緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.06.24 Monday

酔っぱらってて変な文章になるが 現状の気持ち

 進行具合として、今、二つの問題に取り組んでいる。

ひとつは、役所関係の問題が いくつかあるのと、それと、投薬している薬の 組み合わせについて調整中

 それが終わったら土地の処分の問題に本腰を入れないとならない

   潰瘍性大腸炎の特定疾患の申し込みもある

 後顧の憂いを 全部、この機会に取り除きたい

   今後の人生のことを考えて、ワクワクしている(笑)

 転職する あるいは、再就職するなら 東京オリンピックの前の 今しかない!

  だから、このタイミングを狙った

 ただ・・   65歳までと考えていた 目論見が  このままいくと 75歳頃まで働くと考える方向性に変えるべき、との考えもある。

  車の運転は、引く手あまただが 最後の手段だ

 友達とかも 退職の年齢に近づいてる人が多いし

  そう考えると、勝ち組を狙うより、ある程度、身体に負担のかからない 75歳まで働ける仕事を探して、マラソンランナーのように生きていくか??     

  薬をもらいに行く日が問題だ・・    病気のオリンピックのような身体なので・・・・(笑)

 老人の疑似体験をするのに 身体につける重りがあると聞いたのだが、どのくらい重くなるものなのだろうか?

  身体が動かなくても 出来る仕事

  そのほか ここ しばらくは、母を助けて生きていきたいと思っている

  僕が これから出会う人たち、または、パートナー は、年老いた家族を敬い、お互いの親を大切に できる人でないといけない

  大丈夫だよ     人と人って 距離  間合いの問題だ

 ああ・・・・

  これから 皆で 楽しんで  夢のように暮らす方法は いくらでもあって どのコースを選ぶかは 僕は自由にできるのだ

   だが、今の この恵まれた時間は、無限ではない   大切に過ごしたいというのもある

  終わりのある  時間だから・・

        

  

 


2019.06.06 Thursday

ただ ひたすらに 自分

 何があったとしても ただ ひたすらに 自分のまま走りきる

   それだけでいいし  それ以外は何もいらない

  そのほうが しっくりくるし

   ただ  ただ  純粋で すがすがしい

        


2019.06.02 Sunday

仲間達との友情を修復するには まだ そこそこ時間を要するが

 時間は かかるかもしれないが、表面上だけではなく

  いつか 必ず、友情の回復はしたいと思っている

 ただ、従弟のヤスに関しては、前向きな治療という 方法が 一番適切なのだが・・・

  いろいろ 複雑な状況になっている

 ある意味、従弟の様子を見ていてくれているんだろうから、その意味では 連中に 誠に妙な感謝の気持ちはあるものの

  人の足を こんなに するような奴らに 筆舌しがたい 感情が うずまいている

   これは、治らないのではないだろうか?

 大好きな 武道の練習が 思うように 出来ないではないか・・・・

  なぜ、武道の練習が出来なくなるように 私の足を 潰したのだろう?

 あれは 痛かったぞ〜〜〜

   まぁ そのうち みんなで 普通に話せる時が 来るだろう

   友達が 何よりも 大切だ    そして、こうなってまで 自分をマトにかけた友達の心配までしているという・・・

  僕たちの物語の歌   

   世紀末 80年代  よどんだ 街角の学校で 僕たちは出会った

 さぁ 今日は、どんな お友達が歌ってくれるのかな?

        

   


2019.05.27 Monday

北海道の記録的猛暑は パーフェクト・ウォーム

 2つの嵐と モンスター低気圧が合体した 嵐を描いた 「パーフェクトストーム」 という映画があったが

今回の 道東(どうとう)は まさに その逆、「パーフェクト・ウォーム」(完璧な暖気) に見舞われた

 日本に滞在する 大型の高気圧、上海付近で発生した大型の高気圧、それらが発達し、梅雨前線が消滅

それによって、沖縄付近にあった暖気が、ものすごい勢いで北上し、日本列島を縦断して 北海道へ流れる

 これら すべての暑さの要因が 北海道で合流し、さらに 大雪 十勝山脈を越えるときの フェーン減少により 暑さがパワーアップされてしまった。

  珍しいほどの 猛暑となった

チューリップも大被害だった・・・・・   こんなの珍しい

        


2019.05.12 Sunday

26年ぶりに 花のない 母の日 を過ごす

 花屋の経営が 19年、その前に 違う花屋に 1年、その前も また 違う花屋に 4年、その前は、園芸屋さんで 1年 働いていたので 25年間 花屋で 母の日を過ごしてきた

 閉店してから 正直、しばらくの間 花なんか見たくも無かった (笑)

  そして、本日、母の日・・  なんとも 複雑な気持ちでいっぱいである

 今まで、花を買いに来ていただいた方たち・・

  お元気に過ごされておられるだろうか?

  母の日は、どちらかというと

 苦しかった・・・・・・・・かな・・?(笑)

  これ、今だから言える 本音なんだけど

 今日、この日を 久しぶりに休んでみて

  少し  疲れた・・ というのが 正直な気持ちである

  でも、花屋が こんな事じゃいけないんでw  最後に 今まで 母の日の 花をお買い上げになってくださった お客様に お伝えしたいのは

 上手い 下手は 別として 自分なりには 精一杯 感謝が伝わってほしい と思って お作りさせていた事と

  毎年、来店する子供たちも だんだん大きくなっていって  小さいころから 知ってる子達だったから、話すたびに 花のレベルや 好みも 一段ずつ階段を上がっていき

  そして、最後に就職すると 旅立っていく

 それでも、大人になってからも 来てくださる方々もいて

  そう・・ 苦しかったって言ったけど、同時に 楽しかった・・  苦しい 大変というのと同時に 同じ大きさの楽しさ、幸福感も また そこで与えていただいた という事である

 いい お客さん に 出会えて幸せだった

 立派な お客様をもてて、幸福だった

  いつの日か、また、どこかで お会い出来たらいいな と思います

 ほんとうに 長い間、ありがとう ございました

       

 

         薔薇のない花屋

        


2019.05.04 Saturday

いろいろと 考えさせられる

 子供のころから 興味を抱いて 寄り道してきたことは 無駄ではなかったし

これから 役に立ってくる可能性が高くなってきた

  この先、色んな風が 僕の周りを吹いてくる

 環境も 変わっていくだろう

 社会のために 会社に勤めて働けるのが 希望なんだが・・・

  その前に、準備だけは しておいたほうが よさそうなことがある。

 能力の向上 と セキュリティー   こころに楽しみを

  家庭、友情を大切にし

 なにか、未来に メッセージでも残せていければいいんだが・・・・(笑)

        

  


2019.05.01 Wednesday

令和 の幕開け

 世界的に 右傾化が進む中、令和 の時代に突入した

昨日は、年末気分、本日は、正月気分

 母は、昨日から 皇室の番組を ずっと見ていて 首が痛くなったw

何年続くか、わからないが、平成のように 30年くらいになるなら

  おそらく僕は、この時代に死ぬ

 入院して 絶食させられた時は、辛かったな

  やはり 健康であることが 一番だ

 本日、昔のお客様から 携帯の方に 突如、連絡があった

  実は

 


2019.04.30 Tuesday

西野神社 平成 最後の 神がかり

おかげさまで まだ 無事で 頑張っています

 平成 最後の日、神社に参拝し、お祈りをささげ終え 振り返った瞬間のことだった

お守りを 入れていた ウェストポーチの紐が 切れ 落下しそうになった

手で、捕まえて、地面には 落ちなかったものの  これは、いったい どうしたことか?  不吉なことなのか?  と 気になったのだが

 お守りを入れている 袋の紐が切れた時は、お守りが 身を護ってくれて、役目を果たしきって くれたことを 意味するのだそうだ。

  本当に 感謝しても しきれないよ

 悪しき者どもよ 神の怒りを知れ

  お前たちの 絆は 本当は 金なのだ!!!!!

  力は 愛するものを護るため  未来を育てる 子供たちを護るためにのみぞある

 本当の力は 温かみがあり、生産的なモノのなのだ

 だから、日本人は、力を 鍛えなければならない!  この神のように

       


2019.04.26 Friday

さぁ! ここで もう一段 ジャンプするぞ!

苦しいとき! 辛いときに 優しい言葉をかけてくる奴に気を付けろ!!

 生前 父が なぜ、無口で たった一人で 黙々と働き続けていたのか

   今になって ようやっと 理解できた

 今日も 病院だった

70パーセントくらい 治療は進んだだろうか?

  足の自由は 利かなくなるかもしれない    歩くことは出来るだろう

 父が、片目を失う前に つぶやいた言葉がある

  「まぁ いい・・   片目ぐらい くれてやるさ」

  そう言って 父は 僕の仕事を手伝ってくれたのだ

 そう考えると  考え方が いろいろと変わるんだ

  すべてが 違って見えてくる

 近いうちに 自分は、もう一段、階段を 上がるつもりである

   すっごい 辛いけど

  這いつくばってでも  登るつもりだ

        

  

  

 


2019.04.09 Tuesday

電力会社の しっかりして! それと、また、内視鏡 かよ……?

  バラバラ に 検診、治療しないとならないかも知れないが それは  ある程度、予想していたから いい

  内視鏡を 受けないといけなくなった

混雑していて 順番が回ってくるのが遅い

 その他の調子の悪い所も、別々の科で治療しないといけないような気がして来た

  今、丁度いいから この時期に全部、まとめて 治してしまおう!!

  あと 電力会社から 閉店後の電気料金の 引き落としがあって てっきり、残りの日割りの分だろうと 一応、確認の電話を入れたら、なんと、検針そのもの が 停止になってない! という

 詩人がいる前で 電話したから、間違いないし、それに 何よりも ブレーカーを落として 店を出るように言われて そうしたから 正しいハズなのだが・・

  いやぁーー いい加減だな〜!!!   と思った

 そのうえ、翌月の 10日までの 電気代が もう通帳から引き落ちているため、それは、そのまま スルーしようとして、10日までで停止でいいですね?  と さも 当り前のように聞いてきて・・

  あやうく、了承するところだったのだが・・  

 そんなの 駄目に決まってるし!!(笑)

  それで、消費者センター に言いつける とか 何とか 騒ぎ立てて、やっとの思いで、返してもらえることになった。

 世の中って、そんなもんだよな・・

 確認の電話って、絶対、しないとマズイな  と思った

  意外と みんな 仕事 出来ないもんなんだな・・  

  こんなの 当り前なのかなぁ????

 もう 世の中 滅茶苦茶だぁ (笑)


▲top