緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< iphone5s や iphone5c と 連動するG-SHOCK (カシオ) GB-6900AA | TOP | 札幌発! 秋冬 ポンチョ や ハーフコートが可愛いね >>

2013.09.17 Tuesday

バス津波判決 幼稚園側に賠償命令 出て当然!!

JUGEMテーマ:ニュース
 
 これは、酷い!!!     僕は、園児達がずっと、バスごと津波に飲み込まれて亡くなったのか? と思っていた。

でも、瓦礫に埋まったバスの中 子供たちは、10時間に渡って、「助けて〜 助けて〜!!」 と助けを求めて生きていたようなのだ。

そして、10時間後に発生した 火に巻き込まれて 閉じ込められたバスの中で 焼け死んだ・・・・

運転手は、奇跡的にバスの外に投げ出され、無事に幼稚園に戻って 園長にバスが津波に飲み込まれたと報告している。

だが、園長は、子供たちが 助けを求め 叫んでいるバスを見に行ったが、なぜか救助活動をしないで帰ってきてしまった・・・・という。

 その理由は その時、頭の中が 真っ白になっていたため   だと言うのだ・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・ん?   なんだか この話・・・   おかしいな?・・・・・・・

 それは、そうと、それ以前の問題として

 日和(ひより)幼稚園(宮城県石巻市) は、高台にあり、園児達は、ずっと、幼稚園にいれば 津波に会うことは、まったく無かったはずだった。

 ところが、早く、保護者の元に子供たちを渡してしまおう という判断から 海のすぐ近くの家々に 向って バスを 津波の方へと出したのだ。

 途中、津波が来るということで、一時的に避難していた門脇小学校から 元いた高台の幼稚園へ通じる階段を バスを降り 走らせて登らせれば良かったのだが・・ なぜか、それもせず・・・・

 再びバスに乗せ ぐにゃぐにゃ遠回りして 幼稚園にバスで帰ろうとして、

あたりまえのように 渋滞に 巻き込まれ そこを津波に飲み込まれた。

 運転手だけが、奇跡的に車の外に放り出され・・  しばらく、気を失っていたが、気が付いて・・

幼稚園に逃げてきた・・・   

 ・・・・・というのだが、バスが飲み込まれた傍の 崖の上の 近所の人たちが、その後、夜になるまで 「助けて〜  助けて〜」 という子供たちの声を聞いている。

 しかし、その声が、どこから聞こえるのか解からず、どうにもならない。

バスは、水がひいた後、ガレキの下に埋まってしまって、見えなくなっていたのだ。

いずれにせよ 夜中まで、子供たちは、瓦礫に埋まったバスの中、びしょ濡れのままで 助けを求め 叫んでいた。   

             そして ・・・・・・・・・   火がまわって来た・・・・・・・・・・

これらの事は、遺族の方たちが、自分達で聞き込み調査をして、後になって判明したことである。

 法廷で、元園長は、バスを出発させた理由について「みぞれが降る中、不安におびえている園児を一刻も早く親元に帰したかった」などと語った。

しかし、「誤った判断を正当化する理由にならない」と一蹴されたようだ。

 親元ったって・・・   海の近くの親のところへ 帰そうとした・・     津波が向ってきているというのに・・・・

          

2020.02.24 Monday

スポンサーサイト


19:06 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top