緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 母の日 とにかく今日を乗り切ります | TOP | 日本で 一番 兄弟思い の歌 (笑)!!!!!  >>

2017.05.14 Sunday

花屋が母の日に こんな事 書くのも何だが・・ ランボー は、どうして路上生活者になったのか?

 おかげさまで、何とか 母の日 当日を のり切ることが出来た。   いや・・ 正確には、明日もまだ、仕事があるんだけど・・

こんな時に、こんな話でも、無いんだけど 友人が今、大変なことになっていて

 その様子を 見ていると シルベスター・スタローンの ランボー にも 少し 似た感じなのである。

  ランボー・・・ジョン・ランボー は、アメリカ人で、国から 徴兵されて ベトナム戦争に行って、特殊部隊に入り 立派に活躍 して 帰って来た 英雄だった。

 ところが、そんな ヒーローが、戦争を終え、平和な国に 帰って来ると 路上生活者の ホームレスになり・・ 行く先々、何処の町でも いさかい が起き、警察 や 多くの人達を敵に回し 銃撃戦を始めてしまうワケである。

 アメリカでは、当時、こうした ベトナム帰還兵が たくさん事件を 起こしていた。

  では、どうして 事件を起こしてしまうのか????  どうして、家に住まず 道路で路上生活をして あちこちでトラブル を起こすのだろうか・・?

  なぜ、道路を歩き、 道で 生活し、 道で眠るのか・・?

    その理由とは・・   実に 意外なことだったのだ・・

         

 戦争で、連れていかれて、人の殺し方! 飛行機や ヘリコプター、戦車の操縦、  ありとあらゆる武器の 使い方、

  そうした 戦争で戦う事の エキスパートであり 専門家。

  戦場で 経験した 精神障害をきたす、数々の 衝撃・・・

 がんばって 生きて伸びて 無事、国に帰ってみると、無理やり戦争に連れていかれたのに・・  

 「人殺し!」」  「殺人鬼!」   「冷血動物!」   「戦争の豚!」  と蔑まれ、何処にも 就職できない。

 どの街でも 街中で イジメにかかり

   自分の 居場所は 道路しかない   

   だが、覚えておくがいい!

  可哀相に・・  こんな 化け物、いや、妖怪を作り上げてしまったのは この国の国民なのだ!

   下の動画は、ランボー が、生活に使う 道具・・  日常品を 紹介したものです

         

 精神を壊すという事は すっごく苦しいものである。

  しかし、自分を 覚醒させるものでも あるのかもしれない・・   しれないが・・ そんな 生易しい苦しさではないのだ。

 


2017.11.23 Thursday

スポンサーサイト


23:40 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://north-forest.jugem.jp/trackback/3748

トラックバック

▲top