緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.12.07 Saturday

母の終活を手伝いながら 仕事をしてゆきたい

 前にも言ったが、やはり 世の中に出る

 母の 今後の人生について 一緒に勉強し、計画を立てながら

ただ 今のままだと 自分の側に いろいろ問題があるので それに対処中だ 

 その軌道に載せるため ひとつ ひとつ問題を解決してゆく

まず、その第一歩・・はじめの問題を 地区を守る会の方々と 相談している

 そこの突破口さえ開ければ・・  最低限 生きてゆくことは 間違いなくできる

どんな迫害、圧力にあっても、繰り返し、繰り返し、世の中に出る 

 それでも駄目なら 母は自宅で介護を受け、自分は近場に住むところを借りて生活保護を受けれるなら受け、NPO法人や ボランティアなどして 社会の為に貢献したい

  自分には潰瘍性大腸炎や いろいろな持病がある

 体調次第では、いつ どうなるか 解らない

 母が 命を落とした時の悲しみも避けられない

それについては、日ごろから 悲しみや孤独に耐えられる 強い自分を造るのだ

どうして 今まで 気づかなかったのだろう・・これまでに 世界中の多くの人々が、そうした トレーニングの方法を残してくれていた

  どちらにせよ、悲しかったり 苦しかったりするのに違いはないだろうが

 耐えられるのだ    

何かを失えば、何か同じ量のモノを得る

その代わり、何かを得れば、その時には何か同じ量のモノを失っている

  若さと 家族を失って  時間と共に可能性も失う時、僕は それと同じ どんな宝物を得るんだろうか?(笑)

 それとも そんな事も無いのか・・?(笑)

   どちらでも 受け入れて進むしかない

 貧しくなれば、はじめは大変だけど、貧しい生活に慣れる

 身体が動かなくなっても、頑張って それに適応してゆく

受け入れて、少しでも前へ    少しでも維持   少しでも脱落を最小限に・・

 泣いたり 叫んだり もするだろう    騒ぐこともあるだろう

  その日によって、考えも変わるだろう

頑張る  頑張る

  

 

 

 


2019.12.04 Wednesday

入院中、入院後 色々 見えてきたこと「修行が必要だ」(笑)

  僕が、「修行が必要だ」 と言っただけで、なんで、みんな 笑うかな?(笑)

   真面目に言ってるのに!!!w

 まず、今やるべき事は、足を治療する事   

今回の手術は、しなければ ならないという手術ではなく、年をとっても痛くならないように完全に治す手術だった

 入院中、いろいろと 困ったこともあった

安静にするように言われて うろちょろ するのを禁止され(笑)  それまで 定期的に運動をしていた 僕は、困ってしまった

 その他、負の遺産の事、今後の事、老後の事、母の事・・   普段からチラホラ考えていた不安に向かい合うことが出来た

そうは、言っても キチンと対当して 正しく努力していく必要があるな・・  と思った

   正対して 対応するんだ

 今、忙しんで あとで また

      


2019.12.01 Sunday

BILLIE IDLEの札幌の現場まで行ったが特典CD 売り切れてた

 iPhoneより記録

プー・ルイ達 BILLI IDOL の現場に傷む足を引きずりながら行ったが タイトルのとおりです

 知人には会いませんでした 

プー・ルイを遠巻きに確認し 元気そうだったので安心しましたが 札幌で携帯を落としたらしく…(笑)

きっと大変な思いをしてる事と思います

とりあえず 今日はこれで

       ビリーアイドル タワーレコード札幌

 


2019.11.17 Sunday

順調、とりあえず年内は 療養して静かにしています

 入院の疲れが ドッと出ました

しばらくは 静かにしています

  ジタバタしても はじまらない

 一休み   一休み

       


 


2019.11.15 Friday

突然ですが 足が治ったので退院します

 「冗談は、顔だけにしろよ!」 と言われそうですが、突如 退院します

不死身の しゅんち ですから(笑)

 病院の方が 看護師さん達と 和気あいあい と話せるので よかったのですが、僕と同じくらい カッコいい 若い男性が 同室に入院して来たので  入院を卒業したいと思います

 えっ この発言 何か 問題ありますか?(笑)

 この2週間 いろいろな事を考えました

帰ったら いっぱい やる事が待っています

 一度に書くと グチャグチャになるので その都度 報告します

 本日、札幌でも 雪が舞っています

             病院

 


2019.11.12 Tuesday

良好! 文句なし

 足以外も 全ての治療をやっていただいている

スゴイ環境だな   

まるで贅沢なアラブの石油王のような話だ

 看護師さんたち ありがとう

試練はあるが 今日は、ゆっくり寝りにつこう


 



2019.11.09 Saturday

意外、アイスノンが痒み止めに…?

 痒み止め の塗り薬が 体質に合わないようだ

手でかいては駄目だ 冷やしてください と医者から言われ、その為に出されたのが なんとアイスノン

  アイスノン だって……???

 半信半疑で 痒いところに当ててみると なんと 痒みが止まる

 信じられなーい(笑)

でも、即効性はあるものの…というか…

あちこち痒いので、あちこちアイスノンを当てている始末だ

それでも 体中 掻きむしるよりは、ずっといい

 アイスノンなんか 冷やせば また使えるものだから 2〜3個 冷蔵庫に保管しておけば ずっと 使える事になる

 入院して治療しているのは足なのに 不眠の問題とか…  なんだか 別のことと戦っている自分がある

 昨日は 睡眠薬を飲んだ

家にいるよりは あらゆる問題に素早く対応できるから 楽である

  ただし、これをやる場合、体温も下がるから 暖かい部屋で冷やす事

 アイスノンをタオルに巻いて痒いところに当てる

 冷やしても柔らかいタイプのがベスト

       




2019.11.08 Friday

人生を考えるのに いい機会なのか?

  今の気持ちを大切にしたい

今、やりたい事が 本当の人生の目標

  前のように退院したら 見えなくならないよう

 何かに刻んでおこう

とにかく 今日は ゆっくり眠ろう

 また 明日 考える

 


2019.11.06 Wednesday

万歳! 足の感覚戻り、指も動かせる

昨日、手術の後 看護師さんに 「まだ、足の感覚ありませんか?」とチェックされ 動かす事も出来ず、手術したのに痛みもぜんぜんなく、その状態が結構 長く続いた

病院側も狼狽するものだから心配になってきた

 足首から先の感覚を一生 失うのでは無いだろうか?

 もう健常者用の自動車は運転できないのではないかと 心配になった

 ところが 明朝 5 時頃 指先に感覚があるような感じがして、その後、手術で出来た傷が痛み出した

そして、指先に触れると感覚もあり、指、足首ともに 問題無く動く事が判明

 その一方で 傷が痛み出し、痛み止めの点滴をうってもらって今に至る

 御心配を おかけしました

  足は大丈夫ようです

 まずは一安心です

  しかし まだまだ このあと リハビリが沢山あるので 気を抜かずに頑張ろう



2019.11.05 Tuesday

手術失敗か? 足の感覚なく 指も動かず

 手術が終了し、水も飲めるようになり、夕飯も食べれるようになったのだが…     一つ心配な事が…

 足の感覚が まったくなく  指も曲がらない

触っても まるっきり感覚が無い

 足首から先が完全に麻痺しているようだ

先生が動揺している

 包帯を絞めすぎて一次的に麻痺しているのでは無いだろうか?

 もし感覚がなくてもリハビリで戻るだろう…

 そういうのだが…    動かすどころか まったく感覚が無い

  これから いったい どうなるのだろう?


▲top