緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< メインパソコンほぼ復旧 | TOP | retrieverパソコンエンジニアになるの巻 >>

2008.01.26 Saturday

フラワーアートの歴史 たんぽぽ博士著

 私達人類は、いつころからフラワーデザインの歴史を歩む事になったのでしょう。
西欧文明の歴史を古代エジプト文明にたどるとするなら、その頃はすでに人々は花の美に目覚めていたといえるでしょう。
当時のエジプト人達は蓮を聖なる花として崇めていました。
その為、数々の壁画や工芸品にそのモチーフが描かれているのを 私達は今日でも目にする事ができます。

 それらのデザインの中には、他の植物と組み合わせた図案などもあり、そこからは意図的なハーモニーを求めたアレンジメントの夜明けをうかがい知る事ができます。
また、別れに関する植物の贈りもの・・・現代でいうギフトの習慣があった事が知られています。
この別れの時、きんぽうげの花でつくった花冠を贈る事により追憶を願うという美しい伝統は、その後ギリシアにおいて、有名なローリエの冠として英雄の頭を飾る事となっていきます。

 ギリシア人達は花に美の装飾性を求めるだけではなく、香りの高い緑葉を重視しました。
タイム、セージ、ローリエ・・・中でも特にオリーブは、聖なる植物として儀式には不可欠であった事がよく知られています。

 古代ギリシアにはいくつかのポリス(都市国家)が存在しましたが、当時アテネには「グリーセル」と人々から呼ばれる花売りが存在し、祭りの日などに高価で花を商っていたようです。
また、この時代ギリシアと関わりのあったポンペイの遺跡の壁画の中には、花をつかみ、壺に挿しているキューピットの姿が描かれていて、この事から花を飾る習慣があった事が裏づけされています。

さて、歴史をたどりエジプト、ギリシア、ポンペイと旅をつづけて来たついでに、もう少し足を伸ばしローマまで行ってみる事にしましょう。
ローマ時代になると植物の主役の座はバラの花が独占するようになります。
バラは「名誉」と「祝福」と「愛」のシンボルとして各種装飾のモチーフとして他の草花とともにアレンジされるようになりました。

バラの花はそれまでの歴史の植物の楽しみ方の要素をすべて持っていて、花冠として用いたり、アクセサリーや香りを楽しむ使い方もされ、時には名誉を讃える花として勇者の足元にまかれたりもしました。


                   たんぽぽ博士と雪
                                   たんぽぽ博士

 やがてローマ帝国は衰退しカソリックが強く影響する中世へと時代は移り変わります。
残念なことにこの時代、花は室内装飾としての存在感はしばらく影をひそめる事になります。
なぜでしょうか?   カソリックの宗教的思想に基づき、花には、一定の意味とシンボルとしての役割が定めなれるようになったのです。

ただし、宗教画の画面に表される事はよくありました。
ユリはローマ時代には、ヴィーナスのシンボルとされていましたが、この時代では貞操と繁栄のシンボルとなり聖母マリアを象徴し「受胎告知」の絵画において必要不可欠の画題として登場することになってゆきます。

ベネディクト派修道会の人々は、バラに薬草としての効果から大量生産するようになりましたが、それはそれまでの装飾品としてのものではありませんでした。
バラ園のバラは稀にテーブルや室内をにぎわす事もあったと考えられますが、ヨーロッパ中世において花は花輪として儀式に供される以外、鑑賞の為に用いられる事はほとんどありませんでした。

 しかし、そうした反面、民衆達により花をアクセサリーとし髪や帽子に飾る習慣が生活に浸透したのもこの時代でした。
1268年にはパリでシャブリエール(花帽子職人)・ブクティエール(花束職人)の組合が組織され、またフラワーアレンジメントが職業として成立するようになってきます。
花の職業が発生したのです。

 おもしろい話をひとつ付け加えなければなりません。
ヨーロッパ中世はカソリック教理が強い影響を及ぼす厳格で男尊女卑の時代でした。
花を飾らない文明、そのような時代に花の職業は発生し、同時に女性の専業となり、男性達は逆に排除されてしまいました。
それまで虐待されていた女性達は自らの特技をいかして立ち上がったのです。
これは世界史上、「自立する女性」のはじまりであったといえるかもしれません。
JUGEMテーマ:アート・デザイン



2020.02.24 Monday

スポンサーサイト


21:23 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

花粉症
花粉の時期がやってきますね。気になる季節でも安心の健康食品。
(花粉症 2008/01/27 11:13 AM)
バラ アート についてー 3Dのバラ:ネイルアート、スカルプチュア…
3Dのバラ:ネイルアート、スカルプチュア・・・
(バラ アート のお話 2008/04/04 7:24 PM)

▲top