緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.06.20 Wednesday

久しぶりに 『五輪の書』 調べてたら メッチャ 生きる闘志がわいてきた

 武道のことで 解らない事があって。宮本武蔵の書いた 『五輪の書』 を さっき読んだ。

  たしか・・ 火の巻 の 「三つの先」と 「枕を抑えるといふ事」 というところだったか・・

 これを読むと、少林寺で 学んだ 「三つの先」 と、武蔵のあげる 「三つの先」 は、 コレ 違うものだな・・ という 疑問が浮かび上がる。

  『五輪の書』 の方が すっごい程 精神面のコントロール が 書き記されていて

 進むも 退くも  空かすも 合わせるも・・

    腹の底では 燃えたぎり! 相手を 制圧しながら 動作を行うのである。

  そして、それを 表面上に 出していく場合と  ポーカーフェイスで隠して 騙す場合とがあって

  でも・・  その すべてにおいて 心の中では、相手に 先んじているのが 武蔵が 残したかった 兵法だったのだ。

 気持ちなのである!!!!

   結局、気持ちなんだな  っていうのが 解ってきた

  それが、動きと リズムに合わせて、 それ相応の 決まった 気持ちを作って 自分も相手も 精神的に コントロールして 斬り合いに活かす。(歌謡曲と似てるかも?(笑))

  そのコントロールが 書かれていて  それを読むと

 武蔵は、ひじょうに よく、普段の訓練で、心 を 強く・・ そして、静かにも激しくも 動かせるように 鍛えているな と驚かされるのである。

  すごい!!    別の意味で 今日読んで 良かったよ (笑)

   この曲「FIVE RINGS」・・・は 宮本武蔵 の『五輪の書』 の曲    

        

 


2018.03.13 Tuesday

合気道 etc ・・・・イザ となったら、レスリングみたいに 力ずく で投げれる ってことも忘れずに!

 大東流 や 合気道、八光流・・  少林寺拳法・・ 現在修行中で、技が まだ 未完成な場合・・

  それでも、護身術に 使える方法が あると思います。   

 もしも 有事の際・・  途中で止まって 技がかからなかった場合・・  あるいは、技が 流れてしまった場合・・

   レスリング か、柔道か プロレスみたいに 足を引っかけたり  無理やり殴りつけたり 体当りして 体を浴びせるなどして、暴漢を組み伏せる!

 その為に・・  まだ、完全に使えないうちは 筋トレなどして 身体を鍛えて 力強くしておく 人達が います。

   特に 海外で、合気道を やってる人には、そういう人も 多いようです。

  合気 なんか 使えなくても 力で 乱暴に振り回せば、技は かかるって事です。

   それでも 失敗したらですね・・  柔道の 大外刈りみたいに 脚を ひっかけて・・片足で ケンケン して ついていって しつこく 根性で 倒すのです。

  また、それでも 駄目なら 平手で、鼻っ柱 を ビタ〜〜ンッ!! って 叩き倒しても いいんです。

 途中から、プロレスの ボディースラムに 変えても構いません!!

   腰で 投げても いいんです。

   「力ずく」 っていうのも 有効な 最終手段だ・・ っていう事も 忘れないようにしていきたい と思います。

        

  こうしてみると、海外の合気道 って、激しいですよね。

 阿部正 (あべただし) さん とか・・  海外に 最初に 合気道を広めた人たちは、相当、荒っぽく指導したみたいですね・・

 海外に限らずとも ですね、武田惣角 (たけだそうかく) さん、 植芝盛平 (うえしばもりへい) さん の時代とか 合気道創成期の頃とかも・・  ホントに 壮絶な あら稽古 だったんだそうです。

  特に 植芝盛平 さん なんかは、北海道の 開拓者で 当時は、ブルトーザー も ダンプカー もなく、馬と人力だけで 木を切って 切り株 を 引き抜き・・  土に びっしり埋まった ゴロゴロした 巨大な岩石を とりのぞき・・ わきに 積み上げ 畑も 人馬のみで 作って行ったワケで・・・

  人馬ったって、馬に引かせて 人間は どでかい スキを 抑えて掘り起こすわけであって・・

  合気道の 知ってる先生と 話したことがあるんですけど、当時の 北海道開拓民 の 筋肉って、今の プロ野球選手とか アスリートが 付けるような マシントレーニング で 付けたような 科学的な 効率のいい筋肉と ぜんぜん 違うって いうんですよ・・

  昔の 農家の お爺ちゃん、お婆ちゃん って、手の平の上に 真っ赤に光って燃えてる キセル・・ つまり タバコの火を を落として、コロコロ って 転がして 遊んで見せてくれたらしいんですが・・・

 プロ野球の 強打者って・・  掌の上に タバコの火 落しても 火傷しないくらい、手の皮 って 厚いでしょうか?

  まぁ 出来るのかもしれないですけれどもね・・・

 植芝盛平 さん を はじめとする 当時の開拓者たちは、体格は そんなになくとも 今の 医学だとか 常識を 覆すくらい 身体の力が 強く 鍛えられていたようです。

   しかし、大東流系の 武道をやるにあたって、必ずしも 力が強い っていうのは、いい事では、無いようです。

        

 合気道は、力を入れる 屈筋じゃなくて 脱力した時に 無意識に使っている 伸筋の方を 多用する武道なんで、あまり、筋トレとかを するのは よくない っていう方もいるんですよ。

 植芝盛平さん も、合気 を 会得するまで 意外と苦労したみたいなんですよ。

  僕、昔は 植芝盛平 さん の事を ずっと 武道家として エリートの道 直行! みたいな人 って、思っていたんですが・・なかなか それが、上手く行かなかったようで・・

  その話を聞いてから ますます 植芝盛平 さん に 好感を持てるように なったんです (笑)

 身近に感じるようになって・・

  で・・  最後の方は 皆さん ご存知の通り 真の達人になっていくワケなんですけれども・・

 とにかく、今日の この話・・  イザとなったら 力ずくで 技を掛けちゃおう! っていうのは、うまく、出来ないうちの話であって・・

   10年とか そのくらいは・・ 身体を鍛えて 腕力 を 使っててもいいんですが・・

  その間も、力まない 本来の 技術を磨く練習を ちゃんと していった方が いいと思います。

  その方が 歳をとってからも 使えるみたいだし。

   有事の際の あくまでも ひとつの 方法 として・・ですね   力ずくっていう手もあるゾ! と・・・

 今回は、このくらいに しておきます


2018.02.04 Sunday

ブラジリアン柔術 の 道場に お花を下げに行き 練習を見学させていただいて来た

 先日、ブラジリアン柔術 の 道場に お花を 届けに行って、今日、スタンドの脚 と 看板 を回収しに行ってきたんですが・・

お客様に 勧めていただいたとおり 見学して来ました。

  配達が 結構 あったり、それに 小樽の親類の漁業部の 方が 亡くなって そっちの方の 葬儀スタンド も用意することになったりで 忙しくて、 最後の方の 10分程 だったんですが、少しは見れて とても 楽しかったです。

  今日は、その ブラジリアン柔術 の 事について 少し 勉強しましょう。

 昔、前田光世 (コンデ・コマ(Conde Koma))っていう 日本人柔道家 が、プロレスラーなどと 戦った経験をもとにして あみだした 技術 を ブラジル に移民したのちに 教えていたんですが・・

  それを 教わった 兄から 教えてもらった 弟 ・・ 身体が小さくて 喘息持ちだった エリオ・グレイシー っていう 弱い子が、体力や 力に勝る相手から 身を守って 勝てるように考案した 寝技主体の 技術。   

 いわゆる これが、グレイシー柔術、すなわち ブラジリアン柔術 です。

 寝技(ねわざ) は、才能や センス に関係なく、100% 練習量 が 雌雄を決する技術 といわれていて、そのため 女性 や 高齢者 でも 経験を積めば 筋肉隆々の 屈強な男を 手玉に取ることが 可能 とされています。

    実際に 見たほうが 早いですね   

        

 ご覧のように、どんなに 怪力で優っていても 寝技を身に付けていない人は ただ、暴れてるだけで まったく 対応できないわけです。

 寝技を ちゃんと練習して、やるべきことが 解っている 女性の方が 有利になっていってしまう。

 そのうえ こうなってくると、女性の方が 身体が柔軟な人が多いから まるで 蛇・・ 獲物に巻き付いた アナコンダのように だんだん と 相手の体力を 奪いながら 呼吸を苦しくしていく・・・

  そうして、寝技に 対応が出来ない 男性の 腕、首・・腕、首・・ と 次々に 狙いを移し 最後は首を絞められ 気絶させられてしまうか・・・    それとも 関節や骨を 破壊されるか・・  ポンポンポン と叩く タップアウトをして 降参させられてしまうかの いずれか、ひとつを 選ばされることになってしまうのです。

 女性が男性に 格闘して勝つなんて 信じられないかも しれないんで、もう ひとつ 見ますか??   

 ここ 重要なんですよ!   (凶暴な暴力含む)腕力 の問題 だけじゃない っていう ところ が・・・

        

 力じゃないんだ! と・・   技術と 経験なんだと・・   そういう事なんですよ。

 しかも こう見えて 以外に安全なんだそうです・・    寝て戦うから・・・

  その為に、運動不足の オヤジでも・・  女性でも 高齢者でも 子供でも  素人から レベルに応じて 始められる! って言うんですよね。

 その他にも・・  今現在 寝技を持っていない 武道、闘技 を やっている人が いるとするじゃないですか・・?

  例えば 空手、ボクシング、合気道、少林寺拳法、ムエタイ(キックボクシング) など・・・

 そういう人たちが、万が一のために、寝技にも 対応できるようになりたい と・・・     今のままなら 寝技に持ち込まれてしまったら 手も足も出ないと・・・

 そうした狙いで、自分が 修練している 武道の他に 補助的に ブラジリアン柔術 を 取り入れる人も 増えているそうです。

 ちょっとでも 寝技を学んだことがある人と、無い人では もぅ 対応の仕方が ぜんぜん違うようですから

        

 そんな こんなで・・  今日は、もう一つ 駄目押しで 動画を載せます

  はいっ!  今日の 復習です。  問題を出します! 

 寝技は??????    寝技は 何によって 雌雄を決するんでしたか ??     

 そうです!!   寝技 は、才能や センス に関係なく、100% 「練習量」が 雌雄を決する技術  でしたね。

        

  えっ? この動画、最後に おっちゃんが 首を絞められて 画面が暗くなって消えたけど、あの おっちゃん は、どうなったか? ですって???

   聞くところによると・・ 首を絞められて 目の前が 真っ暗になった後・・・

  綺麗な お花畑 が 見えるんだそうです。(笑)

   そして、その先に 美しい 川 が 流れてる らしいです。

さぁ・・ その川を渡るかどうか・・?    それは、あなた次第です・・・(笑)

 

   

  


2018.01.21 Sunday

霞光 気空術 で 再び 武道デビュー

 昨日、お寿司を お客様から ご馳走になって、今後は、生活習慣を変えようと 早く寝ようと思っていたのだが

  夜中の 12時過ぎ・・  東京にいる 武道ヲタク の 霞光(かこう) から 急に 電話がかかってきて

 いきなり、「オレ も ついに デビューしたぞ!!」 という・・

  霞光 の話によると とうとう 気空術 (きくうじゅつ) の 講習会に 行って、講習を受け、懇親会にまで行って 一杯 やってきた! らしいのだ。

   「おめでとう 霞光・・  オレは眠たい・・・」 

  極真空手を やっている 年輩の方も 練習されていて、気空術を使って 大会にも出たいと言っていて、その他にも 柔道を 習いたがっていて・・  気空術を 実戦の中に取り入れたい という方がいる。 という・・・

  その他にも いろんな人がいて  いろいろ 習ったようだが・・

   「そうか、霞光・・ オレは、今日は 眠たい・・・」

 なんか・・さすがに・・  興奮気味で (気持ちはワカル・・)

  そんな 問答を 繰り返しながら 1時間以上も 話を聞いていた・・・

  なんか、記憶も 朦朧としているんだけど・・(笑)

 とにかく、霞光 おめでとう!!!

  武道に 復帰した 霞光!!!   霞光 は、こう でなきゃ!!

 ガンバってね   霞光 (笑)

        


2017.12.18 Monday

事故、氷上・・ 「受け身」 を 覚えると 骨折する確率が グンと少なくなる

 受け身 って 凄い 面白い。   武道や 格闘技 を やる人が まず、最初に 練習するのが 受け身なんだけど・・・ まず、受け身が出来るようになると、転ぶのが 恐くなくなります。

 まぁ まぁ まぁ・・ 真面目な話なんで ちゃんと聞いてください(笑)

 サッカー とか ラグビー みたいに 相手が 自分を突き飛ばすような 勢いで ダァーーー!! っと 突進してきた時や 本当に タックルされて 転ばされた時、氷の上で 滑って 転倒する時。   ぜんぜん へ でも無くなります

 それで、僕が勉強した ところでは 受け身には やわらかい 「柔の受け身」と 比較的 固い動作の 「剛の受け身」があります。

 「柔の受け身」 は、達人を目指す 上級者向き。   「剛の受け身」 は、初心者 から 達人まで 老若男女を問わない 誰にでも 習得できる 安全性の高い 受け身です。

 ここでいう 「剛の受け身」 に該当するのは、 柔道、レスリング、合気道の初中級者、少林寺拳法 etc などですが、競馬の騎士・・ ジョッキー っていうんですかね・・?   もう 引退したけど、武 豊 (たけ ゆたか)さん みたいな・・

 そうした人たちは、落馬した時のために 柔道 の 受け身 を 全員 練習するんだそうです。

 どういう 受け身 か? と言うと、例えば 前回り受け身 を 例にとると・・・ 手、腕、肘、肩 背中で 円く 弧を作って 斜めに スムーズに 地面を回転して 衝撃を和らげる 受け身です

  柔道 の 前回り受け身。   高いところから 落下しても 衝撃を 上手に吸収できるようになる。   

 出来るようになると 恐いどころか 楽くなる (笑)

        

 あの、ひとつ重要な事を 記します。

  受け身 っていうのは、上級者向きの 高度なほど良い!!  ということは、絶対に ありません!!

  お子さんでも お年寄りでも 誰でも、簡単に出来て 何よりも 大切なのは 絶対に 怪我を防げる! という事なのです!!

 その為に 重要な 約束 事 があって、それは、首から上・・特に 頭部を 絶対に 打たない! という事です。

  また、受け身は、こう見えて 相当な 重量・・衝撃に 耐えられるようにできています。

 例えば、柔道の 前受け身・・  さっきのは、前回り受け身 で 今度は 前受け身・・ と 似ている名で ややこやしんですが、

  この 前受け身 は、前に倒れた時に まず自分の体重を支え・・  その上に 試合などでは、相手が かぶさって来て 押しつぶされますから、その体重を支え・・   更に その際、わざと ボディープレス をかけ、相手を押しつぶして 撃破しようとする選手もいるので その加速力などを 計算すると 500kg くらいの 重量が かかるんですけれども・・  そんな 衝撃力でも 怪我から 身を守れるように出来てるんだそうです 。

  前受け身 は、500kg の重量が かかっても それに 耐えることができる!!

        

 さて、次に 達人、上級者 向きである   「柔の受け身」 ですが・・  これは、一般の方々に 僕は あまり お勧めできません。

 何が 上級者向き なのか? と言うと、こうした動きは、地面に倒れた後も すぐに 反撃体制に 移れる 造りになっているんです。

 「柔の受け身」 に該当するのは、古武術、合気道の上級者・達人(マスタークラス)・・ そして ロシアの格闘技 システマ も これにあたります。

  どうして、一般の方々や 初心者に勧められないのか? というと、第一に 慣れないと 怪我をしやすいという事!!

 第二に その・・怪我が起きてしまった場合、ダメージが 意外と大きいからです。 

  勿論、それは 初心者が やった場合ですよ!     だから 上級者向け って書いたんです。

 で・・  どういう 受け身 かって言うと、別名 「ゼロの受け身」 とか、「重力落下の受け身」・・  「その場受け身?」 と 表現されることもあるんですが、例えば、上記と同じ 前回り受け身 で あれば、こういう受け身です。

        

 初心者が こういう 上級者向きの 受け身を 真似すると、ガン!ガンッ! と、肘とか 肩とか 頭とかを ぶっつけるん ですよ・・・

  だから、ちゃんと、先生の指示に従って、段階を踏んで キチンと 正しい手順で 練習すべきだと思います。

ここで この ゼロの受け身 に関する 動画を 貼っておきますので 興味が おありの方は、ぜひご覧ください。

 達人・黒田鉄山 先生の 講義の様子です。   

 本当の 受け身 っていうのは、重力で落ちる マイナスの力で回る・・ 

途中で 「ストップ」 って言ったら その姿勢で 止まれるくらいのものが 本当の 受け身なのだそうです。   5:45 くらいのところまでが 受け身の説明です。

        

 これだったら、倒れた後も すぐに 反撃できますね。    それどころか・・ 「やった! 倒した!」 と 思ったら もう 逆に こっちが 斬られてるかもしれませんね?(笑)

  でも・・  初心者の方たちは、上手くなってから ちゃんと 先生の注意を聞いて 練習するようにしてくださいね。

 あと、もうひとつは、ロシアの格闘技 システマ の 受け身なんですが・・  これも 面白くって システマ っていうのは、銃撃戦などをする戦場の格闘技なので、転んだ時 叩きつけられた時 だけではなく、移動する時にも 受け身 で転がって 動くみたいなんですよ。

  それが、とても ユニークな考え方で・・  地面と身体を馴染ませる ところから スタートするんですよ。

 まず、はじめに 地面に寝転がって 呼吸しながら 静かにして・・背中で 地面の固さ とか、湿り気 とか、あと、冷たさ だとか、質感 っていうのを 背中から伝わる感覚として 体中に馴染ませる。

 それから ゆっくり ゆっくり 軟体動物みたいに ぐにゃ ぐにゃ 回っていくんですけが・・・

 なんか、コーチに ひっくり返してもらったり・・ぶつかってもらったり・・  サッカーのドリブルみたいに 誰かに転がされたりして 練習するんですよ・・  アートっぽいんだけど・・   

  一見、ユニークで 微笑んでしまうんですが・・  これも 素晴らしい 受け身なんですね・・

        

 あの〜〜・・・  ひじょ〜〜 に 優れた 柔かい 受け身 だと思います。(真面目な話)

  でも、なんで、公園 で やってるんだろう・・・・????(笑)

 こういうのは 普通、体育館とか・・   同好会とか だって 地区センター の 会議室とかを 借りて 練習するんだけど・・・(笑)

 ただ・・  いい事だと思うんですよ。

  いろんな 地面で 練習するんでしょうね・・   市街戦なら アスファルト や 場合によっては コンクリートの瓦礫の上。

 畑の上 や、草むら・・   場合によっては、湿地帯や 雪の上・・   その すべてに 身体を馴染ませるんでしょうね。

  システマの受け身は 柔らかくて 地面と馴染んで 友達になるような 受け身です。


2017.11.16 Thursday

合気の神秘! 大東流無傳塾 の 飯田宏雄 先生の 演武 を 見学させていただいて来た

 先日、気空術 の講習会に 行った話をしたが、うちの 少林寺拳法の先生から そこは、大東流無傳塾(だいとうりゅうむでんじゅく) の流れを受けているらしいから、演武会を見に行くといいよ。 と勧められ、僕は さっそく 見学しに行くことにした。

 たまたま、札幌で 演武大会が いいタイミングで あって、しかも 場所が、僕達が いつも練習している 体育館だったりして・・

 そのうえ、塾長の 飯田宏雄 先生 ご本人が 演舞されるという事で じっくりと 見てまいりました。

  これ、見て・・ 信じがたい!  怪しい! っていう方も 多いとは思うんですが、  まずは、ご覧になってみてください。

        

 解らないのは、合気を使って 持ち上げたり、崩したり 投げたりするのは、多くの人達が やってるんですけれども・・・

  なぜ、投げられた後も ひっくり返って エビ反り になったまま 動けないでいるのか????

 どういう 原理で そんな状態になるのか????      まったく 解らないです・・・

  これも 見ました。   5人で 乗っかって来るのを 返して 金縛りにする技!

        

 武田 惣角 、堀川幸道 師範 、そして 飯田 先生・・  という 教えの流れになっているそうです。

        

 この技法を 他の武道に 取り入れた方々も、数多く存在します。

  僕が、先日、講習会に尋ねた、気空術 の 畑村洋数 先生は、空手に 取り入れました。

 僕も 今、こうして、研究してるんですけれども、 ここまで 行かなくとも 崩しだけでも 出来ればな・・ と思うんですよ。

  こんな 身体が エビ反り になって、硬直するところまでじゃなくても、投げるために 崩せるところまで行けば それで 技には 使えると思うんですよ。

 例えば、うちの先生なんかは、上げるんでも 下げるんでも・・ その後の 投げに連結させるだけ、必要な分だけ 崩すんですよ。

  相手の カカトに体重載せるとか・・   それとか、重心を崩して そのうえ 正中線 取って 身動き取れなくするとか・・

 ・・ で、投げは その後の 回転方向の変化で 飛ばすんですよ!!

  先生は、それを その形を 美学にしてるみたいです (笑)

 だから アーティストなんですよ (笑)  

   そう、そう、そう、 投げアーティストwww

 しかも 相当 ナルシスト・・・・・(笑)

  固め技も・・  合気道みたいに 不思議な力で 動けなくするんじゃないけれども、古武術的な ヤッバイ固め方 持ってるんで・・

 固められた 相手は 「も・・もう しません、 もう しません・・」 「ギャー! 許してくださいっ!」 って叫ぶような ヤツで・・www うちらは、そっち系なんで

 合気は、もし、いつか 覚えれるなら、崩しの テクニックの一つとして・・   あと、出来る事なら 剛法の ディフェンスにも 応用できればな・・ って 今のところ 考えています。

 まだ、それが、勉強できるか どうかも 解りませんけどね・・

  夢は 膨らみます

 以上、今回の リポート でした。

  

 


2017.11.03 Friday

一昨日 倒れた お爺さん を 介抱している人を見て 緊急医療を学ぶ 必要性を感じた

 一昨日、目の前で お爺さん が 急に意識が無くなって 倒れ、地面に頭部を強打して、頭が割れた 事件に出会ったとき・・・

近くにいた 一人の 男の人が、すぐに 駆け寄って 救急車が来るまで、周りの人が持ち寄ってくれた ハンカチやタオルで 止血して 介抱してくれていたのを見た。

 その男性は、緊急医療 か 何かを 経験していたようで・・   その 最悪な状況の中で、唯一 希望を灯す 存在となった。

  まるで戦場で 命を救う 衛生兵 のように 片膝で お爺さんに 寄り添い 自分の服にも 血を付けながら 応急処置を てきぱき と進めていた。

 僕は そういうのは 駄目で・・  大怪我とかを直視することも苦手で、目をそらしてしまう 方なのだが・・

  これから、勉強して いかないとな・・  と、その 必要性を この出来事で 感じた。

 柔道とかを やってる先生方は、柔道整復師 っていって、ひどい骨折とかを した人でも、骨接ぎ して治すことが出来るそうだが・・

  そういうところから察するに 医療も 武道の一部なのかもしれない と 考える ようになった。

 とはいえ 大怪我とかの場面に直面して 自分は、平静でいれるだろうか?

  う〜ん・・ でも 医療の知識が少しでもあれば 手順とかが 解るのであれば、 フラフラ になって、気絶しそうになりながらでも、怪我人の為になれる気もするのだが・・?

    医者には 2種類 ある! という・・・・  

        

 しかし、人間の 使命感、責任感、向上心 と いうものは 驚くべきものだ。

  経験値を上げて行く 中で 少しづつ、少しずつ ではあるが、成長してゆくようである。

 まずは、頑張ってみる事かもしれない・・・

        


2017.10.29 Sunday

気空術 という武術の 講習会で 合気上げ、合気下げ を体験しに行ってきた

 今日は、気空術 という武道の 講習会に行ってきました。    少林寺の先生の方には ちゃんと 行くことを報告して、行ったんですが、「あとで (どんな感じ だったか?) 教えてね!」 って 言ってたんで、しっかり 練習して来ようと思いました。

氣空術 というのは、解りやすく言えば 空手と 合気道のコラボ・・って言えるのかなぁ・・

 空手家の 畑村洋数 先生が、空手を 筋力から成る 力でやる! っていう方法に 年齢と共に 限界を感じた時期があったみたいで、 長年にわたる修練の結果、 筋力に頼ることのない「合気の技」を用いて戦う技法を編み出したようで それは、この動画のような武術なのだそうです。

        

 この動画の中で、座ってる人が、クイッ!っと 掴まれてる手を挙げると、相手の人が 立ち上がっちゃう技があるじゃないですか?

これが、武道をやっている人なら ほとんどの人は 知ってる技法で 「合気上げ(あいきあげ)」 っていう技法なんですね。

  合気上げ が 出来ないようだと・・ 柔術系の 武術っていうのは 話にならないんですね!!!!

 ただし・・ここで・・言っておきたいのは、逆に 合気上げ が出来るからと言って! ・・   

  ええぇぇと・・  合気上げ だけが出来ても その後の 投げや その後に続く 技法が出来なくては どうにもならないんですよ。

 これは、合気道 を習っていて、「合気上げ」 だけを 覚えた 車いす の 青年 が チンピラ達に チョッカイをかけられている動画なんですが・・

        

 いくら何でも 身障者の人が、健康な人と戦うのは 無理があると・・ 身を持って知らされた 車いす青年でしたが・・

  しかし、その後も 心優しい 先生のもとで 合気道 の 練習を コツコツ と 続けてゆきました・・・

 そんなある日、青年が通う 合気道場と、悪質な空手道場の間で ちょっとした トラブルが起き、青年は 空手家の先生と 道場の運命をかけて 試合する 事になってしまいます。

 ところが、青年の先生は、落ち着いていて 「いいですか 怖がらず 正面から 相手と 「気」を合わす。」 と 指示を出すではありませんか・・

        

これ、なんで、手首をつかんだところから 始めるか?  っていうと、昔の お侍さんの 剣術から来てるからなんですよ

 手首で 出来るようになったら その応用で 他の所を掴まれても 使えるようになるそうです。

 本当に凄くなって来ると、こっちは、手を まったく 使わずに 一方的に胸を掴んでる相手が 勝手に 揉んどり返って 投げられる!  そういうところまで行きます。

 これは、高度で 繊細な 皮膚の操作 を用いて 相手に反応させてしまう技で、完全な 筋肉の脱力を 要求される技法なのだそうです。

 それで・・ その脱力というのが、なかなか 出来ない・・

 それを練習するのに 一番の近道が、相手との緊張を解く・・  例えば、「相手を憎むんじゃなくて 愛する」 であるとか・・ 手を差し出すときとかも、「えいっ!」 っとか、「うりゃっ!」 って感じじゃなくて・・

 スッと・・「今夜、一杯 どう?」 って感じで 手を出すと・・ すっごい軽く 技がかかったりする みたいです。

 それで、それは、決して 投げ技だけじゃなくて、畑村先生は 空手の先生だから 受け、すなわち ディフェンス にも 使うんですよ。

  相手の攻撃を 受けた時に、皮膚一枚 わずかに スライドさせて 合気が かかった 状態にして、あとは完全に脱力して 腕の重さだけで ブラーン とすると、相手は 巨大な重量 を かけられたみたいに ガクーン と 崩れていくんですよ。

        

 その他にも いろいろ あるんですけれども 追々触れていきたいと思います。

  でも、やはり、今日一日で、合気上げ と 合気下げ が 出来るところまでは 行かなかったですね・・

 今日の講習では なんだか 凄い難しいような 感じがしました。

  でも、先にも書きましたが  まず、これが出来ないと 話にならないんですよね

 なので 頑張りたいと思います。

  

 

 


2017.10.28 Saturday

昔の 夢は叶わないかもしれないけど・・ 僕達は、まだ 走り続けている!

本日は、武道ヲタク の 霞光 (かこう)の 誕生日。   さっき、電話で、話した。

 努力は 必ずしも報われない・・  それどころか 失敗して挫折する人の方が はるかに多い

  しかし、自分の好きな事を やれば

 報われる、報われないなんていう 結果よりも 努力そのものが 楽しくて 幸せで 幸福に満ちてくる(笑)

  僕と 霞光・・   昔々、二人の 夢見がちな少年がいた

 そうして、昔 夢見た 目標には・・ 一生かかっても 到達できない ・・  いや それどころか 足元にも及ばないことが 解ってきた。

  でも、いまだに 僕達は 走り続けている

   これからも 走り続けるつもりだ    老体に 鞭打って・・(笑)

        


2017.08.09 Wednesday

うちの 父は 明治大学 で 講道館柔道 の 初段を取り、 高校時代は 相撲部キャプテンで 全道 2位になった

 うちの父は、中学の頃から、実家の 伊藤漁業部 で、漁船の燃料が詰まった とんでもない重量の ドラム缶 を 転がして 船に積む作業を 手伝っていたそうだ。

 その重労働の おかげで 父の 腕力は 桁外れに 強くなっていった。

ドラム缶転がしで 鍛えられた父は、高校時代 小樽で 相撲部の キャプテンをしていて、向こうところ 敵無し だったんだけど、全道大会 の決勝戦で 一度だけ 負けたことがあったらしい。

 その日は、雨で 最後に 相手を 投げたんだけど、まわし が 雨で滑って お互い 崩れて 土俵外に ほぼ同時に 手をつくことになったのだという。

 でも、軍配は 相手に上がって、すぐに もの言い が付いたんだけど、協議の結果 軍配通り、相手の勝ち! ということになったのだ そうだ。

 父は 大酒飲み で、お酒を飲むと しょっちゅう その話をする。

 小さいころから 耳にタコが出来るほど 聞かされたものだ。(笑)

 「あれは、同時だった!」 って・・ ずぅ〜〜っと 言ってた。(笑)

 父の死後、未だに 冠婚葬祭で 親戚の集まりがあると、知らない人達から 「おっ! 俊彦さんの 息子さんか?  俊彦さんといったら 相撲だっ!」 って 言われる騒ぎだから・・   当時、よっぽど 知られていたんだな・・・と思う。

  相撲部だった頃の 父  全体写真では 賞状を持っているのは二人だけ・・ うち 一人が父

  父の名前が 書かれているようだが・・・ 何の賞状だろう?   

                 相撲部だった頃の父              

 そんな父が、明治大学に入学して 東京に行って 今度は、柔道をやることになった。

 父には 仲がいい ミノルおじさん という従兄弟がいた。

 その 人の 娘さんが、今は 葛飾に住んでいて、亡くなった うちの父に 線香を手向けに 去年、来てくださって、その時に 聞いて 解ったんだけど

 この ミノルおじさん っていう人が 滅法 武道が 強かったらしくて、(この人も ドラム缶で 強くなった (笑)) 高校時代に 相撲も 柔道も 両方、全国大会で優勝した! らしくって

 それで、大学に推薦されたんだが・・  家族のために働かなくてはならず、残念ながら 進学できなかったのだそうだ・・

 父は、明大の柔道部 って言ってたんだけど

  ミノルおじさん に 柔道の投げ技を 教わって 昇段審査で 三段候補 を投げて それで 初段を・・ 黒帯を取った と言っていたんだが・・

 ミノルおじさん は、明治大学に 行ってないと思うから どうなってたのか? そこのところが解らない・・・   働いていて 東京にいたのかな?

  とにかく、父の昇段試験の時は 大変な日だったらしく

 戦後、アメリかの進駐軍 GHQ が、しばらくの間、日本人が武道を やることを 禁止していて、それで、日本の武道は、人を傷つけるものではないから 武道を 恐れなくてもいい のだよ! という事を 証明して アメリカ側 に 認めてもらうために・・

 日本の武道家、国井(國井) 善弥(くにい ぜんや)が、銃剣術の名手だった 米国 教官と戦わされ、あっという間に無傷で 取り押さえて見せたことにより急に 日本人は武道の練習を 再開 出来るようになった ちょうど その時で

 そんな日に 黒帯を 取ったらしいのだ!

 日本の武道というのは、過去に二回、絶滅の危機に瀕してきた・・  一度目は、明治維新 の 廃刀令(はいとうれい) が出た時。   そうして、二度目が この終戦直後で、アメリカが 自分たちに逆らわないよう、日本人の武道を禁じ、武道を絶滅させようとした時 だ。

  だから、日本の 近代武道史上でも 一番、混乱して ドタバタ している時に 昇段審査に行って 腕っぷしで 相手を投げて 初段を 取ってきたことになる。

それで・・そんな父なものだから・・  昔から 僕に 柔道を習わせたがっていた。

 僕が、高校に入って、ブルース・リー や ジャッキー・チェーン そして 梶原一騎 の 「空手バカ一代」 に憧れて 友人 霞光 と 空手を 習い始めた時も、嫌がって・・ 母に 「おい! 空手だってよ!」 と愚痴を漏らし、

 その後、一度目、二度目 の 少林寺拳法 を 習いに行った時も・・  「柔道って言うのは強い!  寝技があるからよ!」 って、僕に 何かを 伝えたそうにしていた。

 そうして、父は 脳梗塞で 倒れ、その後、右半身が麻痺し・・  僕が、入院する前に 家で養生していたんだけど 三度目の 少林寺を 習いに行く前に、父と母に 「オレ、少林寺 また、やろうと 思うんだけど・・」  って、何気ない気持ちで言ったら・・

 そんな時期にまでなって、父は僕に 「柔道は・・・・?」 って聞いて来るのであった・・・

  だから 僕にとって 父は、相撲よりも むしろ 柔道を やっていた! っていうイメージの方が とても強いのだ。

 今でも 講道館の タタミ や 柔道を やっている人を 見ると そこに ウチ の父が 佇んでいる 感じに捉われる・・・

  昨日、母が、誰も居ない 家の中 仏壇が有る 部屋で 白い浴衣のようなものを着た 父の姿を見たという。

 すぐに 父だと解って 「あら! お父さん お盆だから 帰って来たのかい!!」  と、声をかけたのだ・・という。

  今日は 雨が 降っていた・・

 お父さん、 講道館の畳 は、青かったかい?  今も 青く 澄んでて 美しいよ 

        

  柔道を 学ぶものは 試合に勝っても 喜んだり 歯をむき出しにして 笑ったり しては いけない!

   相手の気持ちを 汲んで、勝利を謙虚に受け止め   自分の気持ちを 更に 戒めて行かなければ ならない のだそうだ。

  なぜなら 自分自身が 自分にとって 最大の 強敵なのだから・・

 


▲top