緑道

札幌の花屋さんのブログ いろんな事 書いてます。

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2019.02.17 Sunday

トランプ氏をノーベル賞に推薦? 冗談は 顔だけにしろよ!(笑)

 嘘でしょっ?

  それだけは やめて!!!!!!(笑)

  日本のイメージが・・・・・・

    間違いであってほしい

  ノーベル賞の代わりに 日本から 心を込めて この曲を 贈ります

   近藤真彦さんで 『・・・』

        


2019.02.15 Friday

北海道 記録的な 大寒波、過ぎ去る!(;'∀') B-3ジャケット ありがとう

 ああ・・  何とか 通過したようだ   

  北海道は、すっごい 寒かった

 B-3 フライトジャケット が 役にたったよ

            B-3

 ありがとう B-3   高度 1万メートル の 低気温に 耐えうる 耐寒性に 今年は救われた

  さぁ・・  気を抜かず・・   ここからが正念場

    作戦作動!!!!    動き出すぞ!

 本当の 頑張りどころは ここからだ・・

  19年前を 想い出すよ!  

        

 


2019.02.15 Friday

雨も 嵐も 風雪も 必要だし… 結局は 皆んなで 共存して行くしかないんだ

  命には 限りがあるし    人には別れもあるし    どんなに偉そうな事を 言ったって うわっツラ だけのメッキは剥がれるし

  例え メッキが剥がれたとしても その人を 見捨てるわけには 行かないし…

   そうかと言って 全員 受け入れるのは無理だし…

 それ以前に 今、それどころの状況じゃないし(笑)

     さて どうなる 事やら…

  「汝の敵を愛せよ」  と教える 聖人もいるが、結局は それも 真理なのだろう

   でも 僕は 聖人君子 じゃないから まだ そう思えるようになる には もう少しだけ 時間が必要だ

    誰か 待ってるのかな?   もう 近くにいるのかな?      それとも  全くの 闇しか この先には 広がっていないのかな〜?

    … っていうか なんか 一人って 気楽に 思えるようになって来たな…(笑)

  面倒くさくなって来たな…

   どうしよう……?(笑)

        


2019.02.14 Thursday

まず、身体をつくる! 足の怪我の回復 肩の痛みを緩める軽い柔軟から

 さぁ   出発する

  潰瘍性大腸炎 からくる 肩関節の痛みなのか?

 (これは リューマチのような 関節の変形を伴わない場合が多いという。)

  今、使用している 薬の副作用にも その可能性が潜んでいる

  安静にするよりも 運動をした方が いい・・ という場合もあるらしい

  試してみよう

 足の怪我も あまり 良くないので

  まず、筋トレよりも 軽い 柔軟ストレッチから はじめたい

 1カ月 くらい、週2くらいで 通えるところが無いかな ・・なんて考えたりもする

   身体を 柔らかくしたいし、自律神経の働きも良くなるのではないだろうか?

 一人でやると なかなか 続かないから・・

  ちゃんとしたジムとかに 行くと マン ツー マンで、カウンセラー を 付けて くれるらしいけど・・・

 難病と 足の怪我の事も相談して、患部に無理をかけず メニューを組み立ててもらえたら・・とも思うのだ・・

  まぁ、ウォミングアップ というか?

 身の回りの整理、人生設計、 しっかり考えながら エンジンを かけていきたい

  身体を温存しながら、ゆっくりと 今後の進路の下調べをして テンションを高めていく

 そりゃ・・  もちろん 前途多難で 道は険しい

  それでも まだ いい方だ!   現在、自分は まだ、自由を手にしている

 さぁ! 残存戦力を まとめて 微速前進   スタートしよう 

        


2019.02.13 Wednesday

従兄弟のヒロ から 電話があったw

 今日は、ガラッと 明るく モーニング娘。 の 事でも 書こうと思ったんだが

 以前、ここで 登場した 従兄弟の ヒロ から 急に電話が かかって来た。

   これは、一部の人にのみ わかる話なんだが・・・

  記憶違いでなければ・・ 彼の お父さん は、町内会長 を やっていると 聞いた気がする・・

 町内会長 とか、PTA の会長さんに 結構、そうした人達は多いのだそうだ (笑)

  あのね・・  連中の中に 周りの事を 教えてくれる人が いるのである

  昔の仕事仲間か・・  それとも昔の学友?   武道仲間?   親族?   ペットショップ関係?   美容室関係?   医療関係者?   昔、付き合ってた人?     

 さて、誰と誰でしょう?       

 ホントは、今日、こんな事、書く予定じゃなかったし・・

   こっちに してみれば どうでもいい事なんで・・

  この話は、もう ここまで!!(# ゚Д゚)

 ああ・・・  きのう 書いたのを 変なふうに 深読みしたのかな?  どっちでもいいけど・・・

        


2019.02.13 Wednesday

さぁ! ここからが 勝負だ! お腹 (丹田) に力を入れろ!

ここからが  正念場だ

   手元に残った 戦力!     これが 僕自身の 本当の力量だ!

 上等じゃないか!

  それとは別に 死んだ 父 (おとうさん) に 今も 護られている

   この文面だけでは 抽象的で 言ってる意味が わからないだろうが 追々 わかるように 記すだろう

   難題は 山積み

  細い…    細い…   道だけど   ここを 突破するしかない

  独りぼっち で 進むことになる

 あとで 余裕ができたら みんな 助けてやるつもりだが…

   父が 生きていたら こう言うだろう

 「周りなんか 関係ない!    お前が しっかり  頑張れば いいだけの事じゃないか。

 今、お前の やるべき事は何だ!」

  そして こうも 言うだろう

 「あんな 奴ら 何だ?  負けるんじゃない!

      お父さんの 時代は 『何クソ精神』 って言ってな……    何クソっ! って言って 頑張るんだ!」

    父と  歩いた!     父と頑張った !    父と語った!

 亡き父に 問いたい   「お父さん これで いいだろうか?」

 答えは 解っている!     いいも 悪いもない   自分の腹一つだ

    「決断」 ひとつだ!

    桜の花は 散る ために咲く    人間は 〇〇 ために 生きる!

                  つづく

        

  

 


  

 


2019.02.11 Monday

恐くて 少ししか 見ないで返した 『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

 恐いっていうか・・  恐さの性質が、こう・・・ 「ワッ!」っと驚かされるような・・

ピッチャーの投球みたいに、ストレート、ストレート・・  フォークボール! みたいな・・

  『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』  

知ってます?  この屋敷、本当に 実在するって・・

 ウィンチェスター って 銃 を作る会社なんだけど、人の命を奪う道具を作るんで この家は呪われ続けるらしいんですよ

24時間、家を増築し続けると、抑えれるんだそうです。

  何を抑えるか? って・・?  

 映画を 見れば 解ります。

  ああ…  恐い・・   こんな寒い時に 見る映画じゃない

 今日は、寒いんで DVD 返して、もう帰って 寝ます。

  ビビってないですよ!(笑)   

 たまたま、風邪気味で 調子が 悪かっただけで・・

  いつもだったらね・・・・(笑)   

 こ、こ、こんなの 楽勝なんですが・・  (#^^#)

        


2019.02.10 Sunday

懺悔します 配達車 酷使したと言えば・・しました・・

 配達には 軽の 商用ワンボックスを 使っているんだが、あまり 洗車しなかったのは 事実

  おかげで、錆びだらけで、あちこち 崩れ落ちそう    車に悪い事をした・・(笑)

言い訳をさせてもらえるなら・・・

 昔、仕事していた 山の上の方にあった 生花店では、配達車を 年に 二回くらいしか洗車することがなく・・ 商用バンっていうのは、(錆に) 強いもんだな・・ と、思い込みをしてしまったのである。

  ハイ!  私が 間違っていました・・

 それでも 今回の車は、まだ、無理させていない方で、一代目の ミツビシ ミニキャブ なんかには、砂利を積載量をはるかに超えて積んで走ったり、滅茶苦茶 ハードに働いてもらった。

 20万km ほど走り、セルモーターは二度、エンジンも一度 積みかえた。

 現在は 二代目の ダイハツ ハイゼット で、こちらの方も 錆びだらけで、みるからに ボロボロな状態だが

先日、セルモーターが駄目になった時、JAF の お兄さんが、「下回りは 意外と綺麗ですね。」 と言ってくれた。

 ミッションも 新しいのに積みかえている。

 オイル交換は ジェームズ で 3000km ごとに ちゃんと取り換え、二回に一回、エレメントも付け替えている。

結構、高回転で、走ってきた・・・

  これからは、交通規則を守り、ちゃんと 労わって 車に乗ろうと思う

 もし、配達車が 自分だったら・・・?   そう考えると、すまない気持ちで いっぱいである

  ハイゼット   こんな いい車なのに・・

        

 


2019.02.09 Saturday

北海道大寒波! 逆に 寒さを みんな 楽しんだ・・ 記念になる寒さ

  北海道では 記録的な大寒波が 到来したんだが 今日は 皆んな それを楽しんでいるようだった

 ここまで 寒いと 逆に記念になる

子供たちは 大人になったら 今日の寒さの事を 語り草にしてほしい

  夕方 ニュース で 何処だかの国のネコが 寒波のせいで 雪玉が毛にくっついて 雪だらけになって 死にそうになって

 飼い主が 急いで 家の中に入れ  ドライヤーで暖めたら 蘇生した… と いかに 寒かったかを 報道していたのだが

  ところが その後 日本で 一番寒い町 陸別 からの 中継になった時 レポーターの後ろを 地元のノラ猫? が トコ トコ トコ と 余裕で 歩いて 渡って行くところが 映って

 「陸別の猫 強ぇぇーっ!  Σ(゚д゚lll)」 って 思わず 驚かされた

  陸別で生まれて 湧別で 育った…     多分 お父さん猫も お母さん猫も 陸別生まれ だろうから ある意味 日本で一番寒さに強い 猫なんだろうな

 毎日の 巡回コースなのか   それとも 今夜は ノラ猫達 の集会に 行くもの なのか?

  さっきの 死にそうになった 猫と エライ違うなと 思わず 吹き出しそうになった

   話が逸れたが、とにかく そんな ワケで ここまで寒いと かえって 記念撮影したり 温かいものを食べたりと 思い出作りになって 人々は 楽しめるようだ

 猫から見たら 人間の方が 可笑しい生き物に見えるかも知れない

 「日本で一番寒いのが どうして そんなに 面白いか? 」     その事である

 でも 多分 その寒さも 今日がピークだろう      もう おさらばだ

   さぁ ここから 春に向けて 一気に 駆けぬけよう

        


2019.02.09 Saturday

大寒波 寒い! 雪女 が 荒れている?(笑)

  こんなのに 限って 天気予報が当たる!     普段は ハズレてばっかのくせに

 少し 遅れた 大寒波     なんか 北国の寒さって 女性の気持ちに似てる

  予測 出来ないし…    意味不明で    ワガママで    激しすぎる…

     なんていうのかな?

 死ぬまで  僕には 理解できないだろう

    でも  なんて言うのかな〜〜

  う〜〜ん       例えば  これから 残りの生涯 ずっと 赤道で暮らすことになったとしたら…

  絶対 寂しい        

 地元に帰ってくるかも知れない

   不思議だな…       寒波なんか   寒くて  行動しにくくなって  暖房費もかかるのに  

    大っ嫌い  なのに   何でだろう?(笑)   

        


▲top