緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< テーマ 立つハイヒール | TOP | ながれを変える >>

2007.06.23 Saturday

花を手にする時 → たんぽぽ博士著

 人類が、地球上に誕生するはるか以前から、植物は生息していました。 地球上に生息する生物は動物界と植物界に分けられます。 動物と植物のちがいは、

 葉緑素をもち、光合成を行い、無機物から有機物をつくりだす事

 細胞の外側に細胞膜ができる事

 成長点や形成層などの細胞分裂によって成長する事

などがあげられます。 また植物は一般に運動能力をもっていません。 しかし、下等な ミドリムシ等のように動物との中間的なものもいくつか存在します。 これは、動物と植物が、原始生物から進化し二つにわかれたものであり、当然、その中間的なものも存在するわけです。

 今から3億7000万年程前、それまで海でくらしていた生物の中で最初に上陸したのは、海草が進化してできた植物でした。 これらの植物を追って、動物も上陸をはじめます。 植物は、陸地にロボク、リンボク、フウインボクなどの大森林をつくり、こういった大木が今、私達が石炭として利用しているものです。 
 その後、植物は環境などに応じて、種族がわかれていきます。 花をつける種子植物はその中のほんの一部のグループにすぎません。

 散歩
 たんぽぽ博士

 私達人間も同じように、生物の進化という長い旅路の末、動物界のなかで、ほんのわずか一部のグループとして存在することに成功しました。 人と花が同時代、同じ大地で接する奇跡が、実現した訳です。

 つまり、みなさんが花を手にとる時、その花は、みなさんの親の親の親の・・・気が遠くなるほど遠い、親の、子の、子の・・・・子。 みなさんの遠い遠い、実の親戚だという事です。 何億年という時を越えて。


2020.02.24 Monday

スポンサーサイト


01:40 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

父の日
父の日に光葉から絵のプレゼントを貰いました。なぜかジャンレノのような風貌に描かれてました。私は髪の毛も豊富なのですが・・・絵が描けるほど生長を感じて嬉しいでした。
(アンパンマンファンサイト 2007/06/24 3:12 PM)
ブルーグリーンエルジーの葉緑素とβカロチン
近年、葉緑素とβカロチンの生体内における働きが、再注目されてきています。葉緑素は造血作用を促進する働きと共に、血液中の毒素を無毒化する働きがあ、βカロチンは…
(心と体の健康食品【ブルーグリーンホーリーサン】 2007/07/09 6:04 PM)

▲top