緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 波乱万丈 愛は勝つ!  いや・・勝ってしまった(笑) 自分じゃないよ | TOP | 日本ハム斎藤佑樹623日ぶりの勝利  >>

2017.05.29 Monday

和洋折衷 の フワワーアート

 欧米人と 日本人が、結婚して 生まれる子は ハーフの子に なるワケなんだけど・・  この子が、どちらの国で、生活し 育つか?

また、お父さんの国、お母さんの国 の文化や 考え方の違いを どう受け取るか?

 大人になる間に 様々な葛藤が あると、思うんだけれど・・・

  その子が、もし、大きくなって、作品を創作する アーティストになった時、そうして育ってゆくうちに見て来た 色であるとか、思想から発展した 空間の活かし方 といった蓄積が、必ず、そこには、反映されているんじゃないかと 思います。

        

 まず、この動画を見て・・  ブーケの シュトラウス の細さ!!!!!!   

   そこに目が行きます

  これだけの 本数を入れていて すごい細さだな って思いますね。

 スパイラル が、それだけ、しっかりしてるんですね。

  これ!  真ん中が 1番で・・ らせん状に 2、3、4、5・・・  100番・・200番・・300番って ぐるぐる 順番に入れていくんですね。

  それで、この色の この花は、ここの位置に来る!!  って、はじめから、決めて 1mm の狂いもなく そこに入れるんですよ。

 だから、100個作ったら、100個とも 定規で計ったように まったく、同じものが出来るのが ホンモノ なんですね・・

  つまり、テーブルの上に 花を並べて、スケッチブックに 色付きで デッサン を書いて

    創り終わってみると まったく、寸分狂わぬものが 出来るって事です。

 言っときますが、今の僕にはできませんよ。(笑)

  そんなに花の本数 使う仕事が 入らないんで・・・

 でも、そういう花を 常に 仕事で、毎日、たくさん作れる 環境にいれば、僕でも・・そして、皆さん も 誰でも 出来るようになります!

  ・・・で、そこまで行けば

  花を選んで、色のコーディネイトが出来ますから・・  皆さんが 今まで、経験して磨いてきた 色彩感覚を発揮できるわけです。

  その時は、みんな綺麗に 創れると思いますよ・・

 勿論、突出して 才能のある方は、その中にも いるとは 思いますけど・・

 

 


2018.11.18 Sunday

スポンサーサイト


23:48 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/3762

トラックバック

▲top