緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.07.15 Monday

チョコレートファイター 本物アクション女優 ジージャー

 久しぶりに ホンモノのアクション女優が頭角を現した

  タイから出現した ジージャー

 彼女のアクションは本物だ

        

 そして かわいい

  いつか チャーリーズ エンジェル に出演するとか、日本の 武田梨奈と共演してほしい

  かわいいんですよ(笑)

        

 ムエタイ って 面白いよね

  やったことのある人の話によると 痛さにどれだけ耐えるか?の格闘技だっていうけど・・(笑)

 


2019.07.07 Sunday

戦争か?平和か?今度の参院選は第9条改正を決める選挙になる

いよいよ この日が 日本に やって来ようとは

  憲法第9条・・・    自衛隊明記????(笑)  おそらく それだけじゃないだろうね?

  徴兵制 赤紙? 召集令状 相手が攻撃してくるとき、専守防衛が出来るか?どうか?

 衆議院 参議院 それぞれの本会議にて 3分の2以上の賛成で可決した場合

  今までの 憲法第9条 を変えることが出来る

  自公 与党か?  それとも それに反対する野党か?

 選挙に行く前に 絶対に見ておくべき映画は 『空母いぶき』

  (だけど  あまり 簡単に感化されすぎないでね・・・)

 今回だけは 一人一人が じっくり考えて投票しないと 大変なことになる

 みんな 必ず選挙 行ってね

  アメリカの圧力に勝てないで 憲法を改正されて・・アメリカの兵器を バカスカ買わされて

  しかも 日米安保条約で 大金は払わされて

 日本人が、アメリカが意地悪したい 罪のない異教徒と 戦って血を流す

  香港と中国が きな臭い   尖閣諸島では アメリカではなくて どこの国の人々が血を流すのか????

 拉致被害者は・・??     されど 安倍さん以外に誰がいるか・・???(笑)

  今度の選挙は   日本の歴史を変える 大きな決断をする選挙

 活動家や 運動してきた人は 今、このとき 声が枯れるまで 言いたいことを叫びなさい

  右翼でも 左翼でも 何でもいい

 あんたがたは この日のために情熱を燃やして 訴えかけてきたのだ

  その重要な時が やってきた

 叫べ!! 反対でも  賛成でも!!!

   命に代えても 叫ぶんだ!!!!   

  あと少しで 最後の決着がつきます

                                        空母いぶき

  


2019.05.31 Friday

老後の自分 ドン・キホーテ のような老人になりたい

 ドン・キホーテ っていうと、あのチェーン店 を思い浮かべる人が多いと思うんだけど

『ラマンチャの男 ドンキホーテ』っていう喜劇があって

 老人性痴呆症 で、頭の狂った お爺さんが、自分を大昔の ドン・キホーテ っていう名の騎士(ナイト) だと思い込んでいて 行く先々で騒ぎを起こす話なんだが

 風車 が怪物に見えて 戦いを挑んだり、酒場の あばずれ女を 貴婦人と思い込み 荒くれ男たちから守って戦ったり

  ロマンあり、夢あり の喜劇で(笑)

 でも、その キチガイ爺さん に 長年 仕えてきた 召使は ご主人・・ つまり その爺さんが 狂ってると知っていて、爺さんの 妄想通り 従者に なりきって 世話をしてくれている ということで

  本当の友達? っていうのかな?   そう・・爺さんには 自分を大切にしてくれる この親友まで いて

 そうして、ここで出会った・・あばずれ女 も、それまでで はじめて 自分のことを 女性として扱ってくれた 爺さんに・・恋ではないんだけど 何とも言えぬ 悲しみと 優しさを伴った 慈愛の 気持ち で 見守ってゆくようになるんだが・・

       

 どうせ ボケるなら、僕は この ドン・キホーテのように ボケたい

  僕を知る人たちは、「 あんたは、今、すでに もぅ ドン・キホーテ だ!」 と言って笑うだろう

 いや・・   僕なんて まだまだ

  これから 必死で頑張って  必死で戦って   必死で もがいて

    すべて やり遂げて 社会のために やり尽したら・・・

     動画が見れない方は こちらから↓

  クリック  →  ラ・マンチャの男 Man of La Mancha


2019.03.11 Monday

災難が起これば 誰彼 構わず援けあう国、日本

 地震、火山、台風、大雨、火事、土砂崩れ・・そして 津波  日本は災害大国である

そうした中、古くから 人々は 悲しみを分かち合い、有事には、身を挺してお互いに助け合う 気質が培われてきたのだろう

 1985年 イラク が、3月19日20時以降、イラン領空を通過する航空機は民間機といえども撃ち落とす といった声明を上げ

日本人を脱出させる 飛行機を出せない という 日本政府 の姿がそこにあった

そのため イラクにいた 215名の 日本人が 脱出不可能となってしまう。

ところが この時、驚いたことに トルコ航空が、日本人のために 撃墜される危険覚悟で 虎の子の旅客機をチャーター してくれて

  そんな死にに行くようなフライトを 引き受けてくれるパイロットや客室乗務員が いるのか? と思いきや

 これもまた、見ず知らずの日本人のために 命を懸けてくれるというトルコ人パイロット、乗務員も現れ

  215人 全員が 見事 脱出に成功した。

 トルコ政府、トルコ国民全員が 日本人を助けてくれたワケだが・・・ 何故だろうか???

 何故、彼らは、そんなにまで 命懸けのリスクを背負って、日本人を助けてくれたのだろう?

  そこには、日本では あまり知られていない ある理由(ワケ)があったのだ!   この時をさかのぼる事 約100年程前

明治23年(1890年)9月16日、トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県で台風のため座礁し機関が爆発、約500名の乗組員が死亡した事件があった。

その時、日本人は生存者を なりふり構わず 治療、看護し、イスタンブールまで送り届けたという

トルコでは教科書にも載っている話で誰もが知っている歴史的事件があった

 自然被害が多い日本では、災害が起きた時、誰彼関係なしに、困っているものがいたら助けよう! という気風があったのだ

異国人であろうと、精一杯助け、貧しいながらも、お金を集め 出来る限りのことをしたのだ

 今度は、私たちが 日本人を助ける番だ!  

 偽りの無い 真心     それが、国や人種 を超えて 伝えられた出来事だったのだ

        

 災害は、今後も起こる     それを のり越えるのは、人と人との 思いやりと 真心の力だ

  私たち日本人は、今後も それを 忘れてはならない

 そう思い起こされる、3.11 だったのではないだろうか?

        


2019.02.11 Monday

恐くて 少ししか 見ないで返した 『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

 恐いっていうか・・  恐さの性質が、こう・・・ 「ワッ!」っと驚かされるような・・

ピッチャーの投球みたいに、ストレート、ストレート・・  フォークボール! みたいな・・

  『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』  

知ってます?  この屋敷、本当に 実在するって・・

 ウィンチェスター って 銃 を作る会社なんだけど、人の命を奪う道具を作るんで この家は呪われ続けるらしいんですよ

24時間、家を増築し続けると、抑えれるんだそうです。

  何を抑えるか? って・・?  

 映画を 見れば 解ります。

  ああ…  恐い・・   こんな寒い時に 見る映画じゃない

 今日は、寒いんで DVD 返して、もう帰って 寝ます。

  ビビってないですよ!(笑)   

 たまたま、風邪気味で 調子が 悪かっただけで・・

  いつもだったらね・・・・(笑)   

 こ、こ、こんなの 楽勝なんですが・・  (#^^#)

        


2019.01.25 Friday

『半次郎』 何故、不器用な者が 真面目に生きようとすると 酷い目に遭うのか?

下から目線で悪いが・・(笑)

能力のある 者達は 二種類のタイプ に分けられる

 人々を 正しい道に 導く 少数派と

 人々を 狡猾に騙し 生き血を吸い上げようとする多数派だ

 人から騙されたり、 馬鹿にされたり、 あげ足を取られたり・・・

  しかし、能力のない者 素直で騙されやすい者 真っ直ぐで不器用な者たち の中には、意外と 正しい道への 嗅覚が発達している人が多い

        

 あとは、どれだけ、突き進めるか? だけ

    それで いいではないか?

  中途半端で倒れても  ぜんぜん 関係ない

   あなた にとって 「死ぬまでに これだけは 見つけたい!」 という 宝物は 何ですか?

        


2019.01.09 Wednesday

新年から 「寒冷地遭難モノ」 に凝っていて マイナス思考だったのだが

 年末から 南極探検隊で遭難した スコット隊に ハマっていた。

世界で初めて南極点に到達するレースで負け、帰り道で、全員遭難してしまった イギリスの スコット隊。

 凍傷で ボロボロになり、わずか、18km先に 燃料と食料がある地点で 猛烈なブリザードに 閉じ込められ テントの中で 凍死した

 最後の方の 数週間は、マイナス40℃を毎日下回り続けた

 足の患部を切りざるをえなく、凍傷でグローブのように腫れあがった手だったという・・

  その後、エベレストの大量遭難の話を 再び思い出し、

 昨日は、『マイナス21℃』 という また、別の遭難映画を見た・・

  ところが、この映画を見て、気持ちが少し 前向きになった   実話なのだそうだ

 主人公は、スノーボードで ゲレンデから外れ、迷子になり、数日間 マイナス21℃ という厳寒の中で 凍え続けた。

  助かったことは かろうじて 助かったのだが、両足を凍傷で失い 義足になる。

 ところが、そのおかげで、薬物依存症からも 人生に前向きになれなかった事からも脱出 出来て 幸せになる。

 義足で、スノーボードも滑るし、自らが挫折した アイスホッケーにも 指導者として戻り、子供たちに 教えたりするようになった。

  手足を失ってでも 生きて帰った人には 素晴らしい何かが 待っている。

 「ここで死にたくない!」 という思い   「こんなところで 死んでる姿を 母さんに見せられない」 という思い

   彼は、自分が見つかるよう、凍傷でやられた足で、最後の力をふりしぼり、一歩一歩、頂上を目指す

  電波が届くように・・・   

  果して、彼は、失意の中 死んでいった スコット隊と同じ 運命を辿ってしまうのか・・・

 この映画を見て、何かが 吹っ切れた気がする

  「生きてるだけで・・・」 そう 何倍も 何倍も 違うのである

  彼は 生きて帰って来た!!   心配で 気が狂いそうな 母親の元に・・・

        


2018.12.24 Monday

クリスマス・イヴ  あなたは、家族の為なら 覚悟を決められる?

 Xmas 如何 お過ごしだろうか?

   正解 不正解 は、別として  日本人には 自分は 足手まといに なりたくない! って考えがちな ところがある と思う

 誰にでも 別れ というものが 必ず訪れるのだが

   もし、あなた が、あと 僅かな時間で、この世から去らなければならない! とわかった時

  身体が・・ 異常に 壊れてゆく 苦しさの中

    勝ち目のない 満身創痍の 身体で

 それでも、力になれるなら 誰かの役に 立ちたい と思うだろうか?

  そうだよ!  それが 根本 にあるんだよ!  某国 には・・

   その 残してくれた 最期の力、あとに 残された者は 大切に 受け継ごう

  ある、父と息子の 別れ

        


2018.11.21 Wednesday

この映画も見たい 『パパはわるものチャンピオン』

 大切なのは、勝つこと ではなく、闘い続けること

  活躍する人たちがいれば、必ず その周りには、それを支える人たちもいるし、面白くない 役割を果たさなければならない人もいる。

 さらに そこで 頑張る人達にも ご家族があって、それぞれの立場で 支え合って 頑張っているのだが

 やはり、未来を作るのは 子供達である ということに 変わりはない。

  だから・・ たぶん 本当の 主役は 子供達なのかもしれない

        

  家族や 友達が存在する    頼りにすべき会社がある   団体がある   グループがある

   国がある!

  それだけで、ありがとう って思える時が、今の子供達にも 必ず 訪れてほしい

    いや  きっと そうなるし    そうして 魅せよう!

        

 

  


2018.11.15 Thursday

「ソ満国境 15歳の夏」

 この映画 まだ 30分程度しか  見ていないけれど

もう この時点で 平和な時代に 生まれて よかった と つくずく 実感している。

  しかし、平和といっても 僕たちの周りには 地震 や 噴火 洪水 土砂崩れ などによる 被災の危険性…

  いや  こうしている間にも 苦しんでいる人々が 日本国内にも 大勢いるし

  日本だけではなく 世界に目を向ければ 飢餓や 病気で 苦しむ人々、何百キロ も 家族を失いながら歩ききって たどり着いても 国境を 超えれない人々。

   あるいは 国に連れ戻され  酷い目に遭わされる人々…   等  様々な 苦痛や困難が 世界中にある

    何が 正義で 何が 悪なのか?

 或いは  悪だとわかっても それに しがみつかなければ ならない 極限状態が 現実なのか?

  決して 無関心 だったワケ では ないけれど…

ただ 脇目も振らず 自分のことだけ を 考え続け 歩き続けるような事で いいのか?

  健康な時は いいけれど  身体が 苦しくなれば 藁をもすがりたい 気持ちになるのが のが人間である

   まだ 30分くらいしか 見てないので 後のことは 解らないが…

  何?   全部 見終わってから話せって?(笑)

     見て ちゃんと 熱心に考えます

  一週間で 借りてるから   ゆっくり じっくり 考えたいと思います


▲top