緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.15 Tuesday

稀勢の里 三連敗・・ やる事は全部 やってる・・頼む!もう一度・・立ち上がってくれ!

 稀勢の里、   練習では 状態が いいみたいなんだけど、精神的な プレッシャーなのかなぁ・・?

やる事は、全部 やってるんだけどな〜・・

 稀勢の里 って、うまく行ってない 会社員 みたいに見えて、どうしても 応援したくなってしまう(笑)

 あの、勝負に負けて うなだれてる 顔だとかは、電車で 吊革につかまって 落ち込んでる サラリーマンみたいに 見えてしまうのは 私だけだろうか・・?

 しかも、負けて 帰るところ、カメラマンのフラッシュの嵐が 凄いですね

社会もそうだし、勝負の世界は 非情なんだけど

 なんとか・・  こう・・  流れが変わる様な 取り組みをやって、未来に繋いでほしい

  頑張れ! ったって、頑張ってるよね・・

 崖っぷち とかを意識しないで

  もう 逆に あきらめて・・ ふぅ〜 と開き直って 実力を出し切ってほしい

 辞めるったって・・  練習では、状態がいいだから・・  このままじゃ

  んん〜〜   なんか・・  スッキリしない っていうか・・・

        

 


2019.01.14 Monday

去年の後半から大変だったけど、おかげ様で 今のところ無事です

 まったく、ひどい目に遭ってるよ

この先、どうなる事やら

 とにかく、助けてくれている 友人や 味方の人達には感謝したい

  でも、今年も これから 大変だぞ・・・

 うまく、やろう・・・

        


2019.01.13 Sunday

日本昔ばなし の おばちゃん、市原悦子 さんが・・死去

昨日、『超 鬼やば!』 っていう Jホラー の映画を見た。

45分くらいの 作品。

 これが、ぜんぜん 怖くないどころか、半分くらい パロディーで・・(笑)

  その中で、鬼は 渡辺っていう 名前の人に弱い っていう話が出て来る

 その 由来になったのが この話らしい

  今日は、僕達に 昔話を聞かせてくれた 市原悦子さん 追悼の気持ちを込めて、この お話を 見ようじゃないか

        


2019.01.12 Saturday

覚えよう! うんち の見方を知るだけで 12の健康状態 が解る

 病院では いろいろな 検査があるが、

 誰でも 簡単に 健康状態を知れる方法がある!

それが、うんち である!   うんち の見方を覚えるだけで、いろいろな 病気が解る!

  うんち を 知らずして、健康を語るべからず

 素敵な うんち こそ 健康のシンボル!  健康は うんち に始まり うんち に終わる

  うんち を 甘くみてはいけない  

 健康になりたい人は、うんち を ナメては いけない

  今日は、正しい うんち の見方を 覚えよう

        

 では、皆さん  うんち の共に あらんことを


2019.01.12 Saturday

去年 自分の身に起こった事を考えていているんだが

  ビール飲みながら 去年、自分に巻き起こった出来事を考えていた

まだ 全部 把握できたわけではないが

    だんだんと 受け止め方が 変わってくるんだ…(笑)

         笑えるよ…

  でも  今は まだ 自分の将来のことを第一に考えたい と感じてる

        

        

       

   


2019.01.10 Thursday

皇室とは何か? プリンセスとは何か?

 間もなく 平成 という一時代が、平和のうちに幕を閉じる。

皇族と言うと、小さい女の子が 誰しも子供の頃に憧れる お姫様! そして 王子様! 

 まさに そうした存在になるのだが・・

  そのような人たちは、ご自分で そうなりたい! なりたくない! に関わらず、定められた運命を歩むしかないのである

    国民に人気の プリンセス 佳子 さま

        

やはり、物腰が 芸能人とも 一般人とも 違う印象を受ける・・ 

 もちろん アイドルとは まったく違う 存在である

 物心が 付いたころから そういう環境にいる・・   お血筋・・遺伝 の ご影響も 当然あるのだと思うが・・

              佳子様

 幼き頃から 一切の わがまま も 認められず、神羅万象 すべての者と対峙して 期待通りの 振る舞いを要求される

  東西に 苦痛にあえぐものあらば、駆けつけ、 希望を与え、政(まつりごと)には いっさい 口をはさむこと無し・・

 人々から 敬われながら触れることは決して敵わず・・  常に 煌々と 暖かい 燈火を 放ち続ける者

        

 僅かな時期でも ご自分の為だけの 輝いた ひと時を・・   と願うのは 私だけだろうか・・

  もし、そうした 人らしい 僅かな お時間 が そこにあった時は、皆さん どうか、そっとしておいて 上げてください

        

  その時間が終われば・・  もう この方々に ご自由な時間は無い

   たとえ 如何なることがあろうとも 凛とした お姿で 御生涯を 全うし尽くして いただかねば ならないので

        

 


2019.01.09 Wednesday

新年から 「寒冷地遭難モノ」 に凝っていて マイナス思考だったのだが

 年末から 南極探検隊で遭難した スコット隊に ハマっていた。

世界で初めて南極点に到達するレースで負け、帰り道で、全員遭難してしまった イギリスの スコット隊。

 凍傷で ボロボロになり、わずか、18km先に 燃料と食料がある地点で 猛烈なブリザードに 閉じ込められ テントの中で 凍死した

 最後の方の 数週間は、マイナス40℃を毎日下回り続けた

 足の患部を切りざるをえなく、凍傷でグローブのように腫れあがった手だったという・・

  その後、エベレストの大量遭難の話を 再び思い出し、

 昨日は、『マイナス21℃』 という また、別の遭難映画を見た・・

  ところが、この映画を見て、気持ちが少し 前向きになった   実話なのだそうだ

 主人公は、スノーボードで ゲレンデから外れ、迷子になり、数日間 マイナス21℃ という厳寒の中で 凍え続けた。

  助かったことは かろうじて 助かったのだが、両足を凍傷で失い 義足になる。

 ところが、そのおかげで、薬物依存症からも 人生に前向きになれなかった事からも脱出 出来て 幸せになる。

 義足で、スノーボードも滑るし、自らが挫折した アイスホッケーにも 指導者として戻り、子供たちに 教えたりするようになった。

  手足を失ってでも 生きて帰った人には 素晴らしい何かが 待っている。

 「ここで死にたくない!」 という思い   「こんなところで 死んでる姿を 母さんに見せられない」 という思い

   彼は、自分が見つかるよう、凍傷でやられた足で、最後の力をふりしぼり、一歩一歩、頂上を目指す

  電波が届くように・・・   

  果して、彼は、失意の中 死んでいった スコット隊と同じ 運命を辿ってしまうのか・・・

 この映画を見て、何かが 吹っ切れた気がする

  「生きてるだけで・・・」 そう 何倍も 何倍も 違うのである

  彼は 生きて帰って来た!!   心配で 気が狂いそうな 母親の元に・・・

        


2019.01.06 Sunday

華麗で カッコいい ペン廻し! 日本が発祥の文具遊び

  今や 世界中に拡がった ペン回し    その発祥の地は 何と 日本!

ペン回し できる人のことを スピナー と 呼ぶのだそうだが

   日本では 「えっ?  わたし 昔、暇つぶしに 授業中 やってたよ!」 なんていう 人も多い

 しかし 最近では テクニックも 高度化して より 優雅に より華麗に 進化しているらしい

 勿論 人に見せつけるために やるのは NGだが

仕事に スマホではなく システム手帳 を 使っている 方 や 伝票や書類に サインした際…

さりげなく 美しい ペン回し を やってみると 何となく 自分なりに テンションが上がったような感じに思える

  或いは 試験で 難しい問題を 考えている時 ペン回し しながら気分を変えていると 発想転換になり問題も解ける……   なんて… そんな事は ないとは思うが…(笑)

スマホ や ゲーム が繁栄する  こんにち この頃 こうした アナログな 暇つぶしの中に 昔の 日本の遊び っぽい レトロ感覚 を 感じるのは 私だけだろうか?

  古くは 牛乳ブタ での遊びから始まって カー消しゴム の ペン弾きレース、ゴム消しでの レスリング、相撲消しゴム での トントン相撲…

  休み時間に 文具を使って 様々な 遊びを作って それが どうしたわけか 全国に広まっていった時代

   そんな 楽しさの詰まった  美しいテクニック

 スマホ派 ではなく 手書き派の あなたに 超オススメの インターバルpm に

  今日は そんな ペン回し の 華麗なる 最新のテクニック集 を ご覧いただきたい

        

 

               ペン廻し


2019.01.05 Saturday

私が もし機長なら 皆さんの命を預けてほしい・・・

 皆さん、当機は、これより 事情があって 緊急着陸しなければなりません

無事、軟着陸を成功させるためには、皆さんの 冷静な対応と、機長である 私への 絶対的な信頼が 必要です。

 しかし ご安心ください

  自分で言うのもなんではございますが・・私は、フライト時間も長く、経験豊富なパイロットです。   

 かならず、この機を無事に着陸させる自信が あります。

 では、ここで ご確認させてください

  私に 命を 預けて いただけますでしょうか・・・???

        ・・・・・・・・・    

   そうですか?  ありがとうございます。    ご安心ください

  こんな着陸・・  眠ってたって 私には楽勝ですよ(笑)  軽い  軽い

   最後まで ゆったりと 空の旅を お楽しみください

  それでは、当機は これより 緊急着陸 致します。    行きますよ・・

    そ〜らよっと・・・・

        

  


2019.01.04 Friday

韓国レーダー照射紛争、見え見えの反論は、日本の オウンゴールを狙っている?

 「失笑」も 「甚だ遺憾」 も NG!   完全に 韓国の方が悪いし、証拠も全部 日本が握っているが、ここで 慎重な意見を言いたい

韓国側は、ここで、安倍政権が 強靭な態度を示してきた時に 従軍慰安婦問題の時や 靖国神社参拝の時のような、オウンゴールとして 仕向けるチャンスを待っているのではないだろうか?

 北朝鮮への 脅威を 理由に 軍備化を進める 日米への歯止めを 狙っているとしか 思えないのである

でも、この問題というのは それとは、全く別次元の・・ 国家間の 信頼関係、安全関係に 関わる問題だから

 日本政府は、きちっと ケジメを付けなければ いけない

  事は日米韓 だけの問題ではない   日本は 毅然とした態度を 取るだけではなく、なんらかの 制裁措置を与えなければならないのだが・・

  やりすぎると、アメリカ合衆国から ストップがかかる

  それは、韓国側にすれば、日本が、強い国には 情けなく、弱い国には 威張り散らす 構図を 全世界に アピールでき

 また、日本は 韓国に対し、いかに バツが悪く 弱腰で 寛大な立場であるか? を 認識させるために 韓国は 見え見えの 嫌がらせをしてくるわけだから

  多分、この決着は 韓国の思い通りになるだろう

 向こうが 悪いにも かかわらず・・   である

        

  だから、まず、アメリカとの関係を 出来るだけ 対等にして行かないと・・ という話である。

    わかるかな?    この話・・・・?


▲top