緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.06.15 Saturday

レジスタンスの会合へ行き 札幌2歳女児衰弱死問題を提起

 本日は レジスタンスのアジトへ

詩人と 車で行くか? 単車で行くか? 迷ったが、空模様が怪しかったので 車を選んで大正解!  帰りは雨だった

 先日 引っ越しを手伝いに行った Nちゃん の家の パパ と ママも 仲間に加わることになった

  でも 今日は 他の人が一人少ない

 理由を尋ねると その人は 人間裁判に行ったのだ という答えが返ってきた

  人間裁判 という 戦いを このとき 僕は 初めて知った

 黙って お金を差し出すのと   渡すまいと しがみ付いて戦って 無理やり奪い去られるのとでは 雲泥の違いがある

  どっちにしろ国から 同じ額の 財産を取り上げられるのは同じだが

 後者のほうが 勇敢で 尊大で・・  そして、こいつらから金を奪い取るのは容易ではないな・・という 僅かでも プレッシャーを 相手に植え付けることが出来る

 今日は、話し合いが 終わった後、札幌北区で発生した 2歳女児衰弱死事件の問題について提起してみた  

皆、真面目に考えてくれて もっと 児童相談所 のことについて 調べていかないと いけないなと感じた

地区によって 滅茶苦茶 差があるらしいのだ

 そのほかには、先日行われた地区委員会のことも話し合った

  あの日は 話し合いが 終わった後は、お食事会となったのだが

 詩人は 「いっぱい喰え! 一年で 無料(ただ) で喰えるのは コレしかないんだからよ!」 と言って ガツガツ 食べてはビールで流し込んでいた

  自分も 「なにぃ?? コレっきゃ無いのか〜??」 と言って 食べ物を 腹に詰め込んだ

この会合で、はじめて 僕も 正式なレジスタンスの一員になったような 気分になった (笑)

        


2019.06.14 Friday

レジスタンス が やってきた

 Nちゃん の おうち は、お引っ越しをすることになりました

でも、引っ越し屋さんを お願いすると、うんと高い お金がかかってしまいます

 それでも Nちゃんの パパとママは、頑張って レンタカーの貸しトラック を借りることにしました。

けれども 沢山の家具や お荷物があって、パパとママは、疲れ果ててしまいました

 そのうえ トラックは、難しい 操作をしなければならないタイプのヤツで、二人とも困ってしまいました。

  家族全員が うなだれている所へ、 軽自動車のワゴン車に乗った おじさん達が現れました。

 「おじさん達 誰ぁれ? 」 Nちゃん が訪ねると

 「おじさん達はね、地区を守る レジスタンスの者だよ」 と そのうちの一人が答えました

   「おじさん達は この町・・この地区の 何処にでも 出動する」

  「おじさん達の 仲間は、結構な昔から 世界中の 至る所で 活躍してきた」

   「独りぼっちじゃ 出来ないことも 皆で 助け合えば 簡単にできてしまう」

 「おじさん達レジスタンスの合言葉は、

  一人は 、みんな のために  みんな は一人のために!  って事なのさ」

 そう言うと おじさん達は、黙々と 引っ越しを 手伝い始めました

  トラック を悠々と運転できる人も その中にいました

  もう安心です。   大変だったけど、みんなで 手伝ったので 引っ越しは一日で終わりました

  「レジスタンスの おじさん達 ありがとう」

 パパとママも 大喜びでした

 Nちゃん は、新しい おうち から いつまでも 手を振って 去りゆく おじさん達を見送りました

        

  


2018.11.13 Tuesday

詩人R.F が 胃 を 悪くしていて心配である

 友人の詩人が 新しい キャリア が どうとか・・ モデム が どうとか・・ 言って心配していたので、今日 行って、設定、手伝ってやろうと 思ったんだが、すでに 工事も終わって 順調に動いていたので、問題は 無かった。

 携帯も 含めて あとは、問題なし

  結局 何のために行ったのか・・ 何も役に立ってやれなかった

あいつ 胃を悪くしていて・・・

 「たくさん 食べ過ぎるからだ・・」 と本人は、言っていたんだが 早めに 病院に行った方がいいと思う。

 大丈夫かなぁ・・・

 バイクの事とかも 相談してきた。

 従兄弟は バイクを 売らない方が いい と言うのだが・・

  そうだなぁ

 バイク屋に 預かってもらうのも 一手だ

  でも、あいつ ホント 身体の調子 大丈夫かな〜?

  

 


2018.02.24 Saturday

詩人 R.F と 今、腹を割って 話に行こうか? と考えています

   僕の 友人の 詩人 R.F という 人物 には 若い頃 ある コンプレックス が ありました。

 その 反動として 有名になって 見返してやろう! という痛烈な 反骨精神 を持っていました。

    彼は 人々を 見返し 自分の 存在を 誇示し 安心出来る 居場所を 得る為に 必死に 詩を 書き続けました。

    しかし 残念な事に  書けば書くほど 空回り するのです………

  ところが 最近、詩人に 変化が 起こりました。

    有名になるまで 帰らない と 誓って 飛び出した 故郷から 年老いた ご両親 が 彼の住む 都会へと 引っ越して来たのです。

    親孝行の 彼は 一生懸命 ご両親の 力 になって 頑張って います。

   しかし ここで 大きな 問題が 起こりました。

 まず 彼は 彼の 存在の根源 である 有名になって 凱旋すべき故郷を 失ってしまった事になりました。

   そして、両親が そばにいる事によって これまで ずっと 培って来て ポリシー であった ハングリー精神が 必要と されなくなったてきたのです。

    全てが 充実し、彼は まるで 彼では 無くなりました……

       しかし…僕は 今日、気がついたんですが、悪いことばかりでは無い…   これは もしかしたら 彼にとって 人生の 分岐点!    重要な チャンス なのではないでしょうか?

  僕は この コーナー を 詩人 R.F 本人の 単なる タイムカプセル にだけは したくはない? と 思いますし……  ただ単に 詩人 R.F を 有名に したい だけでは 無かったのです。

  気がついたのです

     今の 詩人 R.F であれば 自分の為ではなく 誰か 苦しんでいる…    困っている人々 を 勇気付けられる 詩が 書けるのでは ないでしょうか?

    そうです…   彼を 批難し 中傷する 奴らが いたとしても そんな 人々は あと 50年も 叫び続けることが出来ない ウジ虫ども なのです(笑)

     しかし ここに 詩を残せば その詩は 100年  200年   …  1000年 と 残り 誰か 苦しんでいる 困っている人の目に 止まる可能性が あります。

   そんな 気の遠くなるような 長い 年月……   その中で 誰か 一人の為にでも なれればいい…

   力になってほしい!!!!

   今の 詩人 R.F には もしかしたら 逆に 覚醒させる チャンス が訪れているのでは ないでしょうか。

 なぜ そんな 事を 考えたかと言うと   今日、昭和の 駄菓子屋に あったという 「梅ジャム」 の事を ニュース で 見たからなのです。

   詩人 R.F って 昭和の 駄菓子のような 優しい 奴だな……    って 気がついたんです…

 つまり 詩人って奴は 「梅ジャム」 と 同じで  自らが この世に 存在するうちは 人々から 見向きもされない…

   ところが 製造中止になると  急激に  ヤフオク とかの金額が 跳ね上がる……    そんな… たぐい なんだと思うのです。

  だから  これから  未来の人々の 心に 勇気を与える詩………

   そして  有名になるまで 戻らない と誓った 故郷に 由来した詩を  書いてもらうよう話し合いに 行こうと 決心したんです。

    そして もし 嫌だと言ったら

   その時は 僕が 詩を書きます!!!!

      そんなんだったら…   別に無理にとは 言わないです………

    僕が 詩人 R.F に なったって 別にいいんです。

   しかし  ここが 僕の大切な友!   詩人 R.F が 覚醒するか? どうかの 正念場でしょう………

   皆さん 詩人 R.F という人間は この現世 には 存在しない 人なんです。

        

 

 

 

 

 

 


2017.07.09 Sunday

詩人 R・F の 弱点

 僕の友達の 詩人 R・F 。   その 詩人 R・F にも 意外な 弱点があるのだ!

 吸血鬼ドラキュラ は、十字架に弱い  ………… 

   う〜んと・・  う〜んと   う〜んと・・ あと、例えが 浮かばん・・・(笑)

   とにかく、どんな奴にでも 弱点はあるって事さ!

  詩人 R・F  が 弱いモノ!  それは、「納豆」 である。

   以前、皆が 溜まり場にしていた ある カフェ の 催し物 の 舞台で 納豆が 出てきた時、詩人 R・F  が、急に 走って逃げ ゲーゲー 吐いたらしい (笑)

    そんなに 嫌いなのかと、思うのだが それ以前から 納豆に関しては 常々 いつも ボロクソ 言っていた。

  納豆って 好き嫌いの別れる 不思議な食べ物なのだが・・・  

        

   人によっては ネギを入れたり   おろし大根 を入れるなんて言うのも聞いたことがある。

    マヨネーズ?(笑)   たまご とか

     でも、納豆って 僕の 持病である 潰瘍性大腸炎 には、めっぽう いいようで、お腹の中の ガスを少なくするらしくって

   第二次世界大戦中、ゼロ戦 の パイロット なんかは、納豆を 食べた・・・ なんて 話も聞くのである。

     高高度で、気圧が低くなって お腹の中の ガスが 急激に膨張するのを 防ぐのだそうだ。

    まぁ とにかく、これを読んだ人で、今後 もし人生の中で、 詩人 R・F  に会う機会に恵まれる人がいるなら

    納豆を用意して、ふたを開けて 目の前に 差し出してみていただきたいのである。

     きっと、奇声をあげて 物凄い勢いで 走り去ると思うので、そうやって 遊んでみよう。(笑)

   

    


2017.03.26 Sunday

生きている のではなく・・・ 生き残れて いる?

 夜の配達があって・・   帰り道、詩人 R.F の 家の前を 通ったので、ちょっと 寄って行くことにした。

間もなく、僕らの 学友、藤井信 が、ガン で 死んでから、3 年 が 経つ。

 同じ 昭和の時代に育ち・・  同じ、教育を受け・・   一緒に 笑い・・   楽しみ・・   ふざけ・・

   そうして、あいつ だけが 死んでいった・・・・

  可笑しかったよ   笑えたよ  いろんな事があった!      いろんな挫折があった。

   そうして、人生の やり直しを 決意し!   頑張っている 最中・・

  あいつは、病魔の手によって 倒れた。        直腸がん

   決断する!     腸を 切除!    人工肛門で 社会復帰!

   一つめの 抗がん剤・・・  駄目!    二つめ の 抗がん剤・・・  合わず!   三つめの 抗がん剤・・・ 駄目!

   これは、どうかなぁ・・  という 最後の抗がん剤・・・   むなしく・・・ 駄目!

    最期まで 戦った!   そして、ついに 力尽き・・    逝く

 昨年、僕は 潰瘍性大腸炎で 入院し・・  今回は 生き残れた・・  

  むなしく 残された 奴の 形見 の 腕時計・・・ 

  僕らは 生きている!!   だから、今は 前に進むのだ!   でも・・・それにしても 残念だ・・  

 詩人 R.F は、自分は 「左翼だ!」  と言っていたが、 「うるさいっ!」  今日は この曲を かける!!(笑)

  そんな気分なのだ!!!!!!!    うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜っ!!!!!

         

  


2016.10.11 Tuesday

大学時代の友人 ジョニーを囲み 懐かしの ひと時を過ごす

 大学時代の 友人 ジョニー が来て、みんなで 昨日は、集まって 楽しいひと時を過ごすことができた。

彼は、ヤンキー ジョニー・・  またの名を くそジョニー (笑) と呼ばれ、僕らの間では 人気者であるのだ。

 ジョニー は、昔、スプリンター トレノ という GT車 に乗っていて、ファミコン や アーケードゲーム が とても うまく、ゲームの帝王 と いう 異名をとっていた。

 そんな ジョニーを連れて、詩人R.F の家へ行き、昔話に 花を咲かせてきた・・

   でも なんか・・   もう  齢なのかなぁ?

 さみしい感じも するのである。

  亡くなった友達もいて・・・    みんな 健康には気を使っているようで・・

 昔の友達というのは、素晴らしいもので、何年たっても あの時の感覚のままで・・

  それが おかしいではないか!

 昔は 毎日、キャンパスで顔を合わせ 学食に行き 同じ釜の飯を 食べていたのに・・

  一日の終わりに 別れたって  また、次の日も   その次の日も  顔を合わせて バカ騒ぎしていたのに・・

  なのに どうしたことだ?    今は

 翌日から また、別々の 世界に みんな散っていく・・・

  朝の 殺伐とした それぞれの世界に

   いったい どうしたと言うのだ・・   なんだって言うんだよぅ・・・

         

  


2016.09.26 Monday

演歌 「麺の花道」 作詞 詩人 R.F (曲は 自由に お付けください・・・)

 昔、 詩人 R.F は、演歌の作詞 の・・通信教育みたいなヤツを やってたんですよ

  詩人 R.F が、詩を書いて送ると それについて こうした方がいい  ああした方がいい っていう ワンポイントアドバイス をしてくれて

それで、その時に  R.F は、「麺の花道」 っていう ラーメン屋さん の 演歌の詩を書いて送ったんですが

 そしたら 「 詩人 R.F さん、3コーラス 2行目は 他に言い換えたいですね。」 って アドバイス っていうか指導を されたみたいなんですね。

 それで、ちゃんと 書き直してたんですけど・・

 今日は、特別に 書き直す前の 詩も載せて それを 修正して線を引き、書き直した後の 詩と比較して 解りやすく 赤色で 記載しますので

 みなさん どうぞ、この詩を使って ご自由に 演歌を作ってほしいんです。

  ただ、その代わり YouTube に 載せるんでも、ニコ動 に載せるんでも 必ず・・・

   作詞  詩人 R.F   と・・・・

  作詞のところに 名前だけは、出してあげてください。

  詩人 R.F はですね 有名になりたいんです!!

  名前さえ残してくれれば それぞれ 好みの曲を付けて 自由に楽しんでいただいて 結構です。    でわ! はじめます!!

     麺の花道

         詩人 R.F  札幌市

  一、男十六 故郷(ふるさと)捨てて

    メンに託した 心意気

    叱る親方 恨みに泣いて

    耐える火傷(やけど)は 明日の誇り

    たかがラーメン されどラーメン

    涙かくして 麺の花道

  二、男強きの 自慢のメンを

    活かすスープの こくとつや

    太い腕(かいな)で 練りあげこねた

    こしの強さは 親方ゆずり

    たかがラーメン されどラーメン

    夢をつなぎに 麺の花道

  三、男度胸の ラーメン勝負

    客に媚びない 味をみよ

    客の舌をも うならせる

    ガンコ一徹 つらぬく技の

    捌く(さばく)器に 勝ちどきひびく

    たかがラーメン されどラーメン

    賭けた暖簾(のれん)は 麺の花道

 ・・・・と こういうような歌なんですがね みなさん 自由に曲を付けて 歌ってみてください

 「動画 上げたよ〜!」 って方 いましたら コメントの方で 教えてくださいね。

  これ、僕としては、修正後の 「客の舌をも うならせる」 よりも 「客に媚びない 味をみよ」 の方が 詩人R.F っぽいな! とは、思います。(笑)

  客なんか どうだっていいんでしょうね…(笑)   芸術なんだから・・・(笑)

  もう あいつの場合 この 大宇宙 に 自分と芸術的ラーメンしか 存在しないんだから・・(笑)

  全国の ラーメン に 命を懸ける 男たち 女たち!!!!!

   ここの お店の場合 最後の 1:07 過ぎた辺りからの 水の切り方が いかにも 匠 という感じがします!!

    ご覧ください!  ここまで なるには、相当のものですね!!   もぅ 命懸けなんです・・   

        

  

          たまラーメン みそ味

 

 


2016.06.29 Wednesday

詩を朗読したり 歌うのために 覚えるには、描かれている意味を理解し 情景をイメージしたほうがよい

 先日、詩人 R.F の ところに久しぶりに 行ってきた。  詩人 R.F は、昔から 北海道大学 が 大好きで、自らも その 北大 がある 北区に住んでいる。

 そういえば、僕が 今、読んでいる本が、北大を舞台にした本で、その話をしたら 会話が盛り上がって楽しめた。

 その本の中で、主人公が、北大の寮歌 を 覚えなければならなくなる 箇所があって、とても 苦労するところがあるのだが

 北大の 寮歌っていうのは、いっぱいあって、分厚い詩集になってしまう程らしいんだけど、例えば、有名な曲として 『都ぞ弥生 』っていう 歌がある。

 これも また、はじめて歌う人には なかなか 覚えられないみたいで・・  これを ちゃんと 歌うには、歌の詩の 意味を よく理解して、その情景を 頭の中で、映像にするなりして イメージして歌うのが 一番 良い とされているらしい。

  もちろん、どんな歌だって どんな詩だって そうなんだろうけど・・・

 北大の 明治とか 大正に 描かれた 寮歌の詩って 難しい言葉や 当て字が いっぱいあって 解釈の難解な 箇所が いっぱい あるんだけど、

 確かに 言われてみれば、意味が解らないと、詩を覚えるのも大変だろうし、感じを 込めて歌うのも ちょっと、無理なんじゃないかな・・?  という気にはなる。

 例えば、先ほど、話題に出した「都ぞ弥生」の詩の中でも、僕も この本を読んで、はじめて 知ったのだが・・・ この歌の タイトル や 一番の歌詞に出てくる 「都ぞ弥生」 の 「都」 というのは、札幌ではなく、東京のことらしいのだ。

 弥生は陰暦の 3月・・今の 4月 なんだけど、この当時の 日本の高校は 9月に 入学する制度になっていたらしくって・・  この歌の一番は・・

   都ぞ弥生の雲紫に
   花の香漂ふ宴遊(うたげ)の筵(むしろ)
   尽きせぬ奢(おごり)に濃き紅や
   その春暮れては移らふ色の
   夢こそ一時(ひととき)青き繁みに
   燃えなん我が胸想ひを載せて
   星影冴(さや)かに光れる北を
   人の世の 清き国ぞとあこがれぬ

 という 歌詞なんだが・・  つまり、 東京 で、花見の宴 に参加しながらも 大都会の 享楽(きょうらく) と 奢侈(しゃし) に うんざりし、夕暮れの 北の空に 瞬く星を見て・・ 

 北国は こんな都会と違い 人の世の清き国ぞ!・・と・・憧れて (作者に 何があった?(笑))  

 北大予科 にでも入学してみようかな・・と この人は決心をした・・っていう そういうような意味らしいのだが・・(笑)

  たぶんね、この人は、ぬくぬくした都会の暮らしより、もっと、困難で燃えるような 青春が欲しかったんだと思うけど・・(笑)

 結構、難しいよね・・(笑)  だから、この 一番の歌詞っていうのは、序章っていうか・・ ブロローグになっている部分で、 二番からが、本格的な 入学後の札幌の 四季の歌 になっているそうなのだ。

            「都ぞ弥生」の草稿   

   「都ぞ弥生」の草稿

 だから、今日は、そういった 詩っていうのは、ちゃんと、意味を理解して・・ 情景だとか、その場に立つ人の 気持ちだとかを ちゃんと解らないと 朗読したり 歌を覚えて 感情を込めて歌ったりするのは 難しいという・・・

 そういう話なんだが。

 僕が 今、読んでいる 北大の本というのは、北大の 元 男子柔道部員 が書いた本で、この本は もう 男臭さが むんむん している本なので・・・(笑)

 今日は、女の子の 美しい歌声で聴いていただきたいと思います。   ボーカロイド の 『初音ミク』

ミク はね、札幌で 生まれた プログラム。   この プログラム を作った伊藤 博之(いとう ひろゆき) さんは 札幌の出身、北海学園大卒 だが、北海道大学で職員として 仕事していた時期がある。

 伊藤さんは、いわば、『初音ミク』の お父さん に 当たる人だから、この動画の中で、ミクは お父さん が務めていた大学の 寮歌を 歌っていることになる。

 この歌はね、売るために歌われてるワケではないので、つい最近、CD が発売されたり、YouTube が、普及するまで 北海道に来ないと 聴けない歌だったんだよ。

          

  歌に出てくる 手稲山 なんかは、僕の家からは 目の前に見える山で、山並み とかは、この歌が 作られた 明治45年とかから ほとんど 変わっていない と思うので・・

 同じ景色を見てるのかな〜?  なんていう・・・ なんとも言えない 親しみを感じてしまうんだけど・・

 う〜ん・・ ところで、この歌は、寮歌としては 珍しく、結構 長く 引き伸ばして歌う歌になっていて・・  それには、どうも 悲しい理由があるらしい。

 戦時中、北大生にも ついに 赤紙 が来てしまって、戦争に行かなければならなくなってしまって・・

 戦争に行くものが出ると 駅まで この歌を歌いながら 学友たちが 一緒に 送って行ったんだけど・・・

 誰もが みんな、駅に 早く着きたくなくて・・

  それで、この歌が、ゆっくりに・・   ゆっくりに・・  こんにち 歌われているように 引き伸ばされて 歌われるようになっていった・・・ っていう  ・・・・・

  そんな いきさつが あるんだそうです・・・・   

   そうした 戦争の傷跡 を 残しながらも、平和な現在まで 歌い継がれているんだね。

 以上  詩の歌い方についての お話しでした。

 


2016.02.09 Tuesday

詩人 R.F・・脳 の病気と勘違い・・・? その時、放った 名セリフとは?(笑)

  当ブログの 詩人 R.F が、先日から 「左手が どうも しびれる」・・ みたいな 事を言っていて、色々と こう・・ 自分で調べたり、人に電話して聞いたりとか していて、これは、「脳溢血なのではないか???」 とかって言って 騒いでたんですよ。

 結論から言うと、今日、MRI で 脳の断面を撮って、異常なし・・  ということで、一安心できたんですが・・  ちょっと、面白い 笑える 話があったんで、ここでしますね。

 日ごろから  詩人 R.Fが、よく言う 口癖で 「何よ!  コレっ???」 っていうのがあるんですが

 ・・・これがね・・(笑) どちらかと言うと、ツイてない時 に よく 言う ひとこと なんですよ(笑)

 それが、たまに コレを聞いてると、だんだん ツボにハマって 可笑しくて、笑えるようになってきてしまって・・

 どうしたら 詩人 R.Fの 口から この 「何よ!  コレっ???」 を 飛び出させれるか?っていう 作戦を立ててしまうくらいのところまで 行ってしまっていて・・・(笑)

  でね・・  それは ともかくとして、今日、奴は 行き慣れない 病院に行って 脳を診断してもらうためにMRI っていう機械の中に 入ることになったんですけど、詩人 R.F は、機械が苦手なんですよwww

 苦手な 機械を前にして ビビると いつも 「うううう・・・・  ううう・・・・」 って  うなるんですよ(笑)

 それだけでも 見てて 面白いんだけど・・・

 この人って なんか 凄いほど いつも ツイてなくって・・   運が悪いって いうのか、

MRI って、最初、やる前は ちょっとした 恐怖心がある人もいるかもしれないけど、実際に経験してみると、痛くも無いし そんなに そんなに 大変なものじゃないし・・・

 な〜んだ・・   こんなものか? っていう感じなんだけれども

たまったま・・ ツイてない事に、 詩人 R.F の 前の人が、極度に 閉所恐怖症の 人だったみたいなんですよ。

 それが、ちょっとや そっとの 狭いところが苦手な人じゃなくって・・  多分、今まで、自分が そうであることを 知らないで、機械に入ってみて はじめて 解ったんでしょうね。

 すごい 叫び声というか 奇声というか? 雄叫びを あげて 暴れてたらしいんですよね(笑)

 なんか、「ぎゃ〜〜っ!!  やめてくれ〜〜っ!!  助けてくれ〜〜〜!!  ここから 出してくれ〜〜っ!!!  ヤメロ〜〜っ!!!   やめてくれ〜〜っ!!」 って、本当に 大声で叫んでたんですって・・(笑)

  詩人 R.F  も MRI は、初体験で 「うううう・・・  ううう・・・」 って ビビってたところに  滅多にある偶然じゃないけど・・ たまたま 順番が 前の人が そういう人らしくって・・

 僕が 思うに その時の 「助けてくれ〜〜〜!!  やめてくれ〜〜っ!!  ぎゃ〜〜っ!!!  ひぃ〜〜っ!! うわ〜〜〜っ!!! 」 っていう悲鳴を聞いて R.F は、

         「何よ!  コレっ???」

 ・・・ って、絶対、こう つぶやいたろうなって・・(笑)

 その後、きっと、ビビりに ビビりながら 「うううう・・・  ううう・・・」 と うめきながら MRI に入って行ったであろう 詩人 R.F なんですが

  もはや・・ 絶対絶命!!!!!   圧倒的 不安感!!

 でも・・ みなさん  お解かりになると思うけど、 MRI って、そんな方っていうのは 本当に稀で、ぜんぜん 大した苦痛じゃないですよね・・

 そこで  R.F はですね、また・・

 「何よ!  コレっ???」  「ぜんぜん 大したことないぞ・・」

 ・・・って、絶対、そこでも また この 「お約束」 を 言ってしまったんだろうと 確信しています。(笑)       本日 二度目っ!www

 これは、あの、名優だった 松田優作さん の  拳銃で撃たれて 自分の血を見た時の 「なんじゃ?  こりゃ〜〜?」 的な そういう ちょっと ギャグに出来る 笑える リアクションなんだと思うんですが・・

 これからもね・・  みんなで 詩人  R.F  を 追い込む 作戦を立てて 「何よ!  コレっ???」  って 決め台詞 を 言わせて 笑えるように 努力していきたいと思っています。(笑)

 今度は、拳銃で 本当に撃ってみますか?(笑)  「何よ!  コレっ???」 って 言いますかね?www

 苦手なことで ビビッて 追い込まれた人って、ワケの解らない ことを言ったり リアクションを見せたりしてくれますよね・・

 本人にとっては 災難なんでしょうが、一歩離れて 冷静に 見ている人達からしたら すっごい 面白いですよね。

        


 詩人 R.F は、日ごろから よく、喜劇王 チャップリン が言い残した 「人生は近くで見ると悲劇だが、離れて、遠くから見れば喜劇である。」という名言を 引用するんですが・・

 今回は、それを そのまま 本人に 返したいと思います。

 じゃあ 締めくくりとして、皆さん ご一緒に   せーーの!!!

   何よ! ・・・・・・・

 


▲top