緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.01.15 Wednesday

今年は 中吉 ゆっくり行こう

 今年の 初詣の おみくじ は、中吉で、待て とか、あわてるな とか、そんな内容の事だった

 そう 一呼吸おいて、慌てず、じっくりと 行きましょう

  年末ジャンボ宝くじは、10億円のと 3億円のがあって、3億円の方が 当たりくじが いっぱいあるとの事で、みんな そっちに並んで買っていた

 ・・にも かかわらず、欲張りの僕は、ガラガラの 10億円の方の くじ を 買ってしまった

 結果は 唯一、10枚に1枚 当たる 300円が当たっただけだった

   くそぅ  300円 返せ!    返してもらってこよう

 と 言っても 買ったのは 一束、10枚だけ

  宝くじ なんて 当たったら何に使おう? って 考えてられる 当選日までの楽しみを手に入れるだけのもの

 充分、楽しませてもらったよ

  ありがたや  ありがたや である

 現実の夢は 自分の手でつかむもの

        

 

  


2020.01.06 Monday

自分は男の子として充実した人生を生きたと思う

 広大な世界、思いっきり冒険して、探し物を求めて 様々な謎を解き明かしてゆく

おおよそ、少年が持つ夢だが 僕らは 本当に楽しく過ごせた方だと思う

 大きな戦争もなく、平和だったし、大人たちには大切にされ、夢や空想力も与えてもらった

   今、死んだとしても それなりに満足である

 美味しいものを食べ過ぎれば 人間は病気になる

 贅沢したいのもファッションみたいなものだし エスカレートしてゆけばキリがない

 人間は 全員、いつか 病気になって苦しむから

それらは、みな、無駄な時間とは言わないが・・   言うなれば その他の時間 ってやつである

  心残りと言えば、自分なりに まだ 解き明かしていない謎が、この世界にあることくらいだろう

 しかし、今日は、自分の少年時代に 感謝したい!    そんな気持ちである

    懐かしいような 寂しい気分である

  何よりも 自分の少年時代に感謝していることは、自由を守ることの大切さと 素晴らしさを学べたことである

   それが、どれほど苦しくて、勇気のいる事か

 いい 半生を過ごせたと思うよ    すごいよ 小説みたいだよ(笑)

  今日は心から 礼を言う   本当に ありがとう  

      

 


2020.01.05 Sunday

みんな健康は いつか失う ← 重要

 皆さん 気を付けてくださいね・・って言っても

滅茶苦茶な不健康な生き方をしても 病気にならない人はならないし

どんなに気を付けて真面目に生きていても なるものは なる

  あっ!  ・・・・・・  あの人も…

     く・・・   くそぅ・・・・

  なんてことになる

 それでも、自分は 歯を食いしばって頑張らねばならぬのである

    そういう人たちの分まで頑張るのだ

  自分だって 難病持ちなんだが・・    足は折れてるんだが

     歯を食いしばって一歩一歩 進むのである

         

 


2020.01.04 Saturday

一歩一歩 着実に進もう

 東京オリンピックの後には 恐ろしい不況が待ち受けている

インフレと人不足、高齢化、大地震の可能性、温室効果

   味方は無し

  とにかく、突破するしかない

    行くんだ!    

      


2020.01.01 Wednesday

2020年 元旦 人間 逃げるべきか? 逃げないべきか? それが問題だ

 と言っても 人間は みんな 臆病者だから逃げるのだ

骨を折られる痛み  刃物で切り裂かれる痛み

   大火傷・・火箸で焼かれる痛み

  心を折られ 気がふれる痛み

  今や それらと背中合わせの時代が来た

 もう 勝手にすればいい・・(笑)

   そしてまた 逃げないのも臆病者だという

  憎しみを持っては いけないともいう

   変な話だが この年齢になって なんというか 

   それが あと一歩のところで 解る・・  理解できる手前まで たどり着いている

 実際、それが出来る人間は 1000人に一人もいない

        

 

   


2019.12.19 Thursday

我 事において 後悔をせず

 ここまでのところ よく頑張ったと思う

至らぬところも 力が足りなくて至らなかったのだ

   いずれにせよ これが一番いいだろう と決断して来ての 現在がある

   過去の事など どのみち 変えられぬ

 教訓にしようも何も  これで良かったのだ

  正しい判断をしても 苦しいものなのだ

 それでいい    それだけ自分が強くなるのだ

  放って置いて 進むしかない

 

 


2019.12.16 Monday

今、水面下で問題解決が棚上げされてるんだが・・

 今、進まない問題があって

本来であれば、このあと友達になろうとしていた方に ご迷惑までかけて、滞っている問題があって・・

 それが 優先順位の第一番なだけに 本当に困っている

その先に いろんな問題が・・    難題が待ち構えているのだが・・

  いちいち そんな事 言ってても しょうがないからなぁ・・

 ズンズン 前へ進むしかないか・・

 

 


2019.12.12 Thursday

そうだよね そういう事になるよね

国民 一人当たりに換算すると 900万円の借金、東海および西南海地震の予想される被害額、少子化による経済への影響…

 そうだよね   そういう事になるよね

与党も野党も 裏では一枚岩の部分もあるのかな?

  国が 一番 生産しないとならないものは 子供だった という オチ だ

 けど、「日本 死ね」の ツィート にもあげられるように 待機児童の問題を 国は怠った

 その分のツケを下級国民に背負わせるとすると…  調度、今のような図式になる

 でも それでは 補えない分は 何処から吸い上げるんだろう?

  海外から……?

 えっ?    それって もしかして…


2019.12.07 Saturday

母の終活を手伝いながら 仕事をしてゆきたい

 前にも言ったが、やはり 世の中に出る

 母の 今後の人生について 一緒に勉強し、計画を立てながら

ただ 今のままだと 自分の側に いろいろ問題があるので それに対処中だ 

 その軌道に載せるため ひとつ ひとつ問題を解決してゆく

まず、その第一歩・・はじめの問題を 地区を守る会の方々と 相談している

 そこの突破口さえ開ければ・・  最低限 生きてゆくことは 間違いなくできる

どんな迫害、圧力にあっても、繰り返し、繰り返し、世の中に出る 

 それでも駄目なら 母は自宅で介護を受け、自分は近場に住むところを借りて生活保護を受けれるなら受け、NPO法人や ボランティアなどして 社会の為に貢献したい

  自分には潰瘍性大腸炎や いろいろな持病がある

 体調次第では、いつ どうなるか 解らない

 母が 命を落とした時の悲しみも避けられない

それについては、日ごろから 悲しみや孤独に耐えられる 強い自分を造るのだ

どうして 今まで 気づかなかったのだろう・・これまでに 世界中の多くの人々が、そうした トレーニングの方法を残してくれていた

  どちらにせよ、悲しかったり 苦しかったりするのに違いはないだろうが

 耐えられるのだ    

何かを失えば、何か同じ量のモノを得る

その代わり、何かを得れば、その時には何か同じ量のモノを失っている

  若さと 家族を失って  時間と共に可能性も失う時、僕は それと同じ どんな宝物を得るんだろうか?(笑)

 それとも そんな事も無いのか・・?(笑)

   どちらでも 受け入れて進むしかない

 貧しくなれば、はじめは大変だけど、貧しい生活に慣れる

 身体が動かなくなっても、頑張って それに適応してゆく

受け入れて、少しでも前へ    少しでも維持   少しでも脱落を最小限に・・

 泣いたり 叫んだり もするだろう    騒ぐこともあるだろう

  その日によって、考えも変わるだろう

頑張る  頑張る

  

 

 

 


2019.12.04 Wednesday

入院中、入院後 色々 見えてきたこと「修行が必要だ」(笑)

  僕が、「修行が必要だ」 と言っただけで、なんで、みんな 笑うかな?(笑)

   真面目に言ってるのに!!!w

 まず、今やるべき事は、足を治療する事   

今回の手術は、しなければ ならないという手術ではなく、年をとっても痛くならないように完全に治す手術だった

 入院中、いろいろと 困ったこともあった

安静にするように言われて うろちょろ するのを禁止され(笑)  それまで 定期的に運動をしていた 僕は、困ってしまった

 その他、負の遺産の事、今後の事、老後の事、母の事・・   普段からチラホラ考えていた不安に向かい合うことが出来た

そうは、言っても キチンと対当して 正しく努力していく必要があるな・・  と思った

   正対して 対応するんだ

 今、忙しんで あとで また

      


▲top