・・ つまり タバコの火を を落として、コロコロ って 転がして 遊んで見せてくれたらしいんですが・・・

 プロ野球の 強打者って・・  掌の上に タバコの火 落しても 火傷しないくらい、手の皮 って 厚いでしょうか?

  まぁ 出来るのかもしれないですけれどもね・・・

 植芝盛平 さん を はじめとする 当時の開拓者たちは、体格は そんなになくとも 今の 医学だとか 常識を 覆すくらい 身体の力が 強く 鍛えられていたようです。

   しかし、大東流系の 武道をやるにあたって、必ずしも 力が強い っていうのは、いい事では、無いようです。

        

 合気道は、力を入れる 屈筋じゃなくて 脱力した時に 無意識に使っている 伸筋の方を 多用する武道なんで、あまり、筋トレとかを するのは よくない っていう方もいるんですよ。

 植芝盛平さん も、合気 を 会得するまで 意外と苦労したみたいなんですよ。

  僕、昔は 植芝盛平 さん の事を ずっと 武道家として エリートの道 直行! みたいな人 って、思っていたんですが・・なかなか それが、上手く行かなかったようで・・

  その話を聞いてから ますます 植芝盛平 さん に 好感を持てるように なったんです (笑)

 身近に感じるようになって・・

  で・・  最後の方は 皆さん ご存知の通り 真の達人になっていくワケなんですけれども・・

 とにかく、今日の この話・・  イザとなったら 力ずくで 技を掛けちゃおう! っていうのは、うまく、出来ないうちの話であって・・

   10年とか そのくらいは・・ 身体を鍛えて 腕力 を 使っててもいいんですが・・

  その間も、力まない 本来の 技術を磨く練習を ちゃんと していった方が いいと思います。

  その方が 歳をとってからも 使えるみたいだし。

   有事の際の あくまでも ひとつの 方法 として・・ですね   力ずくっていう手もあるゾ! と・・・

 今回は、このくらいに しておきます


2018.09.18 Tuesday

スポンサーサイト


23:59 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/4056

トラックバック

▲top