緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.06.19 Friday

新シーズン開始

 第 何シーズンになるのか?  第四章??  自分でも忘れましたが・・

   開始します

 このあと・・  これは、僕だけではなく、多くの人々が、ネットや SNSによって、世の中の 闇と言われてきた部分で起こされてきた 奇怪な出来事に気が付いてゆきます 

 各国の権力者たちは、自分に禍がまわってくることに 危機感を抱き始めます

  日本は このまま どん底の 深い闇へと堕ちていってしまうのでしょうか?

 権力者(上級国民)の進める 左傾化 と、わたしたち 一般国民(人間のクズ)が 願う 民主主義 のアンバランスさ

一般国民の弱者から もっとも厳しく 金を巻き上げるシステム

  日本に ケネディー大統領のような 若き救世主は現れるのか?

 それとも 現れたところで また 56されてしまうのか?(笑)

  日本人は こんなに真面目で努力する人々なのに  こんなに 一般国民を みじめにしたのは誰なのか?

   今、大地震、大津波が来たら?

   大々的にオリンピックを開催しても終わった後 経済危機が訪れるというのに 小規模に開催したら いったい 日本経済は・・???

 さぁ 始まります 駆け抜けましょう  戦いましょう

  おもしろくなってきましたよ(笑)   この混沌とした 新しい未来

   私は 死んだって・・・

  この世界を 明るい方向に向けるのに ほんのわずかでも、貢献して死ねるかな・・?

     

  

 

   


2020.06.09 Tuesday

コロナ渦 イベント減り 花 3割 売れず

 コロナ渦のため イベントが減り 花が売れていない

市場では 3割減だという

  全体で 3割減るったら・・  相当 マズいだろう

 運がいいのか?  悪いのか・・?

  とにかく、今、花は 値下がりしている・・

 あちこち 見てきたのだが、それでも 売れていない

   売れ残っている

  流通そのものを 新しく 考えてみる 必要がありそうだ

   うん・・・

       コロナ過 花屋


2020.05.11 Monday

母の日は ずっと働いていた

 最初の母の日は 鉢物屋だった    今でも覚えている

花屋になるんだ  という 相当な熱意があった

当時は、生産から販売までをつかさどる、チェーン店を やろうと思っていた

  だが、花屋は、カラーコントロール や 前進立体陳列なんか 通用するような 甘い世界ではなかった(笑)

次の花屋では配達をやった  生け花も勉強した

 母の日には 花キューピット の 決まった形の規格商品を 大量生産しなければならなかった

もちろん 数日間 睡眠時間は ・・・3時間くらい  前日は徹夜だったりした

次の花屋でも そうだった

 開業してからは いろいろだった

元カノが 店から出て行って、最後の一人になってからは、ほとんど眠らずに母の日を迎えた

前日と当日、インフルエンザで熱を出し、点滴をうって がんばった

 自らの弱点を 補うと また 次の問題が発生する

   そんなものだろう

  これからは、世界が いちじるしく変わる!!!!!

 何が幸いするか  見極め が大切になって来る

   でも、まず、大怪我 と 自己免疫病の治療が先決だ

 焦らない   こういう時だからこそ 猶更・・


2020.05.09 Saturday

大根の種を まいたが 土をかけすぎた かもしれない

 考えてみりゃ 種から育てるのは 初心者だな・・

インパチェンス とかの種って ポットから植えないと 厳しんじゃないかな?

  ポットやプランターに新しい土を入れて 発芽させるんなら なんとかできたとは思うが、雑に耕して 適当にまいて 生き埋めにしてしまったから 発芽しないかもしれない(笑)

 犬が穴掘って 宝物 埋めて 忘れてしまうレベルである

  大根も ヤバイ

 3cmくらい埋めた    土の中にはクマザサや ふきのとう など 訳のわからない雑草の根っこが いっぱい 混ざっている(笑)

日本も どうなるか 解らないから 自給自足とまでは いかないまでも 食べれるものを植える方向性で 行こうと思っている

 (日本 そこまでは 酷くならないとは思うけど・・(笑))

 小樽の方の 土地が そこそこ広いから あっちでも 何か植えようと思ったんだが、札幌市から出るな! という鈴木知事 の お達しがあるから 行かないでいる

 大根・・発芽したら奇跡だ(笑)

まだ 他にも なんか植えようかな〜

 夕張メロン・・  個人で作るのは無理だって 言ってたな・・

 でも 所詮 何を作っても 鳥たちの餌食か・・?

         種まき


2020.05.04 Monday

種を植えたんだが

 今年は 庭に種を植えてみたんだが 発芽するか どうか? 正直 解らない

ビオラは大丈夫だろうが、ほうれん草は 食べ物なので より うまくいってほしい

 一戸建ての家は 庭があるのが強みだ

  食糧難になった時、庭で野菜を育てよう

 小学生のころ、裏庭に ジャガイモを植え、毎日、みんなで 小便をかけていたら 驚くほど立派なのが収穫出来て

ある日 その じゃがいも が、みそ汁の具 に入っていて・・困った

  悪いことは、するものではありません

                  今年植えた種


2020.03.12 Thursday

本日、明け方 母と同時に父の夢を見た

午前 5時前、亡き父の夢を見た

父が店に来ているような感じがした

  これまでも 夢の中で たびたび 花屋は登場していた

でも それは 現実の花屋とは 似ているのだが ちょっと違う感じがする

  とにかく、その夢の中で 花屋に行ってみると 入口の鍵が閉まっていた

 その 鍵を開けて入ると そこには 父がいて 店の天井を見渡し 「これ いつも どっちの電気 点けてるのよ?」 と 僕に尋ねた

店には 蛍光灯と スポットライトの二つの照明がある

 もちろん 父は そのことを知っている

だが、他界したあと  店を閉店したことは知らない・・   

  (いや それとも ずっと見ていたのかな(笑))

  ちゃんと 店を始末したのか チェックしに来たのだろうか?

  僕は その夢を見た後  眠れなくなった

 階段を降りて 一階に行くと 母の部屋の灯りが点いていた

別に その時は なんとも思わなかったし、声をかけなかった

  後で聞いたのだが 同じころ、母の夢枕にも 父が現れたのだ

 偶然、同じ 時間帯に

 生前、父が 「あいつに 気を付けろよ」 と注意した人物は 奇しくも 100% 的中した

    まさか・・  こんなことに なろうとは・・・

 

後でわかったことなのだが、様々な面で、祖父や祖母・・  父と母 妹に助けられていた

  それに お花の先生たち  デザイン会社の皆さん  そのほか 多くの人々にも お世話になった

   今日は 父が好きだった時代劇の歌を かけよう

         

 これから このブログに  夢で見たことを記録する「夢日記」のカテゴリーを新設するかもしれない


2020.03.11 Wednesday

不景気になるだろう

 今の段階でも 今後、ちょっとした不景気になることが明らかである

ましてや 世界的に新型コロナが 蔓延しだすと 厄介なことになる

  不必要に騒ぎ立ててはいけないが、最悪の場合・・というのは 想定しておいた方がいいだろう

  最悪の場合・・・

 ホント 天中殺 並みに最悪の事態を唱えるなら

   世界恐慌からの ハイパーインフレ・・あるいは 日本も参加する大規模な戦争

   戦争か ハイパーインフレか?  である

 日本の場合は、南海トラフ大地震が この時期(4〜5年内)に重なること

    経済破綻

  でも・・   これは 最悪の想定

 そこまでは 行かないとは願うけど 一応、頭の片隅には入れておこう

   大切なことである

  今日は、東日本大震災の日

  昨日は、大規模な東京大空襲があった日らしい

 やはり、そうした事実は これまでにも 度々 起こったことなのだから

  特に震災は 忘れたころにやってくる

 そう考えてるのと 考えてないのとで・・  やることが違ってくるのかも・・

   


2020.02.03 Monday

よしの生花店 時代からの お客さん T先生を偲んで

 今でも はっきりとしたビジョンが残っている

配達に行った朝、何度もチャイムを押しても出てこない

  以前にも そういった事が 一度だけあり、その時は ご近所に行っていた

 しかし・・・・  その日は違った

  時間が長く  戻って来られない

   二階に住む娘さんに連絡し 鍵を開けていただいた

  倒れた T先生の姿がそこにあった

   僕は T先生の おかげで、他人を 今でも信じることができる

  もちろん、やみくもに 誰でも信用できるものではない

     人は 裏切る

         人は騙す

 だからと言って 人間が信用できないかというと そうは ならない

    どんなに くさった 人間社会でも

  全く、人を信用しなければ 生きてゆくことは出来ない

   じっと こらえて

    今は、黙って 一足  一足  ゆっくりとでも前へ進む

                               水仙一種生け

  いや・・  本当に 難儀なのは ここから先なんだが

     だからといって どうという事もなし


2019.12.31 Tuesday

元気です これより暴風雪に突入! 切り抜けます

頑張ってますよ!  

 土地の件は 完全に座礁して 前進も後退もできず

中毒になってる親戚は こちらも このままで 未来に進みます

 店も無し   難病を患い

 切り抜けて 上手くいっても 虚しいだけだけだけど

   相変わらず 闘志に満ちています(笑)   

  これより さらなる暴風雪に 突入します   

        

 

 


2019.12.27 Friday

友達の お通夜には望月さん も来ていた

 一昨日 友達の お父さんの お通夜に行ってきた

いろいろあったが、こういう時は、力にならねばならぬ

 葬儀斎場に入ると 懐かしい感じがした

以前、こういったところも 自分の仕事場だったのだ

 花屋をやっていたころ 今は亡き うちの父も お供えのスタンドを運んで 設置するのを手伝ってくれていた

  花のある空間が 自分には当たり前だった

 ずぅ〜っと   ずぅ〜っと・・  それが当たり前の事だった

  元カノもいた   元カノは その後、今回の友達の奥さんになったのだ

本当に ここのところも また いろいろあって  もぅ 何と言っていいか・・

 でも、先を見て未来に進まなければならないのである  

    ただ・・進むったって・・・・・・・・・・・

 まぁ  とにかく、お通夜には 望月さんも 来ていた

  来ると思っていたのだ

 望月さんも 足を骨折していたらしい

  望月さんは 悲しそうな眼をしていた   自分も悲しそうな眼をしていたと思う

 それでも スタンド花 や 祭壇に囲まれ 落ち着いた気持ちでいられた

   自分の戦場   自分の仕事の場  無意識のうちに 落ち着いた気持ちになる

 あの時にいた、先生も 父も 元カノも 友達も 従弟のヤスも 望月さんも いなくなったり、もう近くにいても遠い存在になり

  母も年老いて   自分の体の具合も 芳しくない

 店もなし・・・

    それでも 前へ   前へ   今度は 一人で闘いながら 前へ進むのである

 死ぬまで立ち上がって進める   チャンスがあっても 無くても   希望がゼロでも進む

  自分は 踏みつぶされても 引き裂かれても 前へ進める人間へとなっていた・・  いや・・・なってしまったのだ

       

 

            葬儀場


▲top