緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.06.27 Saturday

東京の霞光(かこう)と電話で話した

 東京の霞光(かこう)と電話で話した

離れているから そう頻繁に話せるワケではないが、何年かに一度 札幌に来ると武道談義をする

我々の家の近くに公園があるのだが、霞光は いつも 屋根在りベンチの下で 待っている

 まるで、そこが、霞光の札幌での 家であるかのように(笑)

          屋根ありベンチ

 「札幌の実家では もう オレの部屋はない」 と言っていたから 霞光の奴、もしかしたら ここに住んでいたりして・・(笑)

     霞光なら ありえる(笑) こんなふうにw

      

 それにしても なぜ、霞光は、武道をはじめたのだろうか? という疑問を持つ人も多い

私と出会う前から、そうしたものに興味があったとのことだ

 霞光の話した中で、もっとも古いエピソードは、本人が小学生の頃 空手を習っている友達に 「オレを殴ってみろ」 と挑発され 本気で殴ったら、空手の上段受けで かわされ、みぞおちを殴られて うずくまった・・というものだ

 衝撃的だったという (ちくしょう!と思ったそうだ(笑))

 中学の頃は、いつも一緒に学校に行っていたが、話していたのは、バイクの話とかSFめいた事とか だった

一度、霞光がジャッキー・チェーンの「酔拳」と「蛇拳」を見に行ったことがあり その時は、テンションが めっちゃ上がっていた

 私は どちらかというと、当時 ブルース・リーや大山倍達 に傾倒していたw     (父は、柔道をやらせたがっていた)

 本格的に僕らが武道をやりはじめたのは、高校に入って すぐのころ

以来、霞光と私は武道の道を 今まで 一直線に走り続けているのである(笑)

   こんなふうに(笑)・・・↓

      

 今、いろいろと 大変なんだが、霞光は そんな時でも、八卦掌 の站椿を試してみるのだという

   ここまで、コミカルに書いてきたけど 半分は マジである

 人が笑おうと関係ない  霞光よ 奥義を会得して見せてやるのだw

   マジで頑張れよ!!!   俺も頑張る!  また 話そう!!

      


2020.05.15 Friday

交渉 と 熱意・・そして 努力  奮い立つ

 今日は ちょっと いいことが あったかもしれない・・

公表は いつできるか わからないが・・

  とにも かくにも 進み始めた

 昨年暮れ から 今年 はじめにかけて 落ち込んだ ある 一件

 ずっと 気を落としていた

 ほんとうに まだ重たい  一歩一歩ではあるが・・

   ゆっくりと   向かう

  それを見て がんばらないとな・・  と身震いする

 負けてられるか   まだまだ いくさ は長い!!!!!!(笑)

      


2020.03.31 Tuesday

少林寺の先生の要望で 自転車を買って届けたのだが・・

 昨日の話だ  中古自転車屋で 少林寺の先生に 頼まれていた中古自転車を買って お届けした

予算が、3000円と言ってたんだが、ギアが付いて カゴも 荷台も付いていたのが 3500円であったので それにした

3500円プラス消費税、それに 車体番号の登録料が650円で 4000円を超えた

 それに これは、自分からのプレゼントなんだが、100均で 鍵と外に置くのにかけるカバー と 電池式のライト 荷台用のゴム紐、雨合羽 を買って渡した

これで しばらくの間(母が 新型コロナのワクチンをうつまでの間)耐え忍んでいただくしかない

 先生は 後日、お金が入ってからでいいか?  というので

  いいですよ  お金は いつだって いいですから・・ と言って渡した

 その後 先生は、その自転車を ワゴン車の中に入れようとしたのだが、バッテリーが切れて 鍵が開かなくて・・ドアが開かない

 今度、また 来て、バッテリーをつないで ジャンプしてほしい と またいい出した

   とにかく、私は 母がリュウマチで高齢であるのと 自分も 潰瘍性大腸炎で、自己免疫抑制剤を使用して治療していることもあり、しばらくは、人との接触を 可能な限り 絶たなければならないので

 車のジャンプは、別の 健康な お弟子さんにお願いしていただきたいのである

  自転車なんかは もう 車で送り迎えできないので お金なんか返って来ないんだろうなと この時、感じたのである

   返すって 言うとは思うんだけど、すぐに払えないような状況なのに・・受け取れないよ・・それは(笑)

 ・・で 自転車の話だが、先生が 試しに乗ってみると    しばらく、乗ってないものだから・・たどたどしいのである

   怪我しそうな気もするのだが・・怪我されても これ以上は、どうしてあげることも出来ない

 そこからは、それこそ、先生の采配に おまかせするしかない

   そういえば、小学校のころ、クラスにNAKATA という奴がいた

  NAKATA は 当時、憧れだったドロップハンドルの自転車に乗り転倒  両腕を骨折した

 ドロップハンドルの自転車というのは、今の ロードバイクのことで(当時はマウンテンバイクもBMXも無かった)

  それから しばらくは、ドロップハンドルを恐れて、みんなでセミドロップの自転車に乗っていた思い出がある

 練習する って言ってたんだが・・

  自分も 足を折って 足首を手術でバッツリ切り開いて 金具をドリルでねじ込んで固定して縫い合わせて

  そんな状態で、すぐ駈けつけて 練習を指導した

 先生は、先輩に お金を貸していて 3月になったら 車検を取るから それまでは・・  ということだったから それまで 何としてもと 必死で手伝った

  骨折して ネジで固定している状態でだ・・

 ここまで、なんとか支えた

  コロナが流行しだし、先生が熱を出していた時だって 車に乗ってから言われて 僕まで感染してしまって・・ 今も母は大丈夫かと心配な状態である

   区役所にも車で 連れて行った   銀行に行ったり、買い物にもよった

  自分の家の買い物も その時の時間に合わせてした

 自分のできる限りの 武徳は 尽くしたと思う

 明日からは 4月である

しかし、新型コロナが蔓延しだし、世界が こうなってしまったのでは仕方がない

  とはいうものの あの道院は、協力してもらって残してもらったらいいと思う

 生活を守る会に連れて行こうと思ったが それはいい・・ と言ったので それ以上は どうしょうもない

  あとは、子供たちが 可愛いかったから・・  

新しい講師の先生を探しましょうと 言ったが、それは、僕の立場でやってはいけない ということで きつく 止められた

  さて、どちらにせよ 私は、自分と母の生命を守らなければならない

 ワクチンが完成し、うったら また、ご連絡させていただこうと思っているが・・

 しかし、もし、逆に 先生が いなくなって(引退して) 若い人たちが継げば、僕は 戻らない方がいいんだろうなぁ・・

   コロナが無ければ、  あるいは、母や僕が 持病を持っていなければ 今とは違う将来もあっただろう

  う〜ん・・・    仕方ないではないか・・・

   子供たちを もっと指導してあげたかった・・

   でも、先生は たぶん大丈夫だと思う   

         

    

   

 


2020.03.23 Monday

少林寺拳法の講師を しばらく出来ない件を伝えた・・のだが・・

 自分は 潰瘍性大腸炎なので 免疫抑制剤を使っている

母は 高齢で なおかつ、リュウマチの治療を受けている

 母の場合、医師からは もし、新型コロナに かかったら死にます

との宣告を受けている

   自分は、間違えても 新型コロナに感染したくない

 母には、残り少ない余生を もっと・・  もっと 楽しく過ごしてもらいたい

  去年、10月、2度目の大怪我をしたとき(同じ右足) 

 その後、母と夕食を食べに行く 予定だったのだ

  レストランへ行く準備をして 楽しみにして待っていた母の耳に入れたのは

   私の骨折の知らせだった

   その話については、いつか話せる時が 来るかもしれないが・・

  今は それどころではない

 少林寺の方も  このまま・・ というわけにはいかない

  私は 練習には出られないし、外出を自粛するようにしなければならないが

  この道院は 後世の人たちのために残した方がいい

 誰か・・少年部の講師の先生を探さなければならない

  ワクチンが完成して 母に投与される その日まで

 明日は、練習に出る

  風呂を沸かして出て・・  帰ったら 練習着や 着ているものを すぐに洗濯機に入れ回し、風呂に入る

 でも、残された先生はというと   おそらく このあと大丈夫だと思う

   先生は 大丈夫だ

  それよりも、次世代の 若先生

 あの二人が何よりも 優先だ

  二人とも頑張ってくれ・・・

    きみたちは 未來への希望だ

   なんとしても 若い人たちに 繋げなければならない

 そうなると、私は 今 抱えている問題を 全部 背負い 見当はずれの方向へ走り

   一人で 引きつけた方がいいのである

   来い 来い 来い  こっちだ  こっちだ

        


2020.02.20 Thursday

成り行きで 少林寺拳法の臨時講師を やっているのだけど

 現在、脚を骨折していて治療中である  なのにも関わらず・・いったい 自分は何をしているのだろう?

一昨年の暮れか、昨年のはじめだったと思う・・、柔道で右足の怪我(一昨年9月頃)をしたのち まだ不自由していたころだった

少林寺の先生から あれから どうしているか? という電話が来た

 聞くと シニアで頑張っていた方も ピアノの先生も 練習をやめ なんだか寂しいからよう・・  という内容だった(笑)

でも、その時は まだ 本当に足が痛くて復帰することは出来なかった

 それで、その後、春頃からリハビリを兼ね 大道塾のジムに僕は行くようになった

無理をせず 少しずつ単独で トレーニングしていたのだが、そんなある日、気になっていたこともあり 少林寺の方を尋ねてみた

 すると 講師の先生が誰も いなくて、先生そのもののテンションが底をつき 「こんなもん(少林寺なんか)何の役にも立たねぇ!!」 なんて吐き捨て言っていて (笑) もう 風前の灯のような状態になっていた・・(笑)

ここ数年、例のピアノの先生の一件で 先生の当たりが激しく とても とても 練習がやりずらくてw 困ったものだったんだが・・(笑) 

  ここは、自分にとっては 消滅させたくない拠点

 20年以上前にも通っていて、馴染みも強いし、少林寺拳法そのものは、別の支部で 高校生の時から霞光(かこう) と通っていた 青春の思い出がある武芸であるし、少年部の指導を お手伝いさせていただくことになった

  ところがである それから しばらく講師を続けていると、今度は、ジムの方で 奇妙な転倒をして 右足を骨折して入院する羽目になり、手術まですることになってしまった。

 退院したのが 11月の中旬で、これでもう 痛くて 半年は行けないような状態だったのだが、その頃、少林寺の道院の方は大変な危機に見舞われていた

  まず、先生の足の持病が悪化   それから 車のバッテリーが切れて、ご自分の家の灯油も運べない状態に・・ 

  そこで No2 の先生、 Hさんも インフルエンザで ぜんぜん 来れないし、若き 次期道院長候補である 若先生 T君も その日は来ていない状態で、先生も足が悪いものだから・・  僕も 手術してすぐの状況だったのだが・・ こともあろうに、骨折中で手術直後の僕が 子供たちを指導する羽目になったのだ

  信じられるだろうか・・?    立つことも ままならない状況でである・・

  そのうえ、先生は 僕の入院中に ある致命的ともいえる状況に陥ってしまっていたのだ

 致命的な状況というのは、20代のころにお世話になった恩人に お金がないのに ニ百万円ほど お金を貸し、3月まで車の車検が取れない状態だ との事で・・

  これって、完全にアレじゃない? 例の系列のトラブルなんじゃないのかな?(笑) って思ったんだが・・

 そうであろうと なかろうと、とりあえず、飛び込んで 片足を引きずりながらでも 指導することにした

    ここは 覚悟が必要だ

   別に何か騒ぎを起こす気もないし  いろんな人が来てもいいと思うし

 ここの道院は それぞれの立場、所属の壁を越えて 皆で存続させ、自他共存、自他共栄の場にした方が よいと思ったのである

  それで、僕以外の講師の先生が決まったら 僕は退けばいいのだから・・・

 どちらにせよ 僕にも将来の事があるから こんなことを ずっと続けられるわけではないのである

   とにかく、先生が車検を取るまでは と思って、片足で踏ん張り続けて、車による送り迎えをするようになったんだが、そのうち先生は 稽古の行き帰りに 銀行まで走らせて通帳から お金を引き下ろしたり、灯油タンクを持参で車に乗り、スタンドに灯油を買いに走らせたり、買い物に西友まで車を走らせるようになった。

 さらに先日、稽古にまったく関係なく、区役所まで 連れて行くことになったりで

その後、結局、貸したお金は、 現在のところ1/4 しか返ってきておらず、3月にも車検は取れないことを僕に告げ 永久に 僕の車を使い、僕が少年部の講師をやり続けるような雰囲気になって来ている

 ・・・で僕が 最初から言っている通り 就職の準備をすることと いずれは、就職を目指している という事を告げると

 子供達や お母さん方に向かって ほら、みんな ちゃんと やらないと この先生 辞めるっていってるぞ! みたいなことを 大声でいうものだから仕方がない

 NO2 の H先生は、長年の苦労の蓄積が体に出て、3月に手術するということになったし・・

 僕だって脚の治療は 正確にはまだ、どうなるか解らないうえ、これからの仕事の事や  多くの人が指摘してくれるよう今後、職場で ある種の圧力がかかるんじゃないか? という不安があり・・

  さらに土地の問題だってあるし    持病の事もあるわけで

 不安でもあるのだが・・ただし、そんな時だからこそ、週に二回くらい 少林寺を教えに行くのは、かえって気分転換になっていいという気持ちもあり・・・続けてはみてるんだが

  そんな努力も功をなしたのか 子供達も やっと全員 道着を着るようになり(それまで道着を着てない子も結構いたw)、前向きに練習するようになってきたところである

 どうなるのかなぁ・・?   親御さんは大会に子供たちを出したいという意識も高めて来ている

  良い方向に向かっているのも確かだ

   そして、ちびっ子 と接っする事が楽しい自分がいるのも事実なのであるww   新しい発見だった(笑)

 日本は今、古来から伝わる武道の秘伝を すべて失伝しかねない危機に直面しているのだ

   継ぐ人がいない  

 極意を 欧米人が継承している体たらくだ(笑)   欧米人の方が その素晴らしさを理解している状況なのだ

 全部、外国に 持っていかざるを得ない有様だ

  少林寺拳法の 子供向けの教え(技)は、実際には火を吹かない モデルガンのようなものだ

 でも、うちの先生の教え・・うちの支部の教えは、例えば 運歩法や 体(丹田)の向き、先(せん)の取り方などが、のちのち 本物の崩しや 投げに使えるように注意がはらわれている

  この子たちの中で 誰か一人でもいい、武道に本当に興味を持った子が、将来、このモデルガンが 改造できるように最初から作られていることに気が付いてくれれば本望である

  失われつつある 秘伝を 少林寺の練習方法の中に隠すのだ

 私は信じている   この子たちの中に いつか ヒントを紐解く救世主・・  選ばれし者が現れることを

  でも・・   そんな難しい話は抜きにして 子供たちと接し、この道を行くのは楽しい

 ほんと  大会に出られるといいねえ・・(笑)

  いつか 羽ばたいてくれよ  絶対に

 日本の未来を作るのは、君たち若者に与えられた権利なのだ

        


2020.01.28 Tuesday

いじめられっ子の兵法  三十六計逃げるに如かず

 宮本武蔵 の記した 『独行道』 の中に「三十六計逃げるに如かず」というのがある

「三十六計逃げるに如かず」 は、中国の『兵法三十六計』(へいほうさんじゅうろっけい) に登場する 最後の策 

兵法三十六計 は 六計六組の配列で 三十六の策が書かれているものだそうだが、最初の方が味方の有利な策であり、後になるほど、自軍が不利な立場の策略となってくる

 その中でも もっとも劣悪な もっとも 心細く情けない事態に追い込まれたときに適応されるのが これにあたる 

走為上 - 勝ち目がないならば、戦わずに全力で逃走して損害を避ける。 

 今後、そのような事態に晒されることもあるだろう・・

 「さぁ・・  これで あなたも 強くならなければならないぞ」

   「そうなんだよな それで自殺する奴もいるんだよな・・」

  なんと優しい言葉だろうか

  さあ・・  ここからは辛くなる

   何もかも さらけだして 垂れ流しになって生きる

   絞り出すような声で泣き始めることもあるだろう  それを見て ドッと笑われても

  ひん剥かれて  恥をかかされ   針で絶え間なく 突つかれて  集団で標的にされても

  生きろ   生きろ   生きろ

    最期の瞬間まで 力いっぱい生きろ

  そうした・・  もっとも 微々たる・・ 心許ない最後の兵法である

         

 

 

 

 


2019.12.04 Wednesday

考え方 (2) ヨーガ(Yoga)

 「霊的な」身体技法として インドのヨーガ(瞑想)と中国の気功 を二つの大きな流れとしてあげることができる

この二つの 考え方は、互いによく似ているものの

  生と死 についての目標は まったく逆、 正反対 であるといえる

ヨーガの目的は・・・輪廻からの解脱、つまり正しく死んで二度と生まれ変わってこないこと

気功の目的は ・・・不老長寿

 ヨーガとは サンスクリット語で「結合」「統御」を意味するもの

大きく分けると 古典的なヨーガと密教的なヨーガ の二つが 存在するといわれている

世界史 中世 西方よりイスラムの影響が強まる中で、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教が、そろってタントリズム(密教)という新しい方法を発展させた

 多少のリスクをおかしてでも、より早く解脱の境地に至れるように、身体的、とくに性的な行為をつうじて瞑想を加速させる方法が開発されていったのが 密教的ヨーガだ

        

 ラージャ・ヨーガ(古典ヨーガ)・・・パタンジャリ『ヨーガ・スートラ』(西暦2〜4世紀)

 ハタ・ヨーガ(密教的なヨーガ)・・・スヴァートマーラーマ『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』(16世紀)

ヨーガの中で 重要視されるもの → チャクラと丹田   

 目的とされる究極の境地 → 解脱(モクシャ)、三昧(サマーディ)

 解脱とは・・解放、悟り、自由、放免を手に入れた状態

      ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教、シーク教において様々な形で語られる

      解脱を果たしたものを解脱者と呼ぶことがある

三昧とは・・日常的な精神活動を停止させ、欲望や時間を超越した状態

      感覚や欲望の主体である自我の働きを消り 輪廻の主体である自我 を消し去る

私たちが 一般的に「ヨガ」「ヨーガ」という場合、それは、ハタ・ヨーガの、それも第一段階のアーサナの部分を指す と言われている

 ハタ・ヨーガには四つの段階がある。

  1.アーサナ(体位法)

  2.プラーナーヤーマ(調気法)

  3.ムドラー([封]印)

  4.ディヤーナ(瞑想法)

 とはいえ 1〜3は 4の瞑想 を効率よく行う ための準備体操であり、瞑想の効果を高めるのに積極的に身体を動かす方法が準備されているところに、密教的なヨーガの特徴がある

   ヨーガの種類  ←  興味のある方はクリック

 その後、ヨーガは 目的と求める効果により 世界中で様々な多様化をみせている

        

 

 


2019.12.01 Sunday

考え方 (1) 禅(ZEN)

  今、我々の世界は、頭の良いものが 頭の悪いものを騙して 吸い上げれるようにシステム化されている

いわゆる 勝ち組 と 負け組だが・・   実際には勝ち組も 将来的には 孤独だったり 病気になれば痛み 苦しみにさいなまれる

 世界中の優れた宗教、優れた 教えに共通して言えることは、人間は 皆 悲しく 苦しいものなのだ・・ という事だ

  じゃあ  どうすればいいのか?  というと、一番 簡単なのは、いざ 苦しいときが来るまで 考えなければいいのである

 そのために人間は、ドラッグや麻薬に走ったり、狂喜したり、人と競争して優越感を楽しんだりするのだろう・・

  お酒を飲んだり、カラオケで歌ったり、スポーツを楽しむのもいいだろう

 だが、自由を奪われたり 様々なハラスメントを受けたり  大きな愛を失ったり  抗ガン治療などで苦しかったり  いよいよ死の宣告を受けたり

   そんな時に どう絶望しないか?

 それは、考え方によって それぞれだ   瞑想、呼吸法、宗教への信心であったり、念仏であったり

  なんだかんだで、結局は僕の大嫌いな「あきらめ」 という事が大切になって来る

 悲しみは、必ず来る   寂しさは、必ず来る    将来的には、結局はあきらめる っていう自分もあるのかもしれない 

   それに耐える自分を鍛えて作ること と、   まずは、素っ裸の弱い自分と向き合えるかどうか?

 この世の中の すべての しがらみを 切り離して   今日、自分がもし死んでしまうとしたら 何をすべきなのか?

  常に向き合う事   いや・・ 余計なことは 一切考えないこと

   24時間 一瞬たりともだそうだ・・・が・・

 そんな精神レベルに達するのに すっごい年月がかかるだろうし、

 今すぐになんか 出来るもんじゃない(笑)

  でも、一日の内に 数分、数十分レベルなら 瞑想や 呼吸法、座禅でそうした 苦しみを和らげられるだろうか・・・?  

 もちろん その他の精神修養や 信仰や 哲学と兼ね合わせて トレーニングしても かまわない

  瞑想する 座禅を組む 

 その結果、何点かのメリットが 仕事や気持ちに現れるのだとか・・  現れないのだとか・・

       


2019.10.29 Tuesday

格闘技に屯田制? 柔道と空手のハイブリッド 空道

 空道(くうどう) は、空手と柔道のハイブリットで、安全面を優遇し防具を採用した新しい武道

防具とグローブを付けることにより女性や少年少女、会社で働く ビジネスマンでも 怪我をせずに安心して練習ができるようになった

もちろん寝技にも対応できる格闘技だ

 だが、護身術という面から相手が複数人である事態も想定し、全体的には立ち技を主体として構成されている

 また、幕末、活躍した武道も 打ち込み主体の薩摩の示現流と、もう一つ対照的な流れ 北辰一刀流などの防具や竹刀を採用した流派だったことを考えれば、防具を取り入れた練習は実戦に役立つはず

現実社会では、背広や制服、私服を着ていることから つかみ合いからの投げ なども考慮に入れ、道着を採用した

 その現実的な特性からか、現在、なぜか ロシアにおいて 凄い人気の格闘技

  町道場において そこの教え方が魅力的であるかどうかは まず 子供たちの目の輝きを見ればハッキリわかる

        

 空道の創設者 東孝(あずまたかし)は、極真空手 出身の武道家で、高校時代は柔道をやっていた

革命を起こしに東京の大学にやってきたが、どうも おかしな事になってしまったようだ(笑)

酒が大好きで、楽しそうな人物  

   空道が 出来るまでの道筋

        

 僕が 東孝を はじめて知ったのは、極真空手の 第二回世界選手権大会で、背の高い 外国人選手を相手に奮戦していた姿をTVで見てからである

 このとき、技師 ハワード・コリンズと戦って勝ったところも見たのだが

  今日は、違った試合で  極真の重戦車 中村誠(なかむらまこと)との一戦を ご覧いただきたい

        

 

                空道


2019.10.09 Wednesday

少林寺を教えてる ちびっ子が・・おそらく喧嘩に使ってて 落ち込む

 少林寺を教えてる子 は、みんな ヤンチャな子供達で

そのうちの 一部の子が、教えられたことを 喧嘩に使ってる 疑いがある

 「喧嘩に使ったら もう 教えないぞ!」 とキツく言っているので 「喧嘩してない」と バツの悪い ズルそうな顔をして言う(笑)

 兄弟で殴ったから 喧嘩じゃない・・ と言い張る

一度目は、顔に 青たん を作ってきた

二度目は、指にテーピングを巻いてきて、今日は練習しないで 見てる  と言って、自主的に謹慎処分(笑)

 たぶん、親に そうするように言われたのだろう

    何と 教えればいいのだろう・・

武道は、戦う為の術ではなく、戦わぬ為の術

  う~ん  小さい子への説明が難しい    困ったな・・・

        

  怒った人を 止めるには ある程度 力と 強い意志が 必要だ・・  というか・・

         

 道場に通う ちびっ子たちも 若者になった時 法改正で 徴兵されて  戦場に行って  殺し合いをするのかなぁ

そうなった時、「先生の言ってたことは 違ったよ・・」 って思うのかなぁ

  無力さを感じずには いられない・・・


▲top