緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.03.31 Saturday

素晴らしい 絵本に出会ったよ! 『Dr.インクの星空キネマ』

 水木しげる さんの 作品を 思い出させるような・・・

スクリーントーン を まったく使わずに・・  すべて 手書きで描いたらしい・・・

 しかも、大忙しの 仕事をしながら・・・

 だから、この一冊が、完成するまでに 5年も かかった という (笑)

  それは、実に

   高い山に リフト ではなく、ハシゴ を つなぎ合わせて 登るような・・・

    どんな人にも 必ず、へこたれる時・・挫折の危機 は、訪れる

  そして、この本を 読めば、誰もが みんな、宇宙 で繋がっていることが 実感できるし・・

    飾らない あなた自身にとって、本当に大切な もの も 何かが? 納得できるし・・

   そうして、そうして・・どんなに楽しい時間にも いつか 終わりがある 愛おしさを 思い出すことが出来るのだ.

        

 ケンジ は、なぜ、流れ星に お願いしないで

    ジョー を 月に 送ってあげたのか・・・???

    ワカル!!(涙)  凄いほど よく ワカルのだ!!(笑)

  この作品は、お笑い芸人・キングコング の 西野亮廣さんによって、描かれた作品だ。

   制作秘話 が、残されている

  ご興味のおありの方は、ご覧ください

        

 

        

 

             Dr.インクの星空キネマ


2018.03.14 Wednesday

スティーブン・ホーキング博士 アインシュタイン の 誕生日に死去

 今頃、天国で アインシュタイン に 会っているんだろうか・・??

  3月 14日 ・・・ 3.14 は、円周率にして、 アインシュタイン博士の 誕生日 だという話を聞いた。

 SF好き 少年にとって アインシュタイン は ヒーロー である。

  だが、残念な事に 物心ついた時には すでに 亡くなっていた人だった

 しかし、僕らの世代には ホーキング博士がいた。

 2016年、博士は、米ニューヨークでの記者会見で、光速の5分の1の速さで飛ぶ小型探査機の開発計画を発表。

 地球から4・3光年離れた太陽系の隣の恒星系 「プロキシマ・ケンタウリ」に送り込もう! という 大胆な 地球外生命探査構想を打ち出した。

          

  車いすに座って 身体は 動かないのに 凄い スケールの 大きい事を やってのける!!

 そんな ホーキング博士に 今日は、生前 博士が 大ファン だったという、映画の 一場面を 贈りたい。

  『スタートレック』 エンタープライズ号 の 発進

 博士も 今頃は、肉体から解き放たれ、完全な自由の身になって、大好きだった エンタープライズ号 に乗り込み 宇宙探査の旅に 出発するのかもしれない。

  さようなら ホーキング博士・・    いや・・ いってらっしゃい ホーキング博士

        

 だって・・  ホーキング博士だったら 

  あの世で 物凄い 装置 作って 地球の未来の危険 を警告するべく 

   生き返って 助けに来るかも? (笑)

  博士なら ありえる・・ (笑)(笑)(笑)

  


2018.02.01 Thursday

皆既月食 月が 赤いのは 空気が 綺麗な為!!!!

iPhoneより記録

 皆既月食 だったが 仕事が忙しいし スケジュール が 混み合っていて 少ししか 見れなかった。

  コインランドリー に 洗濯に行った時に 少し 足を止めて 見上げてた……

    赤かったね……………

       赤いと言うことは 空気が綺麗 だと言うこと!!!!

    空気が汚くなるにつれ  オレンジ 、黄、となり   最悪の場合 グレー になる

  もちろん これは 月食の時の 話

    さっ    もう寝ないと 明日の仕事がたいへんだ

      ビール が 上手いんだか   上手くないんだか… もう 味も わからない……



2017.12.26 Tuesday

あの・・  星を 見に行きませんかぁ? 何・? 行かない・・? あ・・そう・・?

  う〜〜ん・・・・

 星を見に 行きたいなぁ・・・・・

  今年は、寒いからな〜〜

 ポータブル の ガスストーブ が あるんで、それで、鍋焼きうどん でも・・

  何・・??  誰も行かない・・??

     いや・・ いいです・・・

  僕んち 二階から 星、見えるんで・・・・

 自分んち なら お酒も飲みながら 観れるし

  「ぼっち」 っていうのも・・  たまには・・ いいもんですね・・・

    (´Д⊂グスン

       

        


2017.12.17 Sunday

プロ と アマチュア・・  どちらも 素晴らしい

 先日から、読んでいる本が 面白くて・・・   天体観賞をする人が 書いた本なんだけど、ご本人は アマチュア なのである。

 僕は 今まで、何に関しても プロの方が、アマチュアより 格段 上である! と信じて生きてきたんだけど、

例えば、プロ の スポーツ選手 なんかを見れば その差は 歴然だと思うのだ・・・

 でも・・天文学の世界では、無人探査衛星ども が登場するまでは アマチュア の 天文家 による 大発見っていうのが 案外、多かったらしい。

  彼ら は、普段は ショッピングモールの店員さん だったり、タクシーのドライバー だったり、床屋さん だったりして、それぞれの職場で働いているのだが・・・

 その給料の ほとんどを、天体望遠鏡や 観測器具を 揃えるのに投資して

 誰に頼まれたわけでもないのに 、最新の 学術書 や 天体に関する専門書を 購入し続け・・  本棚を埋め尽くし、資料を山積みにして 大学教授や 科学者を 超えるような 専門知識を 頭の中に蓄えているそうなのだ・・・

 実際、その事が 好き というのは 恐ろしいもので・・・(笑)

 ただ、好き というだけで、毎晩、望遠鏡で 夜空を パトロールしている。

 一円 の 稼ぎにもならないが・・  その執念 と 集中力たるや 見事なもので、この天球の 小さな 小さな 一粒の点の 変化も 彼ら 彼女らは 見逃さないのである。

  プロ も 凄いけど プロを超える アマチュア って、凄いな!! って この本を読んで 最近、思うようになった。

 そう言われてみれば、武道 の 世界だって そうである。

 プロ の K1 や 総合格闘技の選手だって ある程度の年齢になったら 引退して、芸能人になったり 解説者になったりする。

  でも、町道場の先生方なんか、その生涯の幕を閉じるまで、誰の喝采も 浴びることなく 収入ゼロで、技を磨き、生徒に教え 研究し続ける。

 それを 考えれば、今、この記事を読んでいる 皆さんも 好きなものがあれば、アマチュア として 活躍することが、これからでも 可能なのではないだろうか?

 プロと違って・・上からの なんの 制約も受けず・・・   自由に・・

 アマチュアとして  小説を書く・・  音楽を配信する・・   

    花を デザインする!!

 プロを 凌ぐような 知識と インスピレーション!!

  好きで 好きで・・   研究に継ぐ  研究!   工夫の上に 工夫を重ね

 最後は 浮世離れした 天才エンジニア になるのである (笑)

  この人も 企業や 公的研究所で 働いていない アマチュア の技術者!!   こういう人の事なのだ。

   下手な ブラック社員 より ずっと 頼りになる(笑)

        

   アマチュア は アマチュアで 面白い!!!

  みんな 好きな事があるなら 行動に移してみては どうかな・・・?

  人生変わるかも・・・?

        

 

  


2017.12.13 Wednesday

星空 に 関する 面白い 本を読んでいる

 どこの 本屋さんにも ……   或いは 図書館にも 天体に関する書籍のコーナーが 必ずある。

  僕が 今読んでいる本は まさに そんな 一冊。

子供の頃 天体観測 が 大好きだった 少年 が おっさん に なって 再び 夜空に 癒しを求めるようになる。

   キッカケ は 買い物 から帰り 娘たちと 夜空を 見上げて 過ごした ある 晩から 始まった。

   その日から 家の外で 双眼鏡 を 持ち 星空を眺める 楽しみに 再び 目覚めてしまう。

   それは、真冬に至っても 続いてしまう…

 そうして おっさん は  ある物が 欲しくなるのである。

  風や 夜露 地吹雪 ………   夏は 虫、 枯葉  ホコリ などから 自分を 護ってくれる  シェルター。

   即ち  個人用の 小型の 天文台

  おっさん は 奥さんに ガーガー 言われながら 年老いた 自分の お父さん に 相談する。

 娘たちから 見れば お爺ちゃん。

   その お爺ちゃん は  どんな 物でも 設計して  実際に 大工仕事で 作り上げてしまう 凄い人。

  その お爺ちゃんに 意見を聞き 自分で 天文台 を 作ろうと 計画する。

  シェルター が あれば その中に 固定して いつでも 組み立て不要で 動かせる天体望遠鏡を 装備でき……

 星図や   観測ノート   望遠鏡を 見たい星に向ける パソコン……       その他 諸々の 観測に必要なもの を 常時 置いておける。

  即ち 夢の 部屋  天体ドーム なのである。

 通常、天文に関する本は 学校の 理科の教科書 のように なにやら 難しい 書かれ方をしている。

  しかし この おっちゃん は 物書き の 仕事を しているので  物語風に 夜空の 星座や 星雲 の 旅を  描いてゆく……(笑)

  子供の頃 の 夢……

 天体望遠鏡 も 性能云々 というのではなく あえて 少年時代に 愛用していた 屈折式天体望遠鏡 の発展系のやつ を 備えようと 考える。

  まだ 初めの方 60ページ を 読んだところなんだが  期待で 胸が膨らむ。

 この後の 展開が 楽しみである

   人には それぞれ   星に ちなんだ…    思い出バナシ がある。

 あなた は 満天の星を 見たら   どんな 事を 思い出すのだろうか?

        


2017.10.04 Wednesday

115年前の 人類が考えた 月旅行 の想像が おもしろい

 中秋の名月、札幌は 雨のため見えず。    気温も 寒い・・

今日は、暖かい 室内で 夢のある 話を語りたい。

 どうか、みなさん、気を楽にして、 お酒でも用意して 楽しみながら 読んでいただきたい。

 結構 有名なんだけど、今から、115年前の人達が、当時の 科学力を結集して 人類が 月旅行に行くには どうしたら よいのか?   そして 月に行ったら どういう世界が 広がっているのか? というのを考えた。

  そうして 当時の英知を結集して 力を合わせ 創り出されたのが この作品である

        

 個人的には、月で 疲れを取るために 眠るシーン が好きです。    

   なんだか ドリフターズみたいで・・(笑) 

  あと・・ 会長がすごいよね!(笑)

 この人が いなかったら 一行 は、どうなっていたんだろう????

  会長・・  海に落ちて 大丈夫だったのかな・・?

  この映画は、空想科学、昔の SF 映画なんだけど

   たぶん、会長は、SF ヒーローの フラッシュ・ゴードン みたいな ゴツイ人なんだろうね・・(笑)

        

                 月世界旅行        


2017.09.08 Friday

太陽フレア、北海道 で 低緯度オーロラ への期待

 今日は、見れなかった。   ピークは過ぎたとはいえ、明日もまだ、期待できる。

オーロラが 北海道で 見れる可能性があるのは、18:00 から 19:00 の間。

 北の空の 地平線付近!

  一生に 一度でいいから オーロラ を 見てみたい!

 北海道では、さすがに あの 代表的な グリーンの光を放つ カーテン型のは見られない。

  赤く輝く タイプのヤツなんだが・・・

   それでも 見たいな〜〜

  明日、出ないかな〜〜

  これは、ニュージーランドで撮影された 低緯度オーロラ。   

   こんな感じで、出現すればいいんだけど・・  よしっ!  集中しよう!

 天候など、すべての条件が整えば 体験できるかも・・・???

        


2017.04.10 Monday

もし 晴れてたら月の方を見てごらん! 2017年4月10日 月と木星が接近

 4月10日の夕方から11日の明け方、月齢14の明るい月と木星が接近して見える。スピカも近くに並んでいる。

4月10日の夕方から11日の明け方、月齢14の満月直前の明るい月と木星が接近して見える。

両天体の間隔はだんだん近づいていき、11日の夜明けごろには約3度まで接近する。

近くに見える おとめ座のスピカ を含めた3天体の共演を眺めてみよう。

 しし座 の デネボラ 牛かい座 の アルク トゥールス も 探り当てられるよ。

木星は8日に衝を迎えたばかりで、観望の絶好機だ。

双眼鏡や天体望遠鏡で、ガリレオ衛星や表面の縞模様を観察しよう。

       2017/4/10pm9:00 月と木星が接近

  本日 の曲は この曲!!   どうぞ!

        

        


2017.02.23 Thursday

無人探査機 送れなくは 無い! 39光年 先に地球に よく似た 7惑星! 生命の 可能性!

 今回の この話に限らず、地球外生命体 が、発見されるのは、もはや 時間の問題!

勿論、そうは 言っても 宇宙人が出てきて 「ハイ、こんにちわ!」 というわけではない。(笑)

 太陽系から わずか39光年の距離にある 恒星トラピスト1 。  その周りを、7つの岩石惑星が周回していることがベルギー・リエージュ大などの国際チームによる研究でわかった。

これらの惑星は、大きさ や 質量 が、地球と同じくらいで、表面には水だけでなく 生命さえ存在できるかもしれない。  

 地球と同じ 質量・・ つまり 重さという事は、重力も ほぼ 同じくらいであると 考えられる。

  チームは米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡などを用い、「TRAPPIST(トラピスト)―1」という恒星を観測した。

 半径は地球の0・8〜1・1倍程度で、ほとんどの星の質量は0・4〜1・4倍で岩石でできている ことが解った。

トラピスト―1の温度や距離などから、七つのうち三つの惑星には地表に海があって生命が存在する可能性もあるという。

 ひとつの恒星に こんなに 生命に最適な惑星が 固まって発見されたのには 驚かされずにいられない。

 問題は、ここまで 行けるか? という事なんだけど、 もちろん 今すぐ、人間が 宇宙船に乗って向かうなんてことは 難しい・・

でも・・ 近い将来 無人探査衛星・・  いや・・ 無人探査チップ であれば、送ることが 出来るかもしれない。

 今回 発見された 惑星のように 39光年 とまでは、行かないが・・

 実は今、地球から 4光年 しか離れていない ケンタウルス座α星 の プロキシマb という惑星に 探査機 を 飛ばしてみようという計画があるらしいのだ。

  この星は、映画、『アバター』 の舞台となった 惑星である。

 物語のために でたらめ で、そんな惑星を ある事にしたのだが・・   なんと、調べてみたら 本当に 地球型の惑星が 発見されたのだ。

エクス=マルセイユ大学のチームの発表によると、この惑星は、大量の水に包まれた惑星で、薄い気体に包まれている可能性があるという。

 つまり、この プロキシマb も また、海と大気のある、地球によく似た惑星であるかもしれない という事だ。

  4 光年 は、相当、近い!     頑張れば なんとか なりそうな距離だ!

 飛ばすのは、無人探査機と言っても デジカメなどに使う MICRO SD のように 指先の上に乗るような 小さなチップ・・

 このチップに なんと 4台の カメラ が備え付けられている というのだ・・

 でも、どうやって行くか?    チップの周りに 1m 四方の 帆を貼り 地上から レーザー光線 を照射して 宇宙空間を 飛ばすのだという。

 頑張れば 速力は 光の速さの 20 パーセント にまで 達する。

 もちろん 相当な 費用、技術力 負担がかかるが、 もしも 全世界が、いさかい・・  戦争をやめて 終結すれば・・

 地球上の国々が、総力を挙げて 一基づつ、レーザー発射台を用意して 力を 一つにして 探査機に発射できたら・・・ 

  必ずや その奇跡は 現実のものとなるだろう。 

        

 光の 20 パーセント の速さだから プロキシマb だと、4光年だから 到着するまでに 20年、現地から 映像を電波で飛ばして 地球で受信するまでに 4年。

 探査機を 開発して 実際に飛ばすまでに 20年 (遅い! 明日、飛ばせ!・・ 明日っ!) だから 全部で 44年かかるけど・・

  惑星の 表面に 緑色の 植物の色でも確認できれば、大発見になる。

 だけど、今回の惑星は 39 光年 だから、39年 掛ける 5倍・・?    生きてないな・・(笑)

 もう少し 別の方法を 考えようか?(笑)

  でも、送れることは 探査機を送れるのだ・・   何世代か 後の人類が 確認することになるだけで・・・

 それでも やはり 未来の人類 の 夢の ために 探査機を 飛ばした方がいいだろう・・

  この ブログを見ている 未来の皆さん!   果たして これらの 星々は どんな姿をしていて どんな色をしているのかな?

 そして、生物は いたのだろうか?      ヒューマノイドは・・?    文明は・・・?

  今、地球外生命体が 発見されるのに もっとも 期待が持たれているのは、木星の衛星 エウロパ である。

 この エウロパ の氷の下には 海があると言われている。

 この惑星上 に 探査機を 軟着陸させ、そこから ケーブル突きの 観測ポットを出し 熱で氷を溶かしながら 沈めてゆき 内部の 地底湖 まで 到達させ 水中の様子をカメラで 映そうというのである。

 早く見たいものである。

 また、遠くの星であっても、電波などを発信している 知的生命体が 発見されるかもしれない!

 そうすれば、ワープでも 何でも使って そこの人々のところへ 行きたい と・・  研究も 急加速で進むかもしれない・・

 未来の皆さん!   このブログに 登場する、僕の時代の 周囲の人々は、そんな 期待に 胸膨らませている 素晴らしい 人々なのだ・・

       7 惑星

 

 


▲top